鳥居俊孝の顔画像や経歴・facebook|島根県立情報科学高校長

スポンサーリンク

島根県立情報科学高校長の鳥居俊孝容疑者(58)がひき逃げで逮捕されたのが話題になっています。

今回は『鳥居俊孝容疑者の顔画像・経歴・facebook』についてまとめていきます。

スポンサーリンク

事件概要

 米子署は11日、軽乗用車を運転中に男性をひいて死亡させたのに、救護措置をせず通報もしなかったとして、島根県立情報科学高校長の鳥居俊孝容疑者(58)=鳥取県伯耆町丸山=を自動車運転処罰法違反(過失致死)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕した。「事故時には人だとは思わなかった」と話している。

逮捕容疑は、9日午後6時10分ごろ、米子市別所の県道で、近くに住む農業前田好則さん(78)をひいて死亡させ、救護措置をせず警察にも届けなかった疑い。

署によると、前田さんが倒れているのを発見した近所の住人が110番し、署員が駆けつけた際には鳥居容疑者は現場にいた。前田さんの死因は頸髄(けいずい)断裂で、下半身に損傷がなかったことなどから、署は前田さんがひかれる前に道路に倒れていたとみて、状況を調べている。現場は片側1車線の緩やかなカーブ。。

中国新聞デジタル

どうやら亡くなった前田さんは道路に倒れていたようです。そして鳥居容疑者が轢いてしまったみたいです。

「事故時には人だとは思わなかった」と話しています。

ちゃんと車から降りて確認はすべきだったでしょう。衝撃があったのならいかなる場合でも逃げずに確認。

すぐに救護すれば命が助かっていた可能性もあります。

 

署員が駆けつけた際には鳥居容疑者は現場にいたとあります。怖くなって戻ったみたいですね。

別記事だと

おととい、米子市の県道で男性が倒れているが見つかりその後死亡が確認された。
警察はひき逃げ事件として捜査するとともに目撃情報の提供を求めている。
亡くなったのは米子市別所に住む農業・前田好則さん(78)
警察によるとおととい午後6時20分頃、自宅近くの県道で倒れている前田さんを通行人が発見し近くに住む人が警察に通報した。
前田さんは発見から1時間後に病院で死亡が確認され、その後の司法解剖で頭や胸などの骨折が判明した。
警察は遺体の状態からひき逃げ事件として捜査するとともに目撃情報の提供を求めている。
Yahooニュース

現場にいたとはありませんでした。まだ捜査段階で鳥居俊孝容疑者が関与が確定していなかったので報道しなかっただけかもしれません。

見通しのいい道路ですね。人が倒れていたなら分りそうですが、午後6時なら暗くって見えなかったかもしれないです。

倒れていたとはいえ、人を引いたならそれなりの衝撃や違和感があるはず。現場に戻るのなら、その場で車から降りて確認すべきでした。

鳥居俊孝容疑者の顔画像・経歴・facebook


名前:鳥居俊孝
年齢:58歳
職業:島根県立情報科学高校長

 

現在島根県立情報科学高校長になって2年目です。

鳥居容疑者は校長の他に絵本専門士として活動されているみたいです。

東京都出身で学生時代は北海道で生活して自然が大好きになったそうです。

大学は児童文学を研究していたそうです。大学卒業後は教師になります。

しばらくしてから島根県にIターンして教育員会や学校勤務を経て、自然あふれる鳥取に移住。

本業が教師なので現在は絵本専門士としての活動は少ないですが、授業などで絵本活用して生徒たちへ教育活動を行っているそうです。

 

鳥居俊孝容疑者のfacebook・インスタ・ツイッターなどのSNSアカウントを調査しましたが、鳥居俊孝容疑者のアカウントと特定できるものは見つかりませんでした。

同姓同名のアカウントが1件ありましたが、プロフィールが書かれていなかったので、同一人物かは不明でした。

島根県立情報科学高は島根県内で有名な情報教育の中心校。

公立高校として全国唯一のマルチメディア科があり、 プログラミングの知識・技術を習得し、ソフトウェア開発の基礎を学びます。

生徒は島根県松江発のプログラミング言語『Ruby』を履修しています。

鳥居俊孝校長は『校長だより』という生徒の日々の生活の様子や講話で話したことを定期的に発信しています。

とても教育熱心で今回の事故を起こすようには見えません。生徒や保護者、学校関係者もショックだと思います。

世間の反応

逃げした者は必ず、人でないと思ったと言う。
パニックによる金縛り状態から、現実逃避 自己暗示と己に有利な解釈になる。
衝撃を感じた時点で人だと解っている。
なぜ降りない
確認する自信が無いからである。

 

人だと思はなかった・・・・しかし車の衝撃は多いにあるはず・・まして軽だと
衝撃は大きい・・のに何故降りて確認しなかったのか疑問である。
これは最悪ですね・・懲戒免職に値しますね。

 

ペットボトルを踏んだだけでかなりの衝撃音なのに
人が死亡するくらいなら物凄かっただろう。
普通の人は何かにぶつかれば車の状況を見に降りるだろうし
それができないのは人の認識があったことで
怖くて見たくなかったに違いない。

 

警察官が駆けつけた時に現場にいたというが、ずっととどまっていたのか、それとも一度逃げて戻って来たのか。どちらにせよ「人とは思わなかった」という言い訳は通らない。

 

道路に倒れている人を轢いてしまったとうことで、少し同情する部分もありますが、やはりドライバーが注意しなければいけません。

実際に車で何か轢いてしまったら、怖くなり動揺して逃げたくなる気持ちも分かります。

しかし、ひき逃げはほとんど検挙されます。逃げたところで罪が重くなるだけです。

皆様も車になる時は安全運転を心掛け、事故を起こしたらちゃんと救護や警察に届けましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました