山本斉(個人タクシー) の顔|死因:くも膜下出血でワクチンの接種は?

スポンサーリンク

9月11日に東京都千代田区でタクシーが歩行者らをはね男女6人が死傷した事故で、タクシーを運転していた山本斉(ひとし)運転手(64)の死因がくも膜下出血と判明しました。

事故当時、山本斉さんは重体で病院に搬送されていましたが12日に死亡が確認されていました。

今回は『山本斉(個人タクシー) の顔画像|死因はくも膜下出血でワクチンの接種は?』についてまとめていきます。

スポンサーリンク

事故概要

 11日午後4時20分ごろ、東京都千代田区九段南1丁目の都道(内堀通り)で、個人タクシーが自転車や歩行者をはねた。警視庁によると、歩道にいた小林久美子さん(73)=東京都品川区大崎3丁目=が死亡。タクシーの山本斉(ひとし)運転手(64)=東京都杉並区井草2丁目=は意識不明の重体で、乗客の30代男性も重傷を負った。自転車の40代男性と女児(9)、歩いていた60代女性もけがをして搬送された。

現場は片側2車線の直線道路。麴町署によると、左車線を走っていたタクシーが歩道近くの自転車に接触してセンターラインに寄っていき、直後に突然ハンドルを左に切って歩道に突っ込んだ。歩行者をはねた後、街路樹にぶつかって止まったという。警視庁は自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死傷)の疑いがあるとみて調べている。

Yahooニュース

事故の目撃者によると、「正常な運転ではなかった」と話しています。

山本さんが運転していたタクシーは信号待ちをしていた時、すでに山本運転手は下を向いていたそうです。

その後、信号が変わったものの走りださなかったため、クラクションを鳴らされ、発進しますが、

左車線を走っていたタクシーが歩道近くの自転車に接触。

その後、センターラインに寄っていき、直後に突然ハンドルを左に切って歩道に突っ込みました。

タクシーは、表示灯が緊急時の「SOS」の状態で停車。

目撃者の証言や表示灯の点灯から運転中に体調が悪くなり、事故に繋がってしまった可能性が高いとされています。

 

この事故で歩道にいた小林久美子さん(73)とタクシーを運転していた山本斉さん(64)が亡くなりました。

山本斉(個人タクシー) の顔画像・死因はくも膜下出血

被害者の小林久美子さん(73)の顔画像は公開されいているみたいですが、山本斉運転手のものは公開されていないみたいです。

facebookなどのSNSアカウントも調査しましたが、本人と思われるアカウントは見つかりませんでした。

 

名前:山本斉
年齢:64歳
職業:個人タクシー運転手
住所:東京都杉並区井草2丁目
家族:母親(88)
死因:くも膜下出血

 

山本斉さんの母親の証言から山本斉運転手は20年ほど前から都内で個人タクシーの運転手として働いていました。

午後3時に家を出て夜中の午前2時ぐらいまで勤務。

持病はなかったそうですが、個人タクシーということで、健康診断などはしていなかったかもしれません。

新型コロナウイルスの影響で売り上げが減り、休みを返上して働くことも多くなっていたそうです。

母親「本当にまじめな息子だった。お金がない中でタクシーの支払いもあり、がんばって働いていたんですが」

 

母親の話だと体調も悪くなかったそうですが、疲れが溜まっていたのかもしれません。

死因はくも膜下出血でワクチンの接種は?

死因がくも膜下出血と報じられたため、ワクチン接種と関係があるのではないかという意見も出ています。

山本さんのワクチンを接種の有無はありませんでした。

仮に山本さんがワクチンを接種していたとしても、くも膜下出血との因果関係は不明です。

くも膜下出血は40、50歳代では男性に多く、60歳以降は女性に多くなる傾向があるとのこと。

中年期以降は、誰にでも起こりうる病気なので、ワクチンは関係ない可能性が高いです。

世間の反応

母子二人きりで一緒に暮らしていて急に息子さんに先立たれた88才の母親も可哀想で掛ける言葉も無い。

 

病気が原因だとしたら誰でも加害者になりうるし、被害者になりうる事故。
別にタクシー運転手に限らず、自家用車だってありうるし。
完全な自動運転車が普及しない限りどこでも起こりうる事故だと思う。

 

こういう事故を防止するためにも、自動ブレーキの義務化は必要だと思う。
本気で議論が必要。

 

持病もなく、急なことなので、防ぎようがないですよね。
とても悲しい事故です…

タイトルとURLをコピーしました