田中美穂(カクワカ広島)のwiki学歴と大学【サンデーモーニング】

スポンサーリンク

今回はカクワカ広島共同代表の田中美穂(27)さんを取り上げます。

2022年3月頃から「サンデーモーニング」にコメンテーターとして出演されるようになり、注目が集まっています。

いったいどのような人物なのでしょうか?

スポンサーリンク

田中美穂(カクワカ広島)のwiki学歴と大学


田中美穂さんは1994年生まれの27歳。

福岡県北九州市出身です。

大学までは福岡県で過ごし、2017年に広島の企業に就職したことがきっかけで広島県に移住されています。

田中美穂さんの学歴ですが、出身高校は福岡県立東筑高等学校。

 

出身大学は西南学院大学です。

福岡の有名な私立大学で偏差値は60近くあります。

 

元々、国際的な活動がしたかったそうで、大学時代にアメリカへ1年間留学されています(ファーマン大学)。

留学されていたということは実家はお金持ちかもしれませんね。

 

田中美穂さんのfacebookアカウントを確認できましたが、中学以前の学歴は不明でした。

 

Facebook

田中美穂(カクワカ広島)のwiki経歴

現在、田中美穂さんはメーカーに勤務しながら、ICANキャンペーンニュースの翻訳やカクワカの活動を続けています。

大学を卒業して広島に移住後は、

1年ほど普通のサラリーマンとして過ごします。

 

ICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)の国際運営委員の川崎哲さんに知り合いを通じて出会ったことがきっかけで、「平和」への関心が強まります。

川崎哲さんの話を聞いている中で、自分も何かできないかと考え英語を勉強します。

川崎さんに「英語を生かして自分も何かできないか?」と相談したところ、

「ICANのニュースが英語だから日本でなかなか広がらないんだよね」と言われたため、ICANニュース翻訳をボランティアで始めます。

ちょうど同じころ、広島市にあるハチドリ舎というソーシャルブックカフェに集う人たちを中心に、広島からも核兵器反対の声をもっと上げよういう若者の動きが始まっており、2018年の11月に田中さんも参加します。

2019年1月に、現在の「カクワカ広島」が発足。

核兵器のない世界の実現を願ったグループ。

20代が中心で、約15名のメンバーで構成されています。

メンバーは個性派ぞろいで、

肩書は会社員、シンガー・ソングライター、大学生、カフェ店員など様々なメンバーで構成されています。

 

カクワカ広島について

民主主義国家における市民の代表、そして国の政策決定者である国会議員に、核兵器のない世界の実現への道のりを尋ね、その情報をSNSなどで広く発信し、市民の関心を高めることを目的としています。

 

 

田中美穂さんのfacebookアカウントによると、NPO法人PCVのスタッフとしても活動されているみたいです。

サンデーモーニング出演

田中美穂さんは3月6日のサンデーモーニングにスタジオ出演され、

ロシアのウクライナへの軍事侵攻や、国家議員らからの「核共有」発言などについてコメントされました。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました