鶴崎心桜の母親と高校|林真須美の長女の名前や顔画像は?【和歌山市】

スポンサーリンク

6月9日午後4時に大阪府の関西空港連絡橋から母親(37)と次女(4)が飛び降りた心中、長女の鶴崎心桜さんが自宅で変死、母親(37)の夫が自殺未遂した事件で、新たな事実が判明しました。

 

関西空港連絡橋から飛び降りた母親(37)が真須美死刑囚の娘(長女)だったことが報じられました。

つまり、鶴崎心桜さんと次女(4)は真須美死刑囚のお孫さんにあたります。

そこで今回は『鶴崎心桜の母親は林真須美の長女|名前や顔画像は?高校はどこ?』についてまとめていきます。

スポンサーリンク

鶴崎さん一家の家族構成

名前:鶴崎心桜(こころ)
年齢:16歳
職業:高校生
死因:全身打撲によるショック死

 

死亡した母親
名前:不明
年齢:37歳
職業:不明
死因:関西空港連絡橋から飛び降りたことによる多発外傷
※林真須美の長女と判明

 

死亡した妹
名前:不明
年齢:4歳
死因:水死

 

自殺未遂の夫
名前:不明
年齢:不明
職業:不明
自殺未遂:カフェインを服用して首をつろうとするも、失敗
※鶴崎心桜さんとの血縁関係はなし。

 

この4人が鶴崎家の家族構成となります。

亡くなった37歳の母親の両親が真須美死刑囚(59)と林健治さん(76)と判明。

眞須美死刑囚と健治さんは6月9日に長女とお孫さん2人を失くしたことになります。

 

事件の簡潔な流れ

・6月9日午後2時20分に帰宅した母親が鶴崎心桜さんが亡なっているのを発見

 

・母親は酷く取り乱したため、夫が救急車に同乗

 

・同日午後4時頃に関空連絡橋から母親と次女(4)が飛び降り

 

・同日午後11時頃、自殺未遂をした夫が病院に運ばれる

 

事件の詳細については↓の記事を参照して下さい

鶴崎心桜さんの死因|母親・父親(夫)の名前や顔画像・自宅を特定【和歌山】
6月9日午後4時に大阪府の関西空港連絡橋から母親(37)と娘(4)が飛び降りた事件...
関空連絡橋で飛び降り?女性と女児の身元(名前・顔画像)|無理心中か?
6月9日午後4時ごろ、大阪府の関西空港連絡橋で「橋から人が落ちたようだ」と車で通り...

鶴崎心桜の母親は林真須美の長女

健治さんと眞須美死刑囚は6月9日、長女Aさん(37)と孫をいっぺんに亡くしたという。

事件が発覚したのは、和歌山市内の集合住宅で9日、健治さんの孫、Bさん(16)が全身打撲による外傷性ショック死したこと。

同日午後2時20分ごろ、長女Aさんから「帰ってきたら娘(Bさん)の意識がない。血みたいな黒いものを吐いている」と119番通報があったが、搬送先の病院でBさんの死亡が確認された。

和歌山県警は家庭内で虐待があった疑いがあるとみて、捜査を開始した。しかし、Aさんと次女Cさん(4)がその数時間後、大阪府南部の関西空港近くの海上で浮いているのが見つかり、死亡が確認された。

死因はAさんが全身打撲による多発外傷、Cさんは水死だった。
県警はAさんがCさんを道連れに、関西空港連絡橋から飛び降りた可能性が高いとみている。

県警などによると、Bさんが死亡した当時、自宅にはAさん、Aさんの夫、Cさんの4人がいた。夫はCさんの実父で、Bさんとは血縁がなかった。Aさんの夫は病院に付き添った後、行方がわからなくなっていたが、和歌山市内の路上で発見。薬物を飲んで自殺を図り、意識が混濁した状態だったという。

Yahooニュース

 

実はこの報道(6月13日)の前から鶴崎さん一家が林眞須美死刑囚の関係者だと噂になっていました。

この噂は私も耳にしていましたが、まさか事実とは思いませんでした。

マスコミの間では有名な話だったかもしれないですね。

長女と孫が亡くなった心中事件について、林健治さんが取材に答えていますが、詳細は不明とのこと。

―事件を聞いて思い当たることは?

「まったくわからない。こんなことになる前に何か相談をしてほしかった」

―新たに出された眞須美死刑囚の再審請求と関係があるのか?

「長女やBちゃんの事件は再審請求される前日のこと。それも知らなかったはず」

―警察はBさんが虐待を受けていた疑いがあると捜査している。

「長女の自殺後、そういう質問がマスコミからたくさん来ているが、実態はよくわからない」

―長女の夫はBさんが病院へ運ばれた時、救急車に乗って付き添ったそうだが、面識は?

「長女が再婚したと聞いていたが、夫とは会ったことはない。警察はこれから夫に話を聞いて、真相解明するのでと教えてくれた」

 

林健治さんが最後に長女と会ったのは2005年の夏のことで、近況は不明だったそうです。

警察は鶴崎心桜さんの死因が全身打撲によるショック死で、腹部や脚に殴られたような複数の痣がありました。

なかにはなかには古い痣もあったことから、虐待の疑いがあったとみて捜査をしています。

 

本当に虐待があったのか、そして誰が虐待していたのかは、まだ明らかになっていません。

鶴崎家で生きているのは自殺未遂をした夫のみです。

夫の口から真相が語られるのを待つしかありません。

6月14日追記:関空橋転落したのは林真須美死刑囚の長女と確定していない?

