鈴木真由子(納豆)wiki経歴|年齢や出身大学はどこ?【納豆マニア子】

スポンサーリンク

4月8日に納豆インフルエンサーとして活躍する鈴木真由子さんが登場して、全国のおススメ納豆や納豆料理のレシピを紹介して話題になっていますね。

そこで今回は『鈴木真由子(納豆)wiki経歴|年齢や出身大学はどこ?【納豆マニア子】』というタイトルで鈴木真由子さんがどんな人物なのか調査していきたいと思います。

スポンサーリンク

鈴木真由子(納豆)wiki経歴|年齢


名前:鈴木真由子 (1995年8月10日生まれ 横浜市出身)
生年月日:1995年8月10日 25歳
出身:神奈川県横浜市
職業:納豆インフルエンサー(なっとう娘)

鈴木真由子さんは納豆インフルエンサー:なっとう娘として活動しています。

2018年の大学4年生の時に「なっとう娘」としての活動開始。

大学卒業後はフリーランスで、活動。現在、まだ25歳と若いですが、にフリーランスの道を選ぶのはすごいですね。

私なら新卒という貴重な切符を手放すのは怖いですが、『人生は一回しかない!日本じゃそうそう死なないから!』と鈴木氏はフリーランスの道好きなことをしようと決意したそうです。

好きなことや興味のあることを突き詰めるという生き方がひとつのロールモデルになればとのこと。

現在は納豆関係のイベントに出演、コラム執筆をしています。

2021年1月には 近畿大学経営学部と鈴木真由子氏と共同で「ヴィーガン納豆チョコレート」を開発するなど、納豆を使った商品開発も行っています。

出身大学はどこ?

鈴木真由子氏の出身大学は桜美林大学リベラルアーツ学群です。

納豆インフルエンサーとして活動するきっかけとなったのは大学時代の2つの出来事があったらだそうです。

1つはマッチングアプリの会社やキッチハイクでの長期のインターンシップの経験です。

インターン先で「何か好きなものについて発信してみたら?」と言われ、SNSで大好物の納豆について発信を始めたそうです。

発信するうちにどんどん納豆の魅力にハマっていきます。

驚いたのは全国には3,000〜3,500種類もの納豆があるということ。納豆ってスーパーだけじゃなくて、デパ地下やアンテナショップにもあって、3個パックの庶民的なものから、竹や藁わらで包まれた高級品までバリエーション豊か。大豆の種類だけでなく、発酵方法や水の違いなどによって香り、粘り、食感も変わるし、地域性も色濃く反映していて、なんておもしろい食べ物なんだろうと。

まだまだ自分が知らない納豆の世界があり、驚いたそうです。

2つ目は在学中にシリア難民の方の話を聞いたことです。

大学在学中にある授業でシリア難民の方のお話を聞く機会があり、「世界にはこんなに困っている人がいる。私にできる行動はなんだろう」と考えたそうです。

実は、社会問題に興味があり、実際にそれをやるにはどうしたら良いのだろうと考えた時に、急にそこに取り組むと意識高い人がやることという他人事に思われがちだと考え、自分自身が面白いことに取り組もうと考えました。周りが「何だか面白そうなことやってるな」と自分に興味を持ってもらいたいという思いから、今”なっとう娘”として活動をしています。
なので、3年後はなっとう娘と並行して社会問題を解決するためのソーシャルビジネスを起業しているか、ガラッと変わって2代目になっとう娘を任せて自分は起業に集中しようかなと考えています。

鈴木真由子氏は社会問題を解決のために、まず自分に興味を持ってもらおうと思い、納豆インフルエンサーとしての活動を始めたみたいです。将来は社会問題を解決するため企業を考えているそうです。

鈴木真由子さんは社会問題に取り組み人は「意識高い人がやることという他人事に思われがちだと」考えているそうですが、鈴木さんも十分意識が高いように感じます。素晴らしい考えをお持ちですね。

鈴木さんのこれからの活動を注目・応援していきたいと思います。

ヒルナンデス出演で話題:世間の反応

タイトルとURLをコピーしました