和合由依wikiプロフや中学・年齢|演技力がかわいい!病気についても調査

スポンサーリンク

東京パラリンピックの開会式で、車いすに乗って「片翼の小さな飛行機」を表情豊かに演じた和合由依さんに注目が集まっています。

可愛らしい見た目に表情豊かな演技力で多くの人を魅了しました。

こういう言い方をするとアレですが、全体的にオリンピックの開会式よりもストーリー性と統一感があってよかったですね~

そこで今回は『和合由依wikiプロフや中学・年齢|演技力がかわいい!病気についても調査』

スポンサーリンク

和合由依wikiプロフと年齢

こちらの車いすの少女が和合由依(わごう ゆい)さんです。

現在年齢は13歳です。

4歳の頃から水泳を習い、親の反対を押し切って入った吹奏楽部の活動、中学校では生徒会役員も務めているそうです。

吹奏楽やミュージカル鑑賞が大好きな活発な少女で「何でもチャレンジ」がモットーとのこと。

和合由依さんについて調査しましたが、残念ながら家族構成や詳細なプロフィールは不明でした。

妹さんがいることは判明しています。

オーディションに合格したと知ったときは「ぎゃーーー!と飛び跳ねて、寝ていた妹を起こしてしまいました」と13歳らしい素顔も見せる。

中学はどこ?

和合由依さんは東京都内の公立中学に通っています。

中学校がどこなのかは不明でした。

中学2年生で生徒会役員を務めているそうです。

性格はかなり明るく、

「よくしゃべる、よく笑う、友達が多い、コミュニケーション能力がある、などとよく言われます」と話しています。

きっと学校の生徒や先生方や友達もテレビの前で応援されていたことでしょう。

演技力がかわいい!

パラリンピック開会式のコンセプトは「WE HAVE WINGS」。

ピッチ上に“パラ・エアポート”を描き、片翼の飛行機に扮した和合由依さんが主人公として、空へ飛ぼうと奮闘する物語が繰り広げられました。

和合さんの演技力が素晴らしいと話題になりましたが、演技経験はなかったそうです。

母親の勧めで公募のオーディションを受け、約800人から主人公に選ばれました。

「今まで出会えた人たちに、今の自分を見てほしいと思ってオーディションに応募しました。自分で表現することや、みんなで協力してものづくりって楽しいです」

と意気込みを語り、半年間訓練したそうです。

半年間の特訓中は背中を痛めることもありましたが、

「家族や介助者、先生、お世話になった人に、今こんなに活躍しているんだと自分の姿を見せたかった」という気持ちで演じ切りました。

明るい性格で、周りに助けてくれる人がたくさんいるみたいですね~

彼女の人柄がよく分かります。

オーディションでは楽器演奏や絵画、モノマネを披露し、開会式の演出を担当したウォーリー木下氏は「笑顔が素敵で、表現にどん欲な女の子。彼女にきっと日本中、世界中が魅了される」と話しています。

まさにその通りの活躍を見せてくれましたね~
<h2病気について>

和合由依さんは先天性の羊膜索症候群(手足の形態異常)、関節拘縮症(関節の動きに制限が見られるなどの症状)による上肢下肢の機能障がいがあり、車いすで生活をしています。

左手があまり使えないそうです。

世間の反応

かなり表情豊かで良かった!!
子どもには全てが癒されるような、怒りとかとは無縁となるような、平和な力がある。

 

感動的な開会式でした。
13歳での大役。
緊張もあったと思いますが素晴らしかったです!

 

魅了された素晴らしい。
眼力も強くて表情豊かで力強い演技力。

 

オリンピックの開閉式なんかよりストーリー性もあって感動しました。
皆さん、とても素敵でしたよ。
和合さんも可愛かった!!

タイトルとURLをコピーしました