辻一憲wiki経歴・学歴|父親(辻一彦)や結婚して嫁や子供は?事件or事故?

スポンサーリンク

頭にけがをして救急搬送され、治療を受けていた辻一憲(つじ・かずのり)氏が越前市内の病院で亡くなったことが報じられました。

辻一憲氏は、9月19日夜、福井県越前市上真柄町の住宅の前で頭から血を流し、座り込んでいるところを通行人に発見され、救急搬送されました・

越前市内の病院にで手術を受けましたが、意識不明の状態が続いていました。

そこで今回は辻一憲氏についてまとめていきます。

スポンサーリンク

辻一憲wiki経歴・学歴

名前:辻一憲(つじかずのり)
生年月日:1960年9月24日生まれ
出身地:福井県福井市学歴
1978年:松本小学校卒業
1981年:進明中学校卒業
1984年:高志高校卒業
1980年:早稲田大学政治経済学部入学するが中退

 

辻一憲氏は福井県で生まれで、幼少期は、野原で虫取りや田んぼや川でカエルやザリガニを捕まえるなど、自然の中で遊んでいたそうです。

小学校ではソフトボールにハマり、中学・高校では野球部と陸上部に所属します。

大学は早稲田大学政治経済学部に進学しますが、中退します。

社会問題解決に主体的に取り組む実践者となろうと決意し、大学を退学します。

大学時代に、アジア・アフリカの貧困と差別に直面する現実を知り、「誰もが平和で安心に暮らせる社会」をめざして民間国際協力活動に参画したことが、きっかけで、社会問題解決に取り組もうと決意したみたいです。

 

経歴
平成11年~12年:衆議院議員辻一彦秘書
平成13年:福井で自然体験活動・国際交流活動の団体を設立。
平成26年:第47回衆議院議員選挙に福井県第2区からも出馬するも落選
平成27年:福井県議会議員選挙で初当選(越前市・今立郡・南条郡選挙区)
2015年4月~現在:福井県議会議員
現在2期目で、県議会第2会派の「民主・みらい」(5人)に所属し、会長を務めていました。
主な政策
・自然・文化の継承と環境保全
・高齢化対策、介護、医療の充実
・成長産業、中小企業の支援
・少子化対策、子育て環境の充実、生きる力の育み

辻一憲の父親や結婚して妻や子供はいる?

辻一憲さんの父親は衆議院議員と参議院議員を務めた辻一彦氏です。

辻一彦氏は1924年12月10日生まれで、2008年に肺炎で亡くなっています。

辻一憲さんは父親の辻一彦氏が衆議院議員のときに秘書を務めていました。

辻一憲氏が結婚しているかを調査しましたが、詳しいことは不明でした。

結婚して嫁や子供がいるという情報は確認できませんでした。

スポンサーリンク

事件or事故?

関係者によると、辻一憲氏は19日午後9時40分ごろ、越前市上真柄町の民家の車庫にもたれかかるように座っているのを住民が発見しました。

発見された当時、辻一憲氏は頭にけがをしており、血を流していました。

病院に搬送され、手術を受けますが、意識不明の状態が続いていました。

関係者によると、辻氏は当時、自身の政策ビラ(広報誌)を各戸に配っており、このとき何かが起きたと考えられます。

しかし、詳しい当時の状況は判明しておらず、事件・事故どちらなのかハッキリとしていません。

越前署も事件と事故の両面で現在、捜査中とのこと。

警察も辻一憲氏の回復を待って、お話が聞きたかったと思いますが・・・亡くなられてしまいました。

誰かに襲われたのか、交通事故なのか、躓いての転倒など、いろいろと考えられますが、真相は不明となっています。

辻一憲氏のご冥福をお祈り申し上げます。

何故か辻氏についてネットで検索すると、サジェストに『コロナ ワクチン』というワードが出てきます。

 

どうやらワクチンとの因果関係を疑う人物が多みたいです。

今回の件にワクチンは関係ないと思いますが・・・いろいろと根も葉もない噂が広がっているみたいですね。

世間の反応

とても真面目で一生懸命ないいかたでした、ショックです。
ご冥福をお祈り申し上げます。

 

まだまだこれからの方でしたが、ご冥福をお祈りします。

 

ご冥福をお祈り致します。
一体なにがあったのか…

 

一体、何が起きたのか本当に気になります

タイトルとURLをコピーしました