プリ姫の母親(ママ)が離婚|香川由紀乃の現在や裁判【もとちゃん】

スポンサーリンク

キッズYouTuberとして大人気な『プリンセス姫スイートTV』

 

 

プリンセス姫スイートTVに出演している『ひめちゃんとおうくん姉弟』の両親が離婚していたことが報じられました。

 


そこで今回はプリ姫に出演している家族についてまとめていきます。

スポンサーリンク

プリンセス姫スイートTVとは?

プリンセス姫スイートTVとは、

ひめちゃん・おうくん姉弟と父親、母親の4人が料理やゲームをしたりのほのぼのとした動画を配信するYoutubeチャンネルです。

 

2014年に活動を開始し、2018年に登録者100万人を達成。

ひめちゃん・おうくんの年齢・本名

お姉ちゃん、ひめちゃんのプロフィール。

本名:香川 姫乃(かがわ ひめの)
出身地:愛知県
誕生日:2006年4月15日
年齢:16歳
血液型:不明
身長:不明
将来の夢:薬剤師さん

 

 

弟のおうくんのプロフィール。

本名:香川おうい
出身地:愛知県
誕生日:2012年5月24日
年齢:10歳
血液型:不明
身長:不明
好きな動物:ぶたさん

 

父親(パパ)と母親(ママ)の本名とプロフィール

 

 

父親はプリンセススイートTVの進行役、ネタ・賑やかし担当しています。

 

父親は、動画にもよく出演していますが、名前などプロフィールは非公開となっています。ネット上では名前は『香川和久』さんではないかと噂になっていますが、真相は不明。

 

 

母親は、カメラを担当されることが多く、出演は少ないですが、

動画では楽しそうに笑う声や解説している母親の声が聞こえていました。

 

 

母親の名前は香川由紀乃(かがわゆきの)さんというようですね。

年齢などは非公開でした。

以前から両親の不仲・離婚説も出ていましたが、6月18日のFLASHの報道で離婚は事実。

裁判沙汰にもなっているみたいですね。

プリ姫の母親(ママ)と父親(パパ)が離婚していた

ママの動画出演が減っていることなどから、離婚や別居が噂になっていたみたいですが、

 

東京地裁ではパパが原告となり「ママ」ともう一人の男性を相手に、名誉毀損を理由に550万円の損害賠償を求めて提訴』したとFLASHで報じられています。

この被告となった男性が、かつて「プリ姫」に出演していたことのある大河内基樹さんとも報じられています。

 

さらに、2018年には既に離婚しており、ひめちゃんが生まれた2006年時点で夫婦関係は破綻していたそうです。

もとちゃん(大河内基樹)とは?


名前:大河内基樹(おおこうち もとき)
生年月日:1984年8月28日 
出身地:東京都
出身大学:帝京大学
職業:YouTuber

 

大河内基樹さんは2018年ごろから「もとちゃん」という名前でプリ姫の動画に出演するようになりました。

プリ姫の主役であるひめちゃん達が住むプリ姫王国の隣国の元王子という設定で、

加入試験を受けて採用され、サポートメンバーの立ち位置でした。

大河内さんは2020年4月にプリンセス姫スイートTVから脱退しています。

大河内さんについては以下の記事を参照してください。

 

大河内基樹の現在や加藤紗里との関係|プリ姫TVの元メンバーで裁判とは?
大河内基樹さんが加藤紗里を相手取り、約3000万円の損害賠償を求め、東京地裁に提訴...

香川由紀乃の現在や裁判

FLASHの報道をまとめると、

 

・ひめちゃんの出産時にパパが出産費用を使い込んだことで、夫婦関係は完全に破綻
・パパの浪費や暴言、気性の荒さがあまりに酷く、誓約書を書いていた
・2012年頃に離婚危機を迎え、2018年6月頃に正式に離婚
・2012年にママがママが包丁を振り回し、警察が駆け付けたこともあった
・パパとママは離婚から2年後に調停をおこない、親権がママからパパに渡っている。
・調停では『離婚について公表しない』などの合意書をかわす。


FLASHの報道ではパパとママ両者の言い分に食い違いが生じているので、現時点でどちらが正しいのかは不明です。

 

記事では母親がパパから何度も「殺すぞ」と言われたとあるが、一方で、2012年にママが包丁を振り回して、警察沙汰になったとある

 

また、ひめちゃん産まれた時に夫婦生活が破綻してたなら、おうちゃん産まれていない気もするので、後出しの理由かもしれませんね。

 

モトちゃんが出るようになってパパが出ない回が増えたとか、旅行企画でママとモトちゃんが同室だと匂わすシーンがあるとか、ママが複数の男性に告白するドッキリとか、明らかにおかしかったよ。
わざわざ離婚したと動画で話す必要はない。
なぜなら、見ていたら分かるから。
姫ちゃんが別のチャンネル開設したり、引っ越したり、ママが出なくなったり、おうくんしか出ないママ主導の動画が出たり、ゴチャゴチャは全部ちゃんと映し出されてる。

 

FLASHでは『パパが原告となり「ママ」ともう一人の男性を相手に、名誉毀損を理由に550万円の損害賠償を求めて提訴している』と報じられていますが、

裁判沙汰になった詳しい経緯では不明となっています。

 

ただ、香川由紀乃さんは、パパから提訴されたというは事実と認めています。

 

 Aさんは厳しくパパの行動を非難した。記者がAさんを通じて、ママへの取材を申し込むと「私からママに電話させます」と言う。

後日、記者のもとにママから電話があった。

――パパから提訴されていると聞いています。

「提訴されたのは事実です」

――訴訟の中で離婚が明らかにされていますね。

「私からはお答えできません」

――「誓約書」も見ました。パパさんから暴言などがあったのでしょうか?

「ごめんなさい。そのことも私からはお答えできません」

夫婦関係の破綻については「お答えできません」と繰り返すが、否定はしなかった。

 

パパもFLASHの取材について答えていますが、離婚は事実と認めていますが、現在の裁判については言及していませんでした。

 

――調停時に「離婚後も姓を変えない」といった合意書を結んだのは事実ですか?

「離婚を公表するな、とは言ってないです。ただ、ママが『私、離婚しました』という動画を出したら、視聴者がびっくりするんじゃないか、とは話をしました。姓の変更についての内容はないです。なんなら、変えてほしいくらいです(苦笑)」

代理人弁護士は「合意書の内容はいまははっきりと記述を覚えていない」と話したうえで「いまもママとは連絡が取れるし、仲が悪くはないんです」と付け加えた。

――パパにとって10年以上の結婚生活はどういったものだったのでしょう。

「ひめちゃん、おうくんは大事だし、可愛いですし。ママも結婚時は大事に思っていましたけど、性格の不一致が大きいと思います。

離婚もお互いに落ち度があると思います。皆さんそうだと思いますけど、お互いに何かあると思います。基本的には性格の不一致じゃないかなと思いますね」

何度尋ねても、ママとの関係は「そこまで悪くない」と主張するパパ。

だが、毎日、親子YouTuberとして動画投稿を続けている裏で、「性格の不一致」だけとは思えない法廷での泥沼の争いを続けている事実は、はっきりと記録に残っている。

 

名誉毀損で裁判が行われているみたいですが、いったい何があったのか?

 

 

動画では仲の良さそうな家族でしたが、裁判沙汰になっていたのはビックリですね~

香川由紀乃・もとちゃんの不倫疑惑と会社

香川由紀乃さんは2010年に自身で起ち上げた「株式会社Princess Hime Suite」の代表取締役を務めています。

「Princess Hime Suite」は高級マンション貸出をメインとする不動産会社で、パパも同社の役員に名を連ねていたが、2018年6月30日をもって解任。

ちょうどこの時期からママの登場頻度が減ったため、視聴者から疑問や不安の声が出ていました。

 

また、香川由紀乃さんには不倫疑惑の噂もあったみたいです。

ママと、もとちゃんが秋田旅行や海外旅行をしていたことが明らかになります。

その際、パパが旅行に同行していなかったことから2019年1月に不倫疑惑が生じます。

同年2月にママが不倫ではないとブログで反論していました。※現在は削除

 

 

大河内さんは、プリ姫脱退後に「プリンセス姫スイートTV」のメンバーである「ママ」「パパ」、所属事務所の3者と、それぞれと裁判で争っていることを明かしていました。

「パパ」からは、「ママ」との不貞行為を追及する請求されていると明かし、パパとママの関係が破綻していることを匂わす発言もしていました。

 

 

 

スポンサーリンク

追記:ママ(香川由紀乃)が動画を投稿

6月22日に香川由紀乃さんがFLASHの報道を受けて、動画を投稿しました。

 

動画の内容を要約すると、

・パパからDVを受けた
・パパが借金してまでギャンブルをしていた
・誓約書の内容
・ママが包丁を振り回した真実と警察沙汰になった内容
・離婚後に2回出産(双子の男女と男の子)
・子供の父親はもとちゃん

 

ちょっといろいろと信じられない内容が多いですが、ママが包丁を振り回したのは「性行為を何度も強要されそうになり、嫌気がさして包丁を持ち出すこともあった」と話しています。

さらに離婚後にもとちゃんとの間に3人のお子さんが出来たみたいです。

 

ファンからも驚きの声があがっています。

 

 

ただ、ママの一方的な言い分なので真実なのかは不明となっています。

 

ではなぜパパさんが親権を勝ち取れたのですか?
この話が事実で証拠もあるのであればパパさんが親権を持つことは不可能だと思いますが‥

 

いろいろと疑問点も出ているので、ママの話を鵜呑みにしない方が賢明です。

タイトルとURLをコピーしました