トー横の王:雨宮ただくに(本名 水野泰宏)のSNS顔画像【逮捕】

スポンサーリンク

女子中学生とわいせつな行為をしたとして、無職水野泰宏容疑者(24)が逮捕されました。

水野容疑者は、東京・歌舞伎町の中心部の「トー横」と呼ばれる場所に集まる少女たちから人気で「トー横の王」と呼ばれていました。

スポンサーリンク

トー横の王:水野泰宏(雨宮ただくに)

水野容疑者は18年ごろから「雨宮ただくに」と名乗って「トー横」で踊る様子などをSNSで投稿し、若者の人気を集めていました。

その界隈では有名な人物だったようですね。

2021年12月9日の週刊女性PRIMEの記事に雨宮ただくにの名前がありました。

「トー横界隈」の呼び名をつくったのが20代前半のバーテンダーの男性で、「雨宮ただくに」を名乗り、「トー横の王」を自称していた。筆者は以前、取材したが、気軽に応じてくれた。

「この界隈(居場所のないキッズたちのコミュニティー)をつくったのは僕です。2年ほど前から集まっていました。安く飲めればいいかな、と思って呼びかけたのが始まり。若い子も多いですが、20代も30代もいます。昼は中学生もいます。友達に会いたいから、という理由で来ている人が多いみたい。メンツの入れ替わりは激しいです」

などと語っていたが、SNS上で彼の評判はよしあしが分かれている。「雨宮さんに会いたい」と言ってトー横に来るきっかけになっている人もいる。一方で、未成年の買春に関する斡旋の噂まであるが、雨宮本人は否定する。

週刊女性PRIME

 

 

こちらは2021年11月27日起きた歌舞伎町“トー横”暴行死事件についての記事です。

記事の後半に週刊女性の記者が以前取材していた『雨宮ただくに』のインタビュー内容が掲載されていました。

 

週刊女性が、いつ雨宮ただくに取材したのかは不明ですが、取材当時はバーテンダーとして働いていたようです。※逮捕報道では無職と報じられています。

 

雨宮ただくには2018年頃から、動画共有アプリ「TikTok(ティックトック)」にトー横で少女らと遊ぶ様子を投稿していたということです。

 

 

雨宮ただくにのSNS顔画像

 

雨宮ただくにはツイッターで知り合った女子中学生にわいせつな行為をした疑いが持たれていますが、複数のアカウントを利用していたみたいです。

本アカらしきアカウントが見つかりましたが、鍵垢になっていました。

 

雨宮ただくにの容疑ですが、先月19日と今月2日の2回にわたり、歌舞伎町のホテルの部屋でツイッターを通じて知り合った中学1年生の少女(13)が18歳未満であることを知りながら、みだらな行為をした疑いがもたれています。

 

取り調べに対し、「自分のSNSをフォローしている女は自分に好意があると思った」と容疑を認めています。

女子中学生は水野に憧れていたようで、ツイッターをフォローしたところ、水野から「会おう」と誘われたということです。

 

本名の水野泰宏でfacebook・インスタ・ツイッターアカウントも調査したところ、同姓同名のアカウントが複数ヒットしました。

しかし、本人の住所が不定と報じられているため、特定には至っていません。

スポンサーリンク

親が議員?

続報で雨宮ただくにこと水野泰宏が『親が議員だから捕まっても平気だ』と周囲に話していたそうです。

ネット上でも雨宮ただくにの父親、母親について検索されているようですが、親が議員なのかは不明となっています。

彼を知る人物が今回の逮捕についていろいろとツイートしていますが、親が議員だったという話は出ていません。

週刊誌でもそのような報道は確認されていないため、デマの可能性が高いと思われます。

タイトルとURLをコピーしました