田辺晋太郎の両親(父親・母親)や妻(嫁)は本村由紀子!文春砲について

スポンサーリンク

小山田圭吾さんが五輪開閉会式を辞任したことにつてい、田辺晋太郎さんのあるツイートが話題になっています。

こちらが問題のツイートの画像です。

現在、ツイ消しされていますが、あっという間に拡散されていしまいました。

そこで今回は田辺晋太郎さんがどのような人物なのか、『田辺晋太郎の両親(父親・母親)や妻(嫁)は本村由紀子!文春砲について』というタイトルで調査していきます。

スポンサーリンク

田辺晋太郎の両親(父親・母親)

田辺晋太郎さんの両親についてですが、父親は田辺靖雄、母親は九重佑三子さんです。

両親は共に歌手として活動し、「NHK紅白歌合戦」にも出場した経歴を持っています。

父親の田辺靖雄さんは現在、社団法人日本歌手協会8代目会長を務めています。

母親の九重佑三子さんは現在もディナーショーやコンサート、イベント等で活動されているみたいです。

父親:田辺靖雄
生年月日:1945年年4月5日
出身地:東京都
職業:歌手
デビュー:1961年
所属事務所:ワイ・アンド・ワイ

母親
名前:九重佑三子
本名:田辺佑三子
生年月日:1946年3月21日
出身:東京都
職業:歌手 女優
デビュー:1962年
所属事務所:ワイ・アンド・ワイ

妻(嫁)は本村由紀子

田辺晋太郎さんの妻はフリーアナウンサーの本村由紀子さんです。

2007年3月に田辺晋太郎さんと結婚され、現在は2児の母親となっています。

本村由紀子さんは1972年8月5日生まれの48歳です。東京都出身。国立音楽大学声楽科卒業。

お天気お姉さんやレポーターなどを経て、日本テレビ「NNN24」やテレビ東京の経済番組「クロージングベル」のキャスターに就任。

2004年4月1日より「ニュースモーニングサテライト」のキャスターに就任。

2007年3月に田辺晋太郎さんと結婚します。

産休を経て2009年3月に「モーニングサテライト」を降板。

その後はフリーアナウンサーとして活動。

長年経済ニュース番組でキャスターを担当し、現在はフリーアナウンサー、ラジオDJなどで活躍しています。

田辺晋太郎と本村由紀子さんの詳し馴れ初めは不明でしたが、実は2人とも肉が好きという共通点があります。

NEWSポストセブンで肉好きフリーキャスター本村由紀子として紹介されています。

 肉用のソースも豊富で、肉マイスターを自任する夫(音楽プロデューサーの田辺晋太郎氏)はハーブが入った酸味のあるチミチュリ、私はホースラディッシュ、義父母はわさび醤油と、選べるのもいいですね。

家族と仲良くお肉料理を楽しんでいるみたいですね。肉好き同士で仲良くなったのかもしれません。

肉好きフリーキャスターの本村由紀子(46)が紹介する熟成肉
 美熟女の美しさの秘訣は肉にあり!──年齢とともにますます色香をふりまく美熟女の多くが肉を好む。「肉食女子」を自任するフリーキャスターの本村由紀子(46)が、日頃から通いつめる東京の…

田辺晋太郎の経歴は?

田辺晋太郎さんは1978年11月5日生まれの42歳です。

東京都生まれで本業は音楽プロデューサーです。

本業以外にも「肉マイスター」として肉料理系飲食店プロデュースやコンサル、ヤマサ肉鍋つゆシリーズの製品開発もしています。

著書「焼肉の教科書」は累計35万部を超えるヒット作となっています。

田辺さんは、学生時代から音楽で芸能界入りしたいと考えていたそうです。

1998年に「サイバー美少女テロメア」の天童シュウ役にてデビュー。

最初は役者としてデビューされます。

音楽家としてデビューしたかったそうですが、なかなか上手くいかなかったそうです。

そこで、役者でも何でもいいからとりあえず芸能界入りして有名になってから音楽活動をしようと決意したそうです。

役者デビューの3年後の2001年に3人組音楽ユニット「Changin’ My Life」のメンバーとして音楽家としてデビューします。

しかし、2003年にグループ脱退

その後はフリーランスの音楽プロデューサーとして活動開始。

AKB48渡辺麻友のソロや俳優の城田優、パク・ヨンハなど、多くの著名人に楽曲を提供します。

音楽プロデューサー業以外にも「食のコンシェルジュ協会」代表理事も務め、「肉のコンシェルジュ」「肉マイスター」としてテレビ・ラジオの出演して、活躍されています。

文春砲とは?

田辺晋太郎氏のサジェストに『文春砲』とあります。

何かスキャンダルがあったかと思いましたが、どうやら田辺晋太郎さんではなく、「純烈」の元メンバー友井雄亮さんが2019年に文春砲をくらったみたいです。

友井雄亮さんは芸能界を引退した後、田辺晋太郎氏がプロデュースする焼き肉店「神威」をオープンします。

2人は19歳からの知り合いで仲がよかったみたいです。

このことから田辺晋太郎氏のサジェストに『文春砲』というワードがあるみたいです。

小山田圭吾を擁護:世間の反応

現在、問題となったツイートは削除し、謝罪しています。

どうやら小山田圭吾氏とは、いとこにあたる関係だったみたいです。

いとこなら小山田氏を庇う気持ちは分からなくはないですが、ツイ消しするくらいなら投稿しなげればよかったのに・・・裏垢のつもりだったのかもしれませんね。

 

「はーい、正義を振りかざす皆さんの願いが叶いました、良かったですねー!」

 

擁護にしてもこの発言は逆効果ですよね・・・・やはり裏垢で投稿するつもりだったのでしょう。

さすがに小山田氏が辞任したタイミングでこの内容のツイートをしたら炎上してしまうことくらい分るでしょう。

 

 

ツイッターの反応を見る限り、火に油を注ぐ形となってしまいました。

タイトルとURLをコピーしました