統一教会とは?田中富広会長のwiki経歴と国籍|結婚(嫁)や子供

スポンサーリンク

宗教団体「世界平和統一家庭連合」いわゆる「統一教会」が7月11日午後14時から記者会見を行い、安倍元首相を銃撃し殺害した疑いで送検された山上徹也容疑者の母親が教団に所属していることを認めました。

 

 

記者会見には田中富広会長が出席しました。

 

田中富広統一教会会長はいったいどのような人物なのでしょか?

スポンサーリンク

統一教会とは?

略称:家庭連合(旧略称:統一教会、統一協会)
設立:1954年
設立者:文鮮明(ムンソンミョン)
種類:宗教法人
目的:協会統一・統一韓国・世界平和
本部:韓国ソウル市
会長:田中富弘(第14代)

 

統一教会とは韓国発祥の宗教団体です。

正式な名称は「世界平和統一家庭連合」で、朝鮮半島のキリスト教の土壌から発生。

 

2008年時点で世界の200近い国で活動しており、日本と韓国を中心に300万人といわれています。

研究者たちによると、事実上の会員はアメリカの数千人の信者を含め、数万人程度とされています。

 

全人類の平和を目的としていますが、過去に霊感商法や合同結婚式、献金、脱会をめぐるトラブルなどが確認されています。

 

田中富広会長のwiki経歴と国籍

田中富広会長は1956年3月4日に生まれの66歳。

出身は北海道北広島市。

 

田中会長は北海学園大学工学部建築学科在学中の、1976年2月12日に統一教会に入会。

大学を卒業した1978年4月から、「全国大学原理研究会」の支部長を務めます。

 

1982年10月からは「国際基督教学生協会」の幹事、1989年10月からは、調布を拠点に活動している統一教会「調布教会」の協会長、1997年10月からは「統一教会」の青学部長を務めます。

 

その後も着実にキャリアを積み上げていき、「世界平和青年連合」の事務総長、「統一教会」の青年学生局長、副会長を務め、2020年10月に現職の会長に就任しました。

 

略歴
1978年4月~1982年9月:全国大学原理研究会(CARP)支部長
1982年10月~1989年9月:国際基督教学生協会(ICSA)幹事
1989年10月~1997年9月:調布教会教会長
1997年10月~2001年3月:統一教会 青学部長
2001年4月~2013年8月:世界平和青年連合(YFWP)事務総長
2013年8月30日:統一教会 青年学生局長
2015年1月5日:統一教会 副会長
2020年10月13日:世界平和統一家庭連合 第14代会長に就任

 

田中会長の国籍ですが、北海道出身なので日本国籍だと考えられます。

結婚(嫁)や子供

田中富広会長の家族に関する情報は確認できませんでした。

統一教会では「神様は人が互いに愛し合う世界を創りたいと思われ、男性と女性とを創られた」という思想があって、神を中心として男女が結婚しなければならないという教えがあるそうです。

この思想を考えると、田中会長も結婚はされているかもしれませんね。

 

統一協会では中絶が認められていないらしく、会員は子だくさんである傾向があるそうです。

 

記者会見の内容

安倍元総理が銃撃された事件で、逮捕された山上徹也容疑者が「安倍元総理が宗教団体と関係があると考え殺そうと思った」と供述していることを受け、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)が会見を開きました。

 


会見で田中富広会長は、山上容疑者は信者ではないが母親は信者であることは認め、1カ月に1回程度、団体の行事に参加していたことを明かしました。

 

母親の献金については捜査中であるとして言及しませんでしたが、

山上徹也容疑者の家庭が破綻していたことを把握していたと明らかにしました。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました