重富大輔の死因(病気)は癌?結婚(嫁)や家族【欠場理由】

スポンサーリンク

JKAは12日、オートレース・重富大輔選手が病気のため亡くなったと発表しました。

42歳の若さで12日に亡くなりました。

昨年末のスーパースター王座決定戦トライアル戦でポイントを獲得し、出場権をつかんでいましたが、開催直前に私病のため無念の欠場していました。

スポンサーリンク

重富大輔の死因(病気)は癌?

重富大輔選手の死因は公表されておらず、病気のために亡くなったとしか発表されていません。

しかし、複数の関係者らしきツイッターアカウントが「癌(ガン)」で亡くなったとツイートしていました.

ただし、重富大輔選手が患っていた病名は公表されていないため、実際に癌を患っていたかは不明です。

 

こちらのツイートの通り重大な病気を患っていたのは間違いないようです。

結婚(嫁)や家族について

重富大輔選手ですが、結婚しており、娘さんがいます。

 

2018年6月16日の「日刊スポーツ」のインタビュー記事によると、

5歳の娘さんがおり、バレエを習い始めたとありました。

重富大輔選手は結婚していることが分かりましたが、お嫁さんと娘さんの顔画像や名前は不明でした。

 

重富大輔選手の他の家族ですが、

父親も元船橋オートの選手でした。

姉や兄がいて、兄は父親と一緒にそば屋を経営しているようです。

重富大輔選手の欠場理由

重富選手は2001年4月1日に選手登録された27期。

デビュー時からスピードが抜群で、2006年にG2第20回ジュニア選手権を制覇。

重富大輔選手はこれまでに552勝を挙げ、通算優勝は18回。

GI優勝は2018年の飯塚・第61回ダイヤモンドレース、GⅡ優勝は06年のジュニア選手権(飯塚)があり、01年に最優秀新人賞を受賞しています。

生涯獲得賞金は4億4694万7300円。

2021年12月14日、飯塚でのレース(優出3着)を最後に病気療養中でした。

 


スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました