大河内基樹の現在や加藤紗里との関係|プリ姫TVの元メンバーで裁判とは?

スポンサーリンク

大河内基樹さんが加藤紗里を相手取り、約3000万円の損害賠償を求め、東京地裁に提訴していたことを週刊女性が報じました。

週刊女性によると、

「加藤さんが妊娠中、2020年2月に掲載された『AERA.dot』のインタビュー記事で、元夫に大河内さんとの不倫を疑われているのを明かしたこと、暴露系ユーチューバーの生配信に加藤さんが参加して“子どもの父親は大河内さんだ”とほのめかしたことで名誉を傷つけられたとして、約3000万円の損害賠償を求めています。加藤さんは名誉毀損には当たらないと反論しています」

大河内基樹さんは名誉を傷つけられたとして、裁判を起こしています。

スポンサーリンク

大河内基樹の現在


名前:大河内基樹(おおこうち もとき)
生年月日:1984年8月28日 37歳
出身地:東京都
出身大学:帝京大学
職業:YouTuber

 

大河内基樹さんは加藤紗里さんの元カレだったと言われています。

加藤紗里さんは2019年に会社経営者の男性と結婚しますが、すぐに離婚。

その後、週刊女性が報じた通り、加藤紗里さんが暴露系ユーチューバーの生配信に加藤さんが参加して浮気相手が大河内さんだと口をすべらせてしまいます。

不倫疑惑により、大河内基樹さんは炎上していまいます。

 

現在はクラスターDXというチャンネル名でYoutuberとして活動されています。

加藤紗里との関係

大河内基樹さんと加藤紗里さんは2018年11月に経営者が集まる交流会で出会います。

加藤紗里さんから大河内基樹さんにアタック。

「ふたりは経営者が集まる交流会で出会いました。なぜ紗里さんがいたのかはわかりませんが、そこで彼女から熱烈にアプローチを受けて連絡先を交換したことが始まり。紗里さんから毎日のように“会いたい”とLINEがきていたんです。モッくんは相手にしていなかったのですが……」(前出・大河内の知人、以下同)

当時、人気ユーチューバーとして、多額の収入があった大河内に、加藤は狙いを定めていた。

「一向に相手にされなかったので、紗里さんも考えたんでしょう。“狩野英孝さんを紹介する”と言い出したのです。モッくんも“コラボができたら、それは面白そうだ”と思ったみたいで、六本木のバーで紗里さんと会ったんです。

しかし、いざ会っても、まったく狩野さんを紹介する素振りを見せなかった。そんなことが何度かあって、モッくんも“さすがにないな”と思ったようです。ただ、彼はお人よしなんです。紗里さんに新型ゲーム機の設置ができないと言われて、のこのこと彼女の自宅に行ってしまったみたいで……」

 

加藤紗里さんは狩野英孝の名前を出して、大河内基樹さんと六本木のバーで出会い、加藤紗里さんの自宅に向かいます。

 

「イラッとしたようですが、怒ってすぐ帰るのも悪いのかなと思い、出されたお茶を飲んだのですが、そのお酒にED治療薬が入っていたようです。まぁその……モッくんも男ですから、押し倒されるような感じで、カラダの関係を持ってしまったようです」

その後も何度か会うことに。

「それでも数回ほどと聞いています。YouTubeの立ち上げを手伝ったり、コラボ企画をしたこともあったようです。ただ、2019年の2月以降は自分勝手な紗里さんに嫌気がさして連絡も無視して、ずっと会っていなかったんです。それが、その年の11月に突然、連絡がきたんです。“明日、紗里の結婚が発表される記事が出る”と」

結婚は喜ばしいことだけど、なぜ大河内に連絡したのか。

「“結婚したけど本当に好きなのは基樹だよ。お腹には赤ちゃんがいるの。それは基樹の子どもだから”と紗里さんが話したそうです。でも、どう考えてもおかしいじゃないですか。関係があったのは2018年の年末だけ。出産したのは2020年の4月末だったのに」

出産日から単純に逆算して考えれば、妊娠したのは2019年7~8月ごろになるが……。

「当然モッくんも最初は取り合わなかったそうですが、ひっきりなしに連絡があったそう。“暴力団を使って怖い思いをさせることもできるんだよ”なんて発言もあったと聞いています」

大河内が車で都内の自宅マンションに帰宅すると、駐車場にガラの悪い男が複数人立っていたこともあったという。

「部屋に入ると、すぐ紗里さんから電話がかかってきて“マンションに誰かいなかった? あれはヤクザで紗里の友達だから。私を捨てるなら覚悟してね”と脅されて。モッくんは真に受けてすっかり怯えてしまったのです」

キッズ系ユーチューバーだけあって、スキャンダルが報じられればイメージの悪化は免れない。

「“俺はどうしたらいいんだろう”と頭を抱えていたのを、よく覚えています。年明けの2020年1月には紗里さんが離婚と妊娠を発表するのですが、このころからモッくんの様子が徐々におかしくなっていって……」

 

加藤紗里「子どもの父親はあなた」と名指しした人気ユーチューバーから訴えられていた《#1》(週刊女性PRIME) - Yahoo!ニュース
 大河内が訪れると、半裸の加藤が出迎えた。ゲーム機はすでに設置された状態。 「イラッとしたようですが、怒ってすぐ帰るのも悪いのかなと思い、出されたお茶を飲んだのですが、そのお酒にED治療薬が入って

