山名優希の顔画像やfacebookは?電動キックスケーターでひき逃げ犯は誰?

スポンサーリンク

大阪市内で5月、電動キックボードでひき逃げ事故を起こしたとして無職の30歳の男が逮捕されました。

速報では名前が伏せられていましたが、逮捕されたのは住所不定の無職の山名優希容疑者だと判明しました。

今回は『山名優希の顔画像やfacebookは?電動キックスケーターでひき逃げ犯は誰?』についてまとめていきます。

スポンサーリンク

事件概要

山名優希の逮捕容疑は5月22日午後4時50分ごろ、大阪市中央区難波の路上で電動キックボードに乗り、歩いていた40歳代の女性に後ろから衝突。

女性を転倒させて怪我をさせましたが、そのまま逃げた疑いがもたれています。

女性は首の骨を折り、全治1か月の重傷。

山名優希容疑視野は知人を前に乗せてスケーターに二人乗りしていました。

山名容疑者は「警察が来ると時間がかかり面倒だと思った」と容疑を認めています。

電動キックスケーターは道交法上、原動機付き自転車(原付きバイク)に分類され、公道での運転には運転免許やナンバープレートが必要となります。

充電式で時速40キロを超える機種もあるそうです。

こちらが事件当時山名容疑者が乗っていた電動キックスケーターです。

山名優希の顔画像やfacebookは?

逮捕された山名優希容疑者の顔画像が気になりますね。

こちらについては、現時点でどのメディアも報じていないようです。

そこでそこで、山名優希のfacebook・インスタ・ツイッターなどのSNSアカウントを調査しましたが、山名優希のアカウントと特定できるものはありませんでした。

現時点で判明している情報は次の通りです。
名前:山名優希(男)
年齢:30歳
職業:無職
住所:不明

世間の反応

原付なので、歩道上走行はできません。
また、原付のための装備「ナンバープレート、バックミラー、ブレーキ、前照灯、尾灯」が必要なので、電動キックスケーターでおそらくこの条件を満たせる物は無いでしょう。
あと、免許証以外にも自賠責保険への加入が必須です。

 

何気なく読んだ記事だが、驚いた。
最新の機種の性能は、そんなに進んでいるんですね。
一定のスピードで衝突事故を起こせば大怪我にも繋がるなら、利用者は相応の自覚が必要。今回は被害者が首を骨折するほどの事故だった訳で、逮捕も当然。

 

何でこんな危険な乗り物を認可するんだろ?
絶対こういった事故を起こす可能性が高いのは
素人目にも分かるのに

 

おもちゃ感覚でしか乗ってないから、ひき逃げは増えるのは安に想像できる。
こんなもの普及させても碌な事にならない。

タイトルとURLをコピーしました