山上徹也のTwitter|手紙全文と米本和広の経歴とブログ

スポンサーリンク

安倍元総理銃撃事件で逮捕された山上徹也。

 

 

2022年7月17日に山上徹也のツイッターアカウントが特定されたと話題になっています。

また、山上が犯行前にフリーライターの米本和広氏に犯行を示唆する手紙を送っていたことが判明しました。

そこで今回は山上徹也のTwitterと手紙についてまとめていきます。

スポンサーリンク

山上徹也のTwitter

山上徹也のTwitterについて各メディアが報道しています。

 

 

 

2020年8月28日

安倍政権のやり方が常に正しかったとは全く思わないが、結果として正しかった事を評価できなければその正しさは失われる。安倍晋三という人間の政治手法を否定する為に結果まで否定する必要はない。

 

スポニチの報道では2019年10月に「オレがに憎むのは統一教会だけだ。結果として安倍政権に何があってもオレの知った事ではない。」と投稿していたとあります。

以上の報道から、山上徹也のツイッターは『silent hill 333(@333_hill)』ではないかといわれています。

 

 

 

同アカウントには統一教会への恨みも綴られていました。

山上徹也の手紙全文

2022年7月17日に山上徹也が犯行前に手紙を投函していたことが報じられました。

手紙には7月7日の岡山の消印が押されていました。

 

山上が手紙を送った相手は、統一教会の活動を批判するブログを実名で運営していた男性でした。

当初、名前は報じられていませんでしたが、報じられた内容からネット上では米本和広氏に手紙を送ったのではないかと話題になっていました。

 

そして、テレ朝が続報で米本和広氏の名前を報じました。

 

 

 

手紙には山上容疑者が統一教会への恨みを募らせるに至った生い立ちがつづられていたそうです。

 

 

こちらが報道された手紙の内容です。

手紙の全文は不明となっていますが、米本氏によると、山上容疑者の手紙には自身のSNSとみられるアカウントが記されていたそうです。

 

 

米本和広の経歴とブログ

米本和広氏は1950年12月22日生まれの71歳。

島根県出身で横浜市立大学卒。

繊研新聞記者を経てフリーのルポライターとして活動。

経済関係を専門としていましたが、幸福の科学の取材をきっかけに、新宗教やカルトの問題をも多く扱うようになります。

 

山上徹也は米本氏のブログに「まだ足りない」のHNでコメントを残していました。

 

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました