山田真貴子の夫は総務省の吉田博史で子供は?wiki経歴(司会)も

スポンサーリンク

初の女性内閣広報官として話題になった山田真貴子氏。

現在問題となっている菅総理大臣の長男らと総務省幹部の接待に参加していたと報じられ、今度は悪い意味で話題になっています。

今回は『山田真貴子の夫は総務省の吉田博史で子供は?wiki経歴も』についてまとめていきます。

スポンサーリンク

山田真貴子wiki経歴(司会)


名前:山田真紀子
出身:東京
生年月日:1960年9月13日 60歳

 

2007年 総務省総合通信基盤局国際部国際政策課長
2008年 総務省情報通信国際戦略局国際政策課長
2009年 総務省総合通信基盤局総務課長
2010年 総務省大臣官房会計課長
2011年 総務省情報通信国際戦略局参事官
2013年 経済産業省大臣官房審議官
2013年 内閣総理大臣秘書官に就任
2015年 総務省情報通信国際戦略局長
2016年 総務省大臣官房長
2017年 総務省情報流通行政局長
2019年 総務審議官に就任

山田氏は早稲田大学法学部を卒業後の1984年に郵政省(現総務省)に入省。

父親が国家公務員だったため、その影響か国家公務員の職を選んだみたいです。

女性として初の内閣総理大臣秘書官に就任。キャリアウーマンの先駆けのような存在で、初の女性総理になるのではとたびたび話題になっていました。

山田真貴子氏の世代は、女性が働き続けることができる職場は少なかったと思います。それでもこれほどの活躍をしたというのは優秀だったということでしょう。

2013年からは安倍内閣総理大臣の秘書官、総務省大臣官房長、総務省総務審議官を歴任。

2020年7月に退職し、総務省顧問に就任。しかし、2020年9月に辞職し、同月に菅内閣が発足すると内閣広報官となります。

菅首相が記者会見を行う際に司会進行役を務めています。

山田真貴子の夫は総務省の吉田博史で子供は?

山田真貴子氏の夫は吉田博史氏です。総務省の官僚で山田真貴子さんの後輩にあたります。

名前:吉田博史
生年月日:1994年
出身地:東京
学歴:東京大学法学部
職業:総務省 総括審議官

1987年 郵政省入省
2007年 総務省情報通信政策局地上放送課長
2008年 総務省情報流通行政局地上放送課長
2012年 総務省総合通信基盤局電気通信事業部事業政策課長
2015年 総務省大臣官房参事官
2016年 総務省情報通信国際戦略局

山田真貴子氏と吉田博史詳しい馴れ初めは不明ですが、同じ総務省なので職場結婚ということになりますね。

お子さんは息子さんが一人います。2015年のインタビューで高校生とあったので現在は大学生か社会人になっています。

山田真貴子氏が30代のときに海外勤務中に出産します。

夫婦仲は良く、2人で子育てを協力します。子供が生まれても夫婦そろって子育てに協力したおかげで、お互い仕事を続けられたようです。

『夫は私の仕事も生き方も尊重してくれるパートナーで、彼なくして仕事を続けることはできなかったと思います。』と話しています。

世間の反応

この名物広報官も会見の場からは退場。
毎回あまりにもご主人様に都合のいい記者指名も酷かったが、通りでズブズブの関係ね。

 

先に名前が出た二人は更迭されましたが、この山田真貴子内閣広報官も更迭されるんでしょうか?
初の女性内閣広報官と話題になった人なんですけど・・「役人として倫理観に乏しかった」・・そういう意味では大した御仁ではなかったようですね。

 

どいつもこいつも利害関係者とはわからなかったというどうしようもない言い訳をする官僚ばっかり。
見ず知らずの相手と会食するか?会食時名刺交換ぐらいするだろ。そうしたら相手が菅首相の息子とすぐわかるだろ。

 

みんなで接待受ければ怖くない、ですか? 呆れますね。特別に倫理観のない人だけが接待を受けたのではなく、常習化しているのでしょうか? 安倍政権の緩みが、国全体に蔓延しているようで、本当に情けないです。

タイトルとURLをコピーしました