【顔画像】田村正和の娘や嫁は女優で現在は南国酒家に嫁ぐ?心臓の病気で手術

スポンサーリンク

俳優の田村正和さん(77)が4月3日に亡くなっていたことが判明しました。

心不全のため東京都港区の病院で亡くなられたそうです。

そこで今回は『田村正和の娘や妻は女優で現在は南国酒家に?心臓の病気で手術【顔画像】』のタイトルで、田村正和さんの家族構成や病気についてまとめていきます。

スポンサーリンク

田村正和の娘や妻は女優?

田村正和さんは結婚して娘が1人いると言われています。

田村正和さんの妻の名前は矢島和枝さんで、田村正和さんの2歳年上で社長令嬢とのこと。和枝さんは銀座の老舗テーラー(紳士服の仕立屋)の娘さんだったそうです。

田村正和さんと和枝さんは同じ成城大学の先輩後輩同士です。

結婚時期は1970年、田園調布の教会で結婚式を挙げています。

田村さんの妻と娘さんをネットで検索すると、サジェストに『女優』というワードが出てきますが、そのような事実はありません。

矢島和枝さんは田村正和がが立ち上げた個人事務所の代表を務めているそうです。

娘さんも女優業をしておらず一般の方です。

2014年のTBSドラマ『おやじの背中』で田村正和さんと松たか子さんが16年ぶり共演で父娘役を演じることが話題になりました。

おそらく、この件で『田村正和 娘役 女優』と検索する人が多かったのではないでしょうか。

2001年に中国料理「南国酒家」のオーナーと結婚したと言われています。

田村正和の娘は現在は南国酒家に嫁ぐ?

田村正和さん娘さんの名前は『早樹子』さんという情報がありました。

2017年の女性自身で娘さんの年齢は46と田村さんは答えています。2021年現在50歳くらいだと思われます。

現在は田村正和さんの財産管理会社の役員を務めているそうです。

娘さんは2001年に高級中国料理「南国酒家」のオーナーと結婚したといわれています。

お子さんも生まれて、田村正和さんはお爺ちゃんになったとも言われていますが、

娘さんの結婚についての情報はネットに転がっていたもので信頼できるソースはなく、あくまで噂レベルのものでした。

娘さんの調査の結果、名前や結婚しているかは不明でしたが、田村さんの財産管理会社の役員を務めているのは事実です。

スポンサーリンク

心臓の病気で手術をしていた

2019年6月の女性自身の記事で田村正和さんが心臓の手術をしていたと報じられています。

「10年以上前から田村さんは、心臓に病を抱えていました。冠動脈性心疾患という、心臓に血液を送る冠動脈が狭くなったり、ふさがってしまう病気です。発病してからは、奥さんに心配をかけまいと大好きだったたばこもやめたそうです」

2009年頃から冠動脈性心疾患という心臓に病を抱えていたそうです。

完璧主義者で知られる田村さんは『俳優をやっている間は体にメスを入れたくない!』と手術を拒んでいたそうですが、『眠狂四郎 The Final(2018)』の出演を最後の出演作と決め、手術を決断したそうです。

手術に踏み切った理由はずっと心配してくれた奥さんを安心させたいという思いがあったそうです。

手術後は夫婦2人きりで穏やかな暮らしを楽しんでいたそうです。

田村正和さんの散歩中の画像です。

病気のせいか痩せたように見えますね。

田村正和 心臓手術していた!「静かに死にたい」と胸中語る | 女性自身
「最近、田村さんが出演した過去作品の使用許可を取ろうと事務所に電話をかけたんです。ですが全く連絡がつかず、事務所は閉鎖状態。なんとかつかまえたマネージャーさんも、『私も田村さんとはしばらく話をしていない』と言っていました。お元気だといいのですが……」(テレビ局関係者)   平成を代表するドラマ『古畑任三郎シリーズ』(フ...
スポンサーリンク

田村正和さんが4月3日に亡くなる

テレビ時代劇「眠狂四郎」、刑事ドラマ「古畑任三郎」などダンディな二枚目からコミカルなキャラクターまで幅広く演じた、俳優の田村正和(たむら・まさかず)さんが4月3日午後4時20分、心不全のため東京都港区の病院で死去したことが18日分かった。77歳。京都市出身。葬儀・告別式は親族で行った。喪主は妻和枝(かずえ)さん。往年の名俳優、阪東妻三郎さんの三男で、長兄の田村高廣さん、弟の田村亮も俳優で「田村三兄弟」と呼ばれていた。

Yahooニュース

18年のスペシャルドラマ「眠狂四郎 The Final」(フジテレビ)が最後のドラマ出演となりました。

田村正和さんは2018年のフライデーの取材で引退宣言をしていました。

テレビ局関係者の話だと、『眠狂四郎 The Final』で納得のいく演技ができなかったそうです。これ以上俳優を続けるのは美学に反する、という気持ちだったそうです。

フライデーの直撃取材でも、

「うん……自分の中で、辞めてもいいかなと思ったんだよ。僕のことを気にかけてくれているスタッフがいてね。その人たちに今年の年賀状で『のんびりしたい。無職の日々が楽しみだ』って書いたの」

「自分としては、もう十分にやったなと。『眠狂四郎』は、20代で初めて出演して、40代、50代とやってきた。でも、2月の『The Final』では、完成前の試写を見て『これじゃダメだな』と痛感したんだ。オンエアを見る気にさえならなかった。自分にしかわからない、『これはもうアカンな』という感覚……」

テレビ局関係者の話の通り、俳優としての限界が見えたそうです。

約60年もの長きにわたり、俳優としての厳しい生き方を貫いたということでしょうか。

世間の反応

えー、寂しすぎる。77歳という年齢にもビックリ。パパはニュースキャスターや古畑任三郎で楽しませてもらった。ゆっくり休んでほしい。

 

最期の最期まで「田村正和」でした。
田村さんご自身の美学がそうさせたんでしょう。
ご冥福をお祈りします。

 

古畑任三郎 =田村正和さんって言う位はまり役であり、他人様には代わりが利かない独特の味があった
素晴らしい俳優さんでした

 

最近あまり見かけませんでしたが、大好きな俳優さんでした。
子どもの頃は、パパはニュースキャスターや、うちの子にかぎってなどTBSのドラマで楽しませていただき、その後の古畑任三郎も大好きでした。
本当にありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました