千原ジュニアの病名は特発性大腿骨頭壊死症?病状が似ている?

スポンサーリンク

お笑い芸人の千原ジュニアさんが自身のYoutubeチャンネルで股関節の痛みを発症する「難病」であることを告白しました。

病名は明かされませんでしたが、世間では「大腿骨頭壊死症?」と憶測が飛び交っています。

今回は『千原ジュニアの病名は何?難病を告白!突発性大腿骨頭壊死症?』についてまとめていきます。

スポンサーリンク

千原ジュニアの病名は何?難病を告白!

動画の中盤(4:20秒~)から自身の病状について報告しています。

「11月末ぐらいから股関節がずっと痛い」「このユーチューブで熱海に行ったときも、ずっと足引きずってて。むちゃくちゃ痛いねん」と話しています。

確かに足を引きずっている様子が確認できます。

動画では股関節専門の病院へ行ったことを明かし、医師から『ジュニアさん、保健所に行って、難病申請の書類取ってきてください』と言われたそうです。

「言葉で聞いたら俺もむちゃくちゃ怖かったけど、一部が壊死してるって」

「薬で徐々に徐々に痛みが和らいでいってんねんけど。このまま完治するか、またぶり返すこともあると。そうなったら、いよいよ手術とか考えなあかん」

と現状は痛みは和らいでいるみたいですが、今後手術を考えなければいけないとのことです。

この股関節の病状、壊死、難病というワードから大腿骨頭壊死症ではないかと世間では噂になっています。

千原ジュニアの病名は特発性大腿骨頭壊死症?病状が似ている?

発性大腿骨頭壊死症でしょうか。堀ちえみさんや坂口憲二さんも罹患してましたね。ベテラン芸人さんなので身体張ることもないと思いますが、無理せずに。

 

千原ジュニアさん、(特発性)大腿骨頭壊死症じゃないよね…心配。
そうでないことを願う。

病名は(特発性)大腿骨頭壊死症でないかと言われています。

大腿骨頭壊死とは、人体で一番大きな球状の関節である股関節を構成する大腿骨頭の一部に血が通わなくなり、骨組織が死んでしまった状態を指します。発生(壊死が起こった状態。無症候性のものも含む)と発症(壊死部分が潰れ痛みが生じた状態)を区別して扱います。

大腿骨頭壊死は血流障害から発生する病気で、ステロイドの服用(膠原病や白血病の治療)が原因と考えられています。

また、アルコールの過剰摂取、年齢、性別(男性が女性よりも発生しやすい)なども原因と考えられています。

しかし、千原ジュニアさんの場合のように原因が分かりきらない場合も多いです。

まだ千原ジュニアさんが大腿骨頭壊死であると確定したわけではないので、何ともいえないですが。

大腿骨頭壊死の治療には、保存的療法と手術療法があり、病状の進行度によって人それぞれ異なります。

手術ということになると人工股関節への置換が考えられます。

 

私も30代前半で両股関節変形症になり、40歳の時に人工関節の置換を進められましたが、痛いのを我慢してサラリーマン生活を送っていましたが、生活への支障と痛みに耐えかね、57歳で両股関節の人口置換術を受けました。それ以降、痛みも無く歩行も楽になり、そして今は老後人生を楽しんでいます。実は私も一万人に一人という難病だと言われています。どのような難病なのか知りませんが、良い解決方法が見つかることを願っております。

 

最終的には手術でしょうね。人工関節置換術。
最近は1週間で退院できます。1か月くらいは歩く時の痛みがありますが、半年経つと手術したことを忘れるほど普通の人になります。

経験者のお話だと人工股関節でもそれほど不便はないみたいですが、心配ですね。

人工股関節だと耐久性に限界があり、将来的に再手術が必要となる可能性があるので、手術は最終手段となっています。

どのような難病か分かりませんが、回復を祈っています。

特発性大腿骨頭壊死症の芸能人(有名人)

特発性大腿骨頭壊死症に罹患したことを公表した有名人は

・西浦颯大(プロ野球選手)
・坂口憲二(俳優)
・Ryoji(歌手)
・美空ひばり(歌手)
・望月重良(元プロサッカー選手)
・だいたひかる(芸人)
・堀ちえみ(タレント)

となっています。病状は人それぞれで、望月重良選手は2004年に特発性大腿骨頭壊死症と医師に診断された後も3年間現役でプレーしていました。

 

俳優の坂口憲二さんは2018年にこの病気で仕事を続けることが困難であるため、無期限で芸能活動を休止しました。

坂口さんは2012年頃から股関節の痛みの症状が出ていましたが、なかなか病名が分からず、2015年にようやく「特発性大腿骨頭壊死症」によるものだと判明しました。

手術を行いまましたが、治療に専念するため俳優業を休止。一時は車椅子や松葉杖の介助が必要だったみたいです。

現在はコーヒー焙煎士に学び、ブランド『The Rising Sun Coffee』を立ち上げており、病状は良好のようです。

坂口憲二さん、コーヒーブランドの立ち上げから約2年。今の心境を聞いた
コーヒー焙煎士としてセカンドキャリアの道を歩む坂口憲二さん。「2年目の会社で、まだ様子を見られている状態」としながらも、「自信がついたと思います」と手応えを語りました。
スポンサーリンク

世間の反応

特発性大腿骨頭壊死症かな?
夫がその病気で段々と痛みが増してきているみたい。
ジュニアさんもお大事になさってください。

 

坂口憲二さんが頭をよぎった。
同じ病気かな??

 

昔のバイク事故が関係してるのかな。
後から出てきますよね、後遺症的な…。

 

「特発性大腿骨頭壊死症」かな?
坂口憲二も罹患して芸能活動を休んでるし、オリックスの西浦も支配下から育成になって治療中。
酷くなると手術が必要で、実は自分も経験者。

千原ジュニアさんの病気が『特発性大腿骨頭壊死症』と確定したわけではありませんが、病状は似ていますね。

タイトルとURLをコピーしました