6月14日に続報で、スポニチの取材に真須美死刑囚の夫・健治氏(76)と長男が答えました。

 真須美死刑囚の夫・健治氏(76)は、和歌山市内の自宅で本紙の取材に「残念ながらうちの孫ですね。これだけはどうしようもない」と証言。長女の名前が「鶴崎心桜(こころ)」であることとその年齢から、自分の長女と孫に起きた悲劇の可能性があると認識している。

 健治氏は11日から3日間、計4回にわたって本紙の取材に応じた。12日夜には、遺体の身元を確認するために和歌山東署を訪ねた。「うちの娘、孫が亡くなったのは本当か?遺体を確認させてもらえないかと聞いたが、“事件性があるとみられ、捜査中なので何も言えません”と断られて対面できなかった」。13日夕に、本紙の取材に改めて「鶴崎心桜という名前なら、残念ながらうちの孫だね。仕方ない」と明言。警察から詳しい説明がなかったため「間違いであってほしい」とも語った。

 一方、慎重なのは長男。「(名前は)優心と書いて“こころ”と聞いていた。漢字が違うのでは?と警察にも聞いたが分からなかった」。「まだ正式な発表も連絡もないので、何とも言いようがない」とし、正確な情報が入るのを待ちたいようだった。

Yahooニュース

どうやら関空橋転落死した女性が林真須美死刑囚(59)の長女と孫であると確定したわけではないようです。

長男の話だと警察から正式な発表や連絡がないそうです。

健治氏はスポニチの取材では4歳女児については、「長女は離婚してシングルマザーになったと聞いた。同居男性の連れ子と聞いているが…」と説明しています。

4歳女児は再婚相手の夫と鶴崎心桜さんの母親との間に出来た娘だと報じられていましたが、夫の連れ子だった可能性が浮上。

そして、『夫』と表現せずに『同居男性』と説明していることから籍を入れておらず内縁関係だった可能性も出ています。

現在、メディアによって報じられることが異なるため、情報が錯綜しています。

もう少し情報が整理されるまで待った方がいいですね。

ただ、健治氏は亡くなったのが自分の長女と孫だと覚悟を決めているみたいです。

辛いですね。

林真須美の長女の名前や顔画像は?

鶴崎心桜の母親である林真須美の長女の名前や顔画像が気になりますね。

真須美死刑囚の子供は4人います。

・長女(1984年生まれ)

・次女(1985年生まれ)

・長男(1987年生まれ)

・三女(1993年生まれ)

 

ネットを調査しましたが、どうやら林真須美死刑囚の長女の名前や顔画像は明らかになっていないようです。

 

林真須美死刑囚の長女は和歌山毒物カレー事件当時(1998年)、中学校3年生でした。

母親と父親が逮捕されてからは児童養護施設に預けられますが、いじめなどがあったようです。

長女は施設から高校に通っていましたが、下の子たちの面倒を見るために大学には進学せずに、ガス器具販売のセールスの仕事などに就きます。

20歳代前半で結婚し、生まれたのが鶴崎心桜さんでした。

仕事も家庭も充実していましたが、離婚します。

健治さんの話だと当時の夫といろいろ揉めて、離婚に至ったそうです。

そして数年前に長女は別の男性と再婚し、次女(4)が生まれたみたいです。

しかし、今回の事件が起き、再婚した夫以外の3人が亡くなるという結果になってしまいました。

スポンサーリンク

鶴崎心桜さんの高校はどこ?

鶴崎心桜さんは年齢16歳で高校に通っている年齢です。

しかし、高校に通っていなかったのではと噂になっています。

メディアが鶴崎心桜さんについて高校生と報じず、16歳の少女と記載していることや、近所の住民の方が次女(4)の姿は見かけたが、長女は見かけたことがないと話していることから、高校に通っていないと噂になっているみたいです。

鶴崎心桜さんが亡くなっていた自宅は特定されており、和歌山県和歌山市加納にある集合住宅に4人で暮らしていたみたいです。

詳細な自宅の場所は伏せますが、高校に通っていたとしたら、自宅付近の高校に通っていた可能性が高いです。

世間の反応

え、そういう関係だったの?何この不幸の連鎖。びっくりした。

 

ただただ、驚き。

 

2日位前にこのニュースが記事で出ていたけど、カレー事件の娘さんだとは知らなかった。虐待なのかはっきりとは分からないですけど、どんなシチュエーションであっても虐待をやる様な人は、心の何処かに本来備わっているべきであるパーツが不足しているのだろうとは思いますけどね。

 

この両親の元、長女も苦労しただろう…
虐待を受けていた孫は、誰が虐待?新しい父親?それとも母親?
守られなかった高校生の女の子…小さい頃から虐待なら、児相は機能していない!!

タイトルとURLをコピーしました