みつリン食堂

吉村真晴の嫁は飯田美佳?不倫相手は誰でSNSは?【卓球】

文春オンラインが卓球選手・吉村真晴(まはる)の不倫を報じました。

吉村真晴さんは2016年に一般女性の方と結婚しましたが、現在は離婚調停中。

吉村さんのファンで一般人のBさんと不倫関係にあるそうです。

吉村真晴選手の嫁やBさんについてまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

吉村真晴の嫁は飯田美佳?

吉村真晴選手は1993年8月3日生まれの茨城県出身。

日本人の父とフィリピン人の母を持つハーフです。

父親が元卓球選手で、地元の東海村ではジュニア世代専門の東海クラブを指導していたこともあり、小学生のときに卓球を始めます。

2016年にはリオオリンピックの団体戦のメンバーとなり、銀メダルを獲得。

 

同年、9月10日に一般人女性と結婚したことを報告。

 

2017年4月3日には長女・優菜(ゆな)ちゃんが誕生しています。

 

2021年の5月には第二子が誕生しています。

 


吉村選手の嫁が誰なのか気になりますね~

 

ネット上では吉村真晴の嫁は、卓球選手だった飯田美佳さんだといわれています。

 

吉村選手は自身のYoutubeチャンネルで嫁との馴れ初めを明かしています。

 

結婚した嫁は大学で卓球をされていてキャプテンを務めていたいそうです。

大会で優勝した嫁と吉村選手は、表彰台で隣同士だったときに話したのがきっかけで知り合います。

 

これらの情報からネット上では飯田美佳さんではないかといわれるようになったみたいですね。

 

しかし、吉村真晴さんの嫁が飯田美佳さんだと確定したわけではないので、注意してください。

吉村真晴が嫁と離婚調停中

文春の報道によると、今年の2月に吉村選手が嫁に突然、離婚を言い渡します。

理由は『育児に疲れたお前の顔を見るのが耐えられない』『家庭が負担だ。自由になりたい』と告げたそうです。

 

吉村選手はその日を境に、家族と離れてホテル生活を始めます。

その後、吉村選手は一度、奥様に『関係を修復したい』連絡しますが、

7月末に急に『これ以上離婚の話が進まないなら、弁護士を通しての連絡に切り替える』告げ、現在は離婚調停中とのことです。

この離婚騒動の裏には吉村真晴選手の不倫があったみたいです。

吉村真晴の不倫相手の顔画像やSNS

文春によると、吉村選手は福岡県に住む一般女性のBさんと不倫関係にあったそうです。

 

Bさんんは福岡県にある酒造のお嬢様で、2021年10月に吉村選手が所属するTリーグのチーム「琉球アスティーダ」の福岡県での試合がきっかけで知り合います。


「Bさんはで、当時20代後半でした。男性を立てるのが上手な、おっとりした雰囲気の美人です。友人に吉村選手の知人がいたBさんは何度か吉村選手の試合を観戦する機会があり、次第にファンになったとか。試合会場で友人の紹介で出会った瞬間から『世界一好き、かっこいい』と言って、吉村選手に積極的にアタックした。その時に、吉村選手はBさんのSNSをフォローし、直接のやり取りが始まったようです。

試合後、吉村選手はチームの飲み会に参加したのですが、そこでしきりに『今日会ったBちゃん、マジでかわいい』と興奮気味に周囲に語っていたそうです。吉村選手は『Bさんのためにドンペリを入れます! 大好きですっ!』とカメラ目線で叫ぶ動画を仲間に撮影してもらって、彼女に送っています」

文春オンライン

 

吉村選手はBさんに猛アプローチをかけるようになり、不倫関係に。

不倫関係にありながら、Bさんの両親も公認だったそうです。

しかし、今年の8月にBさんは友人らの前で吉村選手と別れたと報告。

 

 

「7月末、Bさんは友人から吉村選手との不倫について聞かれると、関係を認めたうえで『(吉村さんが)家賃を払うと言ってくれたから、8月末に東京に引っ越す』、『(吉村さんは)奥さんと離婚するから』と宣言したそうです。友人たちは関係をやめるように説得したのですが、Bさんは『約束があるから』とその足で吉村選手に会いに行ってしまった。しかし8月上旬、Bさんは友人たちが集まっている所に『話がある』と現れ、涙ながらに『もう別れた』と話したそうです。友人たちもその言葉を信じたそうなんですが……」

 

不倫関係は終わったかにみえましたが、文春が8月30日に仲良く食事に出かける吉村選手とBさんの様子をキャッチしています。

まだ不倫関係は続いているのかもしれませんね。

 

こちらがBさんと吉村選手のツーショット画像です。

Bさんは吉村選手のSNSをフォローしていると報じられています。

そこで吉村選手のインスタ、ツイッターを確認しましたが、Bさんと思われるSNSアカウントは発見できませんでした。

スポンサーリンク

 

 

モバイルバージョンを終了