渡部建が贔屓したグラドルAと才媛タレントBの名前は?【おのののか・脊山麻理子】

スポンサーリンク

今年悪い意味で名前を広めたアンジャッシュ渡部建さん。

多目的不倫にグダグダの記者会見で世間からのイメージは最悪となりました。

さらに今回東スポが渡部さんの悪評を報道しています。

東スポの報道では美人グラドルAと才媛タレントBが登場しており、この2人が誰なのか調査していきます。

スポンサーリンク

アンジャ渡部建が〝ひいき〟にした女 コキ下ろした女

 渡部は不倫がバレるまで番組収録の現場ではヤリたい放題。気に入った女性タレントを露骨にひいきする一方、別の女性共演者を貶めたりしていたという。ある女性タレントの証言。

「お気に入りの子には、事前に自分が話を振る内容やタイミングを教えておいて、本番で絶妙な切り返しを演出させるんです。対照的に〝落とす〟タレントも決めておいて、その子には台本にない話をわざと振って戸惑わせ、うまくやれていない感じをさらそうとするんですよ」

たしかに数年前、某トークバラエティー番組で渡部は美人グラドルAを露骨にひいきにし、才媛タレントBにはことごとくダメ出した。Bが渡部にキレると、Aが割って入りBをたしなめた。他の共演者からもイジられまくりのBは終始不機嫌モード。映像だけ見ても、良識あるAとダメなBの対比が際立った。

実はこの演出、渡部の画策だったという。

「渡部さんがスタッフに『ガチでやった方が面白い』と提案し、Bさんには事前に詳細を伝えずダメ出しを仕掛けたんです。Aさんには、その展開を事前に耳に入れておいて、口を挟むタイミングを細かく指示していました。これにはさすがに、他の出演者から『渡部のやり方は汚いんじゃないか』という声が上がったほど」(番組スタッフ)

結果的に渡部はAとの距離を縮めていたというが、これでは渡部の復帰を望まない女性タレントがいてもおかしくはない。

Yahooニュース

渡部建さんはある番組内でグラドルAさんを露骨に贔屓して、才媛タレントBさんをこき下ろしたと報道が出ています。

渡部さんがスタッフに『ガチでやった方が面白い』と提案したことから、良識あるグラドルAとダメな才媛タレントBの対比という構図が出来てしまったみたいですね。

テレビですからある程度やらせ・演出が必要になってきます。しかし、今回は才媛タレントBさんには事前に詳細を伝えずにダメ出しを仕掛けられてしまったみたいです。

Bさんは気分が悪くなりますね。テレビに演出上仕方ない事かもしれませんが、『ガチでやった方が面白い』と提案しておきながら、グラドルさんには事前に詳細を教えているのは『ガチ』とはいえないですね。

そして気になるのがグラドルAさんと才媛タレントBさんの名前ですね。

調査したところ、

グラドルAはおのののか
才媛タレントBは脊山麻理子
某トークバラエティー番組は2014年末放送の「今夜くらべてみました」

である可能性が浮上しました。

渡部建が贔屓したグラドルAと才媛タレントBの名前は?【おのののか・脊山麻理子】

フリーアナウンサーの脊山麻理子が16日深夜放送の「今夜くらべてみました」(日本テレビ系)に出演し、共演者にキレまくった。

脊山は「悩める女」として、「2015年仕事はあるのか?」という相談をしにゲスト出演。2010年に同局を退職して以来の汐留訪問だといい、ご機嫌で臨んでいたが、その発言をゲストのお笑いコンビ・アンジャッシュ渡部建からダメ出しをされ、冒頭から不満な表情を浮かべた。

脊山は自身が撮影してきたテレビ初公開の自宅VTRを見ていた際、MCのお笑いコンビ・チュートリアル徳井義実から自宅にピンクと黒の物が多いことについて「メンタルがふわふわしている」と指摘されると、「そうやってジャンル分けする人ってナンセンスだと思う」と不機嫌そうに反論し、徳井を困惑させていた。

さらにVTRを見続け、映像の中で言った脊山のコメントに渡部がダメを出すと、間髪入れず反論したが、そこに同じくゲストのタレント・おのののかが「渡部さんが喋っているのに言葉を被せるのは失礼ですよ」と割って入ってきて、さらに不機嫌モード。スタジオにはピリピリムードが漂った。

終始不機嫌な様子だった脊山だが、極めつけは番組のエンディングで、MCのお笑いコンビ・フットボールアワー後藤輝基から「今日はどうでしたか?」と感想を求められと、せきを切ったように「普通に(自分が撮ってきた映像を)見せてと言われて、見せただけで文句言われる筋合いは全くない」と不満を爆発させた。

脊山の態度に渡部が「整理しましょう。何を相談に来たんですか?態度おかしくないですか」と不快感を示し、おのも脊山に対し、「(事前に)スタッフさんから説明を受けていなかったんですか?」と番組の趣旨説明の有無を確認したが、「受けてますよ。受けているに決まっているじゃないですか。(私を)バカだと思っているんですか?」とおのに向かってキレた。そんな脊山に渡部は「ちょっとイメージが違います」と唖(あ)然とし、呆れていた。

CYCLE

東スポの報道通り、渡部さんがトーク番組で脊山麻理子さんをこき下ろしています。そしておのののかさんを贔屓しています。

おのののかさんも脊山麻理子さんを嗜めています。東スポの記事内容と一致します。

東スポはこの「今夜くらべてみました」のトーク内容について今回報道した可能性が高いです。

 

 

これ、「渡部が」って言ってるけど、テレビって
渡部じゃなくても他の「誰か」が常にやってるよね?
話の真偽は分からんが、これで渡部だけが責められる
もんかね?

 

やりたい放題を許したのもテレビ局だし、エコ贔屓をさせたのもテレビ局だよね?
なんでもかんでも渡部の責任にしたらいいとは思わないよ。

 

Bさん以外みんな知ってたということ?
根性悪いね。渡部もだけど他の皆も。
けど、AB逆だったら、BはAと同じことしたんだろうね。

 

もう、渡部本当にいらない。
まあ、もし復帰しても、
一出演者のくせに
そんなことを画策するような力はもう持てないだろうけど。

 

渡部建さんよりもテレビ局の番組作りにも問題があるのではとの意見もあります。

まぁ確かにこういう露骨な番組作りをしているスタッフも悪い気がしますね。

実際にこの番組を見た人の感想もありました。

これ覚えてる。確かにダメ出しする渡部氏がかなり意地悪だった。割って入ったタレントも「気強いな〜」と思うのと「立場が上の人に迎合する人なんだ」って見えた。もしこの記事が本当なら贔屓されても得はしてないね。

ただ当時は反抗的だってグラドルが叩かれてた気がする。こうやって叩くターゲットを決めて記事にするんだね。

好きで見てた一視聴者からすると「楽しい番組にしろよ!」と思ってたから、今更誰の印象も変化しない。

視聴者からは出演者のギスギスした雰囲気は評判が悪かったみたいです。

グラドルAさんも才媛タレントBさん両方とも損する形となったみたいですね。

脊山麻理子さんの経歴

才媛タレントBは脊山麻理子さんの可能性が高いですが、才媛タレントといえるのかという意見もありました。

そこで脊山麻理子さんの経歴を調査しました。


名前:脊山麻理子(せやま まりこ)
生年月日:1980年4月8日 40歳
血液型 B型
出身地 東京都

 

元日本テレビのアナウンサーで2010年に退社してフリーアナウンサーに。

2013年からはホリプロに所属(現在はジョックロック株式会社所属)してグラビアタレントとしても活動しています。

そして学歴が、お茶の水女子大学附属幼稚園・小学校・中学校・高等学校を経て慶應義塾大学環境情報学部に入学。外国への留学経験もあります。

才媛タレントといっても過言ではありませんね。現在40歳とは思えない美貌です。

スポンサーリンク

まとめ

渡部建が贔屓したグラドルAと才媛タレントBの名前について調査しました。

・グラドルAはおのののかさん
・才媛タレントBは脊山麻理子さん

の可能性が高そうです。あくまで可能性で確定したわけではないので注意してください。

それにしても渡部さんの悪評が尽きませんね。

現在、渡部さんは表に出てくることが出来ないので、こういった報道が出ても嘘だと言えないんですよね。

そのため、いろいろあることないこと書かれてしまうんでしょうね。

今回の東スポの報道もCYCLEにあった記事から妄想で書かれたガセ記事の可能性もあります。話半分で認識しといて方が賢明ですね。

タイトルとURLをコピーしました