報道にあるように、大河内基樹さんは加藤紗里さんと体の関係を持ってしまいます。

しかし、2019年の2月以降は2人は会う事はなかったようです。

その後は大河内さんは、加藤さんとの不倫疑惑や子供の父親が自分であることを示唆されるなどされ、炎上。

仲間のYouTuberからも高額な違約金を請求されることになり、自宅マンションを差し押さえられてしまいました。

そこに再び加藤紗里さんが接近し、自身の家に身を寄せるよう大河内さんに迫ります。

大河内はこの申し出を断りますが、強い言葉を用いられ、加藤さんの家に住むことになります。

加藤紗里さんは毎日のように遅くまで遊びまわり、朝帰りすることもしばしば。

生まれたばかりの乳児の世話は、大河内さんがつきっきりでしていたそうです。

大河内さんは2020年7月21日に自身のYouTubeチャンネルで「全てお話しいたします」と題して生配信を実施。

「加藤紗里さんと、ただ今わたくし、お付き合いをさせていただいております。今、一緒に同棲をしておりまして、子どものリリちゃん(加藤が4月に出産した長女)の面倒もみております」

と告白。

加藤さんとの関係については、

「彼氏彼女って感じでもなく、付き合う付き合わないって話でもなく、パートナー」
「今は家族として、これから一緒にいけたら」

と説明。

子供の父親については「僕は少なくとも、自分の子どもだと信じて、全力で愛情を注いでおります」と話していましたが、これは加藤紗里さんに言わされた発言だと、週刊女性で報じられています。

大河内さんは2020年8月末には加藤さんの家から脱出。

そして、裁判に踏み切りました。

「子どもとの関係については、後々否定しようと思っていたみたいで、子どもの唾液を持ち出してDNA鑑定をしたようです。脱出できた当時は本当に精神的に衰弱していて、しばらくは療養してましたね。でも、少しずつ回復してきたところで、ふつふつと紗里さんに対する怒りがわいてきて、裁判に踏み切ったんです」

 

加藤紗里「私は母親の前に女なの!」自殺をほのめかし警察出動、“父親”のユーチューバーはDNA鑑定へ《#2》(週刊女性PRIME) - Yahoo!ニュース
 前編冒頭の音声は、そのときのものだ。ふたりの会話はこう続いていく。 大河内「なんでこんな色欲魔みたいなの。俺はもうできないから」 加藤「なんで……」 大河内「俺はできないから。もう。できない

 

プリ姫TVの元メンバーで裁判とは?

大河内基樹さんの経歴についてまとめていきます。

大河内基樹は元々「カモンジョック」というHIPHOPユニットに所属し、6年間活動していました。

 

カモンジョック解散後は人気のYouTubeチャンネル「プリンセス姫スイートTV」の新メンバーとして加入します。

プリンセス姫スイートTVの「もとちゃん」として人気になりますが、加藤紗里さんの騒動でプリンセス姫スイートTVを脱退。

大河内基樹さんが出演していた動画は削除されてしまいます。

出演していた『プリンセス姫スイートTV』では、契約内容に“女性スキャンダルを起こしたら解雇との取り決めがあり、事務所をクビになります。

その後、大河内基樹さんは生配信でプリンセス姫スイートTVとの訴訟トラブルについて明かしています。

ただし、大河内さんの暴露は真実だったのかは不明となっています。

当時、大河内さんは加藤紗里さんに洗脳され、正常な判断ができなかったと週刊女性で報じられています。

スポンサーリンク

追記:週刊女性の記事に加藤紗里が反論

大河内さんが加藤紗里さんをを相手取り、名誉毀損で3000万円の損害賠償請求を起こした記事について、加藤紗里さんが反論しました。

 一緒に住んだ理由について「いろいろ悩みを聞いてて行くところがないって言われて。私、(前夫と)別居中だったんですよ。『行くところない』って言われたら、入れるしかないじゃないですか。そしたら住みつくようになって。そのせいで旦那ともめて引っ越さなきゃいけなくなったんですよ。(引っ越し先にも)付いてきたんです」と主張した。

大河内氏は加藤が出産したばかりの長女の世話を同氏に任せ、別の男と飲み歩いていたことも告発。これにも加藤は「じゃあ大河内さん働いてよ! 大河内さんのぶんも働かなきゃいけないじゃないですか。だから仕事ですね。遊び回りとか書かれてるんですけど」と反論した。

“育児放棄疑惑”もささやかれた。加藤は「アンチの通報で児童相談所が毎日来るようになったんですよ。毎日、娘の服を脱がしてアザがないかとか見るんですよ。で、耐えられなくなって友達に『いつもありがとうね』みたいなラインを送ったら、友達が心配して警察を呼んじゃったんです」と、警察出動の過去を明かした。

加藤は一連の報道に対して「言わないでおこうと思ったんですけど、さすがに違いすぎるんで!」と最後まで怒り心頭だった。

Yahooニュース

 

 

YouTuber同士だと何を信じていいか正直、分からない。でも、、、さすがに引越し先にも勝手についてきたは無理があるんじゃ…?

双方言い分が食い違っていますね・・・

この状況だと裁判で白黒ハッキリつけるしかありませんね。

タイトルとURLをコピーしました