【深草知華】高校はどこで加害者の名前|インスタ動画がいじめ原因に

スポンサーリンク

今回は2018年5月17日にいじめが原因で自殺した深草知華さんについて取り上げます。

深草知華さんは当時17歳、熊本県の高校に通う3年生でした。

深草知華さんの両親は知華さんが亡くなってから3年が経った2021年4月に加害生徒4人に慰謝料1100万円を請求する訴訟を起こしています。

深草知華さんが亡くなったいじめ事件はとういった内容だったのでしょうか?

スポンサーリンク

インスタに投稿された写真がいじめの引き金に

深草知華さんは2018年5月17日に学校を早退後、「死ねばいいって言われた」などと記載した遺書を残して自殺します。

深草知華さんがいじめに遭ってしまった経緯は、インスタグラムに投稿された動画が原因でした。

5月16日、2年男子が友人らと撮影し、写真共有アプリ「インスタグラム」に投稿した動画に知華さんが写り込んでいたことがきっかけです。

 

文春によると、

当時、知華さんは(2年生の)B男君が好きでしたが、周囲からは同級生のK也と交際していると勘違いされていました。

知華の親友は言う。

「知華が好きだったのは(2年生の)B男君だったから、K也とは付き合っていなかったと思います。むしろ断れなかったんじゃないかな。K也は断られたら、周りの人間に知華の悪口を言い回るようなタイプです。知華はそれをわかっていたから、嫌だと言えなかった。それで付き合ったことにされたか、一部の人には付き合っていると言わざるをえなくなったんだと思います」

 

2018年5月16日に知華さんは19時頃に学校の近くにあるコンビニで母親と待ち合わせをしていたところ、店の前には、B男君と友達3名と一緒に動画を撮って遊んでいました。

知華さんに気付いた友達の1人が動画を撮りながら声をかけます。

知華さんは髪をいじりながら何げなく顔を向けたが、話し込むわけでもなく、数分して迎えに来た母親とともに帰宅。

B男の友人がコンビニの前で撮った動画をインスタグラムのストーリーズにアップ。そこに知華さんが映り込んでいました。

 

知華さんの同級生A子は、知華さんとB男と一緒に映りこんだインスタを目にして、K也という恋人がいるにもかかわらず、2年生のB男と遊んで浮気をしていると言いだします。

瞬く間にクラス中に広まり、知華さんに白い目が向けられるようになります。

 

 1時間目の国語の授業でも、教室のざわつきは収まらなかった。A子は遅刻してきたK也にもインスタの話をし、一緒になって浮気を疑った。この時には、授業中にもかかわらず、あちらこちらで口汚い言葉が飛び交っていた。

休み時間には、A子が改めてK也にインスタを見せて「これどう思う」と意見を求めた。知華を問い詰めるつもりかK也も「2年生男子を集めてもいいよね」と答える。

二時間目になると、クラスの騒ぎはエスカレートした。悪意が全体に広まったかのように、「何回言ってもわからん」「視界から消えればいいのに、まじ無理」「言われたくないなら死ねばいい」「嘘つくくらいならわかれたらいいやん」「私なら学校来れん」といった言葉が飛び交った。

この時A子は「死ね」「うちなら学校来れんわ。まじでよく学校来れたやん。別れた方がいいんじゃ」「男遊びしたいなら男遊びすればいいけど、彼氏がいるなら彼氏を大事にせなんやん」「男好き」といった発言をしている。

こうした過激な言葉は、知華の耳にどう響いていただろうか。同級生の証言では、黙っていたというから、なんとか聞こえないようにしていたのかもしれない。

二時間目が終わって休み時間に入ると、A子とK也は友達数名を伴って、知華を連れて二年生の教室へと向かった。K也は、動画をアップした二年生を見つけ出し、事情を問いただした。「たまたま(写っただけ)ですよ」という説明を受けるが、K也は重ねてB男に知華と一緒に帰っているのか尋ねた

 

「ネズミが逃げるぞ」「ガイジが逃げるぞ」… “悪態が飛び交う教室”で何が起こっていたのか〈熊本高3女子いじめ自殺事件〉 | 文春オンライン
令和2年、若年層10代の自殺者数は777人と過去最多を記録した。その自殺の原因のトップは「学校問題」――いったい子どもたちを取り巻く環境に何が起こっているのだろうか?インスタグラムをきっかけとした「熊…

 

クラスの騒ぎはエスカレートし、知華さんは早退します。

その後、遺書を残して自殺します。

以上の事からただの勘違いから知華さんは亡くなってしまいました。

県教育委員会の第三者委員会「いじめ防止対策審議会」は2019年に知華さんに対するクラスメートの発言など5件をいじめと認定し、自死の要因になったと判断しています。

(1)A子がK也にインスタを見せて「これどう思う」と言ったこと。

(2)K也が「2年生男子を集めてもいいよね」と言ったこと。

(3)2時間目の授業でクラスメイトが数々の暴言を吐いたこと。

(4)K也が2年生にインスタに映り込んだのが偶然かどうか確認したこと。

(5)2年生に対して女子生徒らが再確認したこと。

まとめ
2018年5月16日放課後に2年の男子生徒らを写した動画に知華さんが写り込む。翌17日始業前に写真共有アプリ「インスタグラム」に投稿された動画をクラスメートが確認。

クラスメートが(当時女子生徒と交際していたとされる)同じクラスの男子生徒に動画を見せ「これどう思う」と言うなどしたやりとり

授業中にこの2人を含む5人が「死ねばいい」「彼氏いるなら彼氏を大事にせなんやん」などと発言

男子生徒が動画を投稿した2年男子の所に女子生徒を連れて行き、偶然写り込んだのかを確認するも誤解が解けず、クラスの騒ぎもエスカレート

 

深草知華さんの高校はどこで加害者の名前は?

現在、知華さんの両親は民事裁判でA子やK也ら当時の同級生4人を訴えています。

この4人の名前は公表されていませんでした。

爆サイなどのネット掲示板を確認したところ、深草知華さんをいじめていたとされる女子生徒の名前の書き込みがありました。

しかし、確証がないため、名前の掲載は控えます。

深草知華さんが通っていた高校がどこなのかも気になりますね。

報道では熊本県北部の県立高校に通っていたとあります。

ネット上では”ある”県立高校の名前が浮上。

ただし、高校名が報道されたというわけではなさそうなので、断定はできない状況です。

スポンサーリンク

 

タイトルとURLをコピーしました