戸塚優斗の出身・身長や大学・高校のwiki経歴!【スノーボード】

スポンサーリンク

スノーボードのパーク系種目の世界選手権が米コロラド州アスペンで開催。

13日のハーフパイプ男子決勝で戸塚優斗(ヨネックス)が初優勝を達成!

2009年大会の青野令以来の日本勢2人目の快挙となりました。

そこで今回は『戸塚優斗の出身や身長や大学・高校のwiki経歴!【スノーボード】』についてまとめていきます。

スポンサーリンク

戸塚優斗の出身・身長

名前:戸塚優斗(とつか ゆうと)
生年月日:2001年9月27日
年 齢:16歳(2018年2月現在)
出身地:神奈川県横浜市
身 長:169㎝
体 重:60㎏
競技:スノーボードハーフパイプ
スポンサー:ヨネックス

戸塚優斗選手は神奈川県横浜市出身です。

身長は169㎝です。男子の平均身長より少し低いくらいです。高校生の時から身長が169㎝なので、伸びなかったようですね

あともう少しで170㎝なのにもったいないです。まだ21歳なので成長する可能性も十分あります。

大学・高校はどこ?

戸塚優斗選手の高校がどこなのか気になりますね。

調査したところ、出身高校は神奈川県の光明学園相模原高校と判明しました。

仏教系の私立学校となっています。

全コース共通、総合コース、体育科学コース、文理コースがあります。

おそらく戸塚優斗選手は体育科学コースだったと考えられます。

偏差値は34~41。コースによってばらつきますが、どのコースもそれほど偏差値は高くないです。

スノーボードに集中するために勉強にうるさくない高校を選んだのだと思います。

光明学園相模原高校卒業後に大学に進学したとの情報はありませんでした。

公式にプロフにも出身は光明学園相模原高校とあり、大学に在籍しているとの情報はありませんでした。

スポンサーリンク

戸塚優斗のwiki経歴

両親の影響で3歳からスノーボードを始めます。

小学生の頃からハーフパイプの練習にのめり込みます。

小学校5年生のときに日本スノーボード協会入り。ハーフパイプのJSBA公認プロ資格を取得し、本格的にスノーボード選手として活動開始。

横浜市立西谷中学校時代には日本スキー連盟のハーフパイプのナショナルチーム育成枠に入り、将来が期待されるほどの選手となっていました。

その期待通り、全日本ジュニア選手権では大会2連覇を達成します。

2017年には全日本選手権で優勝。同年9月のワールドカップでは初出場・初優勝の快挙を達成します。

スノボ選手として着実にキャリアを積み上げていましたが、2018年の平昌オリンピックの決勝で転倒して担架で墓バレる事態に。

骨折は見られず、大きな怪我にはなりませんでしたが、棄権となり、悔しい結果となってしまいます。

翌年には無事に復活を果たし、2019、2020シーズンは、US OPEN初優勝を果たします。

2018 PyeongChang Olympic Winter Games
2019 X Games Aspen HP 2位
2019 FIS Snowboarding World Championships HP 2位
2019 FIS World Cup Calgary HP 優勝
2019 National Championships HP 優勝
2019 US Open HP 3位
2019 FIS World Cup Mammoth Mountain HP 優勝
2019 FIS World Cup Copper Mountain HP 2位
2019 FIS World Cup Secret Garden HP 2位
2020 FIS World Cup Laax HP 2位
2020 X Games Aspen HP 2位
2020 FIS World Cup Mammoth Mountain HP 優勝
2020 Dew Tour HP 2位
2020 US Open HP 優勝
2017/2018, 2018/2019シーズン W杯︎種目別総合優勝
2019/2020シーズン W杯︎種目別総合2位
使用ボード:REV

スポンサーリンク

世間の反応

素晴らしいですね!!!
これからも活躍してほしいし、更に欲を言えばスノーボーダーのイメージも上げてほしい

 

までHPで日本勢では平野選手一強だったけど、戸塚選手だけでなく他の人もレベルを上げてきてるし世界との差は完全になくなったね。

 

おめでとうございます。
次の北京での活躍も期待大ですね。
怪我をせずに、来シーズンも頑張って欲しい。

 

初優勝おめでとうございます!
戸塚選手に憧れて日本でもどんどんチャレンジする方が増えて、メジャーな競技になって欲しいです!応援してます!

タイトルとURLをコピーしました