石澤準奈:酒田一中いじめ犯人(高嶺の花)や校長・バレー部顧問の名前は?

スポンサーリンク

2021年2月12日、山形県「酒田市立 第一中学校」に通う女子中学生が校舎から転落し死亡しました。

亡くなったのは石澤準奈(せつな)さん13歳でした。

女子生徒の自殺を巡っては、9月17日に学校が市の教育委員会と保護者説明会を開き、女子生徒の自殺と生徒がいじめを受けていたことを報告しています。

いじめをしていた犯人は誰なのでしょうか?

スポンサーリンク

石澤準奈さんが亡くなった経緯・まとめ

これまでの市教委の説明などによると、石澤準奈さんは自殺する4か月半ほど前の2020年9月末から10月中旬までの間、下駄箱に「死ね」「きもい」と書かれた紙を3、4回入れられるいじめを受け、翌月、学校に相談していました。

しかし、学校はすぐに対応を行わず、保護者にも報告していませんでした。

2021年6月下旬以降、石澤準奈さんの遺族から学校に対し「詳しく調査してほしい」との要望が寄せられていたことを受けて「いじめ問題対応委員会」での調査を決定しました。

遺族によると準奈さんは、女子バレー部に入っており顧問に対する不信感や学校内でのイジメが原因だとSNSで訴えていました。

文春オンラインでも詳しく報じられています。

「隠蔽したと言われるのなら、そういうことなんだなと思うしかない」山形13歳女子中学生イジメ飛び降り事件 前中学校長を直撃(文春オンライン) - Yahoo!ニュース
――学級委員だった準奈さんは、席替えの方法を巡ってクラスメイトに詰め寄られ、悩んでいたと聞いています。 「(準奈さんが)11月に学級委員に立候補して、いろいろな司会進行をしていますが、そこでやっつ

石澤準奈:酒田一中いじめ犯人(高嶺の花)は誰で名前は?

石澤準奈さんをイジメていた加害者の名前は特定されていません。

というのも、加害者生徒の調査はわずか1カ月で打ち切られていたからです。

「2、3月は学校がイジメをした加害者生徒の調査に動いてくれていると信じていました。毎晩のように前校長が自宅を訪ねてくれて、進捗状況を報告してくれていました。3月9日以降も、前校長や教頭が家に来て、私たちの話を聞いてメモを取り、『もう少しまとめて報告書をあげる』と話していました。一方で、『下駄箱に「死ね、キモい」と書かれた手紙を入れた犯人は分かりましたか?』と聞いても、先生たちは無言で考え込むだけでした。

驚いたのは、教育委員会に学校側が上げた報告書を9月6日に確認したところ、報告書は3月9日付で上がっていたことです。つまり調査は準奈が亡くなってからわずか1カ月で打ち切られていたのです。寄り添っていただいていると感じていたのに、前校長や教頭には裏切られた気持ちです。下駄箱に置かれた手紙についても、その時点で保護者に伝えなければいけなかったと思います。もし聞いていたら、心配になって学校に犯人を捜してほしいと抗議したり、加害者がわかったら保護者同士で話し合いもできたじゃないですか。あの子を助けられたと思います」

 

しかし、遺族の要望もあり、2021年9月に「いじめ問題対応委員会」での調査が決定しています。

鈴木教育長は「遺族との調整のため調査実施まで時間がかかってしまい申し訳ない。できるだけ早く詳細調査を行う」と述べています。

確かに遅いですね・・・

ネットで、石澤準奈さんをイジメていた犯人が特定されていないか調査したところ、爆サイに高嶺の花というグループが石澤準奈さんをイジメていたという情報がありました。

書き込みによると、高嶺の花のメンバーは5人ということですが、確証ある情報ではないため、詳細は伏せます。

 

校長・バレー部顧問の名前は?

酒田市立第一中学校では今年の4月から新しい校長が就任しています。

今月行われた保護者会では300人もの保護者が集まっていましたが、学校側の対応に不信を感じている方が多っかたみたいです。

 

 

この保護者会は、遺族が再三希望しても学校側が拒み続けていた準奈さんが亡くなって7カ月後の9月17日にようやく行われました。

しかし、現校長、教頭、学年主任、教育委員会が出席したが、前校長と担任は欠席でした。

遅きに失した説明会では、「この体育館に渦巻く不信感に気づいていますか」「何を守りたいんですか」などの保護者からの怒号が飛び交い、涙する保護者もいた。その保護者説明会で、準奈さんの下駄箱に「死ね」「キモい」などと書かれた手紙が何度も入れられていたことについて、担任、学年主任、教頭、校長らは当時から把握していたことを明かし、遺族には準奈さんが亡くなったあとに報告したことを認めた。校長の説明は以下の通り。 「(手紙が入れられたのは)9月30日から10月15日までの間に3、4回という話になったときに、(準奈さんは)そこですぐに担任に伝えていなくて、11月12日に初めて(担任に)話したということがあって、『もう1回あったら(担任に)相談しようと思っていた』という話でした。(すぐに保護者に報告しなかったことは)学校としての対応の不備でございますので、ご遺族からの指摘がありまして謝罪をしております」

Yahooニュース 

また、石澤準奈さんはバレー部の顧問に不信感があったと報道されています。

ただ、石澤さんとバレー部の顧問との間に何があったのか・・・詳しいことは不明でした。

前校長が文春の取材に答えていますが、

――準奈さんはバレーボール部でも顧問の先生とのことで悩んでいたそうですが、今回の事件と関係はあると思いますか。

「彼女はなんでも言う子だったので、練習についてもズバッと(交換ノートに)書いているんです。彼女はバレーボールで優秀だったので、もっと強くなりたいと。人間関係も先輩たちが良くやってくれていたので、そういう願いはあったと思います。それも記録に残っているし、記録に残っていないことは(教育委員会に)話していないつもりです。親御さんには『これがあった。あれがあった』と説明していますが、準奈さんが顧問に対してどれだけの恨みをもっていたかといえばわからない。憎しみを込めた記述は残っていなかったです」

このように詳細は不明です。

女子バレー部顧問の先生について調査したところ、酒田一中女子バレー部の現在の顧問は、石澤準奈が在籍してたときとは別人の可能性が高いという事が分かりました。

9月に行われた保護者会でもバレー部顧問が出席していたという情報は確認できませんでした。

ネット上はある人物の名前がバレー部顧問として挙げられていました、確証を得ることは出来ませんでした。

また、準奈さんとバレー部顧問の間に何があったのか詳しいことも判明していないため、名前の掲載は控えます。ご容赦ください。

タイトルとURLをコピーしました