竹内結子の複雑な生い立ち!実家のハムカツ屋の場所はレイクタウン?

芸能人
スポンサーリンク

2020年9月27日に竹内結子さんが亡くなられてから気になるニュースがあったので調査しました。

ニュースのタイトルは「竹内結子さん、デビュー時に語っていた悲壮な決意 複雑な家庭環境バネにつかんだトップ女優の座」

記事タイトルの中に複雑な家庭環境とあったので、どういった生い立ちだったのか気になったので、竹内結子さんの実家、家族構成についてまとめていきます。

スポンサーリンク

竹内結子は複雑な家庭環境だった?

人気女優の竹内結子さんが死亡したことが27日、分かった。警視庁は現場の状況から自殺とみて調べている。40歳。

画面が華やぐ演技力、トップを目指す激しさを併せ持った女優だった。

竹内さんの芸能界入りは、高校入学前の春休みに東京・原宿で受けたスカウトがきっかけ。自ら「王道ですね」と振り返ることもあったが、その後の芸能人生もまさに王道を歩んだ。

16歳だった96年のフジテレビ「新・木曜の怪談 サイボーグ」のヒロインでドラマ初出演。99年にNHK連続テレビ小説「あすか」で困難にめげず力強く生きる和菓子職人役で主演し瞬く間にトップ女優へ駆け上がった。

華やかなキャリアを築く一方で、10代の頃に仕事した関係者には「私、ちょっと複雑な家庭なんで戻る場所なんてないんです。だから、この世界で絶対に頑張らなきゃいけない」と話していたという。トップ女優は、自らの境遇をバネにつかんだ居場所だった。

成功を求める強い気持ちは、激しい感情の起伏としても表れた。映画関係者によると「20代の頃の彼女は、感情を爆発させてみんなが進めてきたことをひっくり返すようなこともあった」という。

ただ、この起伏が演技の幅を広げ、竹内さんをトップ女優に押し上げた要因でもあった。穏やか、聡明(そうめい)、元気、気配りの人…イメージに幅を持たせ、多くの役柄を演じてきた。自身の性格を「中学入学後に一変して引っ込み思案になったけど、それまではおてんば。男の子とのケンカも絶えなかった」と話したことがある。

好きな食べ物はビールとギョーザ。酒の強さは有名で、自宅キッチンでお酒を飲むこともあったという。テレビ局関係者は「忙しくても家族のため、できるだけ料理を作るようにしていた。読書など、何をするにもキッチンでやるのが習慣。次男を身ごもる前は、お子さんが寝た後にキッチンで飲んでいたようです」と話した。
Yahooニュース

複雑な家庭環境という言葉が出ていますが、具体的な内容には触れられていません。

そこで詳しく調べてみることにしました。

竹内結子の生い立ち

 

この投稿をInstagramで見る

 

竹内結子(@yuko_takeuchi0401)がシェアした投稿

名前:竹内結子(たけうち ゆうこ)
生年月日:1980年4月1日
出身:埼玉県
出身小学校:不明
出身中学校:浦和市立白幡中学校(現在はさいたま市立白幡中学校)
出身高校:新座高校(廃校)

 

竹内さんは埼玉県出身です。

芸能界に入ったきっかけは中学を卒業してすぐの春休みに原宿でスカウトされたからです。


現在の所属事務所スターダストプロモーションに所属して芸能活動を始めます。10代の頃に仕事した関係者には「私、ちょっと複雑な家庭なんで戻る場所なんてないんです。だから、この世界で絶対に頑張らなきゃいけない」と語っているので、芸能界に飛び込んだのも実家と距離を置きたかったからかもしれません。実家を戻る場所ではないと考えていたとはよっぽどの事情があったみたいです。

 

竹内結子さんは3人姉妹の末っ子です。

父、母、姉2人、竹内結子さんの5人家族で埼玉で暮らしていました。

竹内結子の生い立ち

「実はわたし、小学生の低学年のときに家出をしたことがあるんです。でも、どこかに行く前に、ご近所の方にすぐ見つかってしまい家出未遂に終わりましたけど」と明かした。シネマトゥデイ

小学生の時に未遂に終わりましたが、ある日突然何も持たずに家出を決行したみたいです

理由は「詳しくは覚えていないんですけど、自分はここにいちゃいけないんだ」と思ったそうです。多感な時期ですから家族に対して何か思うところがあったかもしれません。

 

私も思春期の頃は正直、家族のことを“うっとおしい”などと思っていたりもしました

とあり、多感な思春期で自分の感情がモヤモヤしてしまっていたみたいです。もしかしたら感受性が強い人だったかもしれません。

複雑な家庭環境と記事にあったので調査しましたが、竹内さんの幼少期の家庭環境が分かる情報は家出エピソード以外にはありませんでした。

幼少期には体操などの習い事をしていたという情報はありますが、「複雑な家庭環境」に繋がるような話はありませんでした。

 

私が何か困ったときに、兄弟なり、母なり、父なりが側にいてくれていたことが、今思えば有難かったなと感じます

とインタビューで語っているので、実家を疎ましく思っていたのは子供の多感な時期のせいで、大人になってからはその辺の気持ちには整理が付いていたと思います。

ただ竹内結子さんは感受性が高く悩み過ぎる傾向があったのではと過去のインタビュー記事から推察できます。今回の自殺もそれが原因だったかもしれません。

実家はハムカツ屋を経営!場所はどこ?

竹内結子さんの実家はハムカツ屋を経営されていると噂になっています。

竹内結子さんがドラマでハムカツ屋の妻を演じたことがありますが、その時に実家のハムカツ屋が撮影に使われていたというエピソードがあります。

2009年の映画「なくもんか」でハムカツ屋の妻を演じています。

またとんねるずの『食わず嫌い王』に出演したときに、実家のハムカツをお土産に持ってきたというエピソードがあります。

竹内結子さんの実家がハムカツ屋をしていたことは確かでしょう。

ハムカツ屋の場所ですが、残念ながら詳しい場所、店名は明らかになっていません。

実家は埼玉レイクタウン?

竹内結子さんの実家が埼玉にあることは分かっていますが、詳しい地名は明らかになっていません。埼玉県浦和市(現在はさいたま市)説が濃厚ですが確証はありません。

しかし、竹内さんの目撃情報が埼玉の越谷レイクタウンで多くあり、実家があるのではと噂になっています。

旧地域名は東町(あずまちょう)、治水と新市街地整備を実施し、2008年に開いたニュータウンです。

さいたま市か越谷レイクタウンに実家があるのが有力です。

まとめ

竹内結子さんの生い立ち、実家のハムカツ屋についてまとめました。

記事に「複雑な家庭環境」とあったので気になって調べましたが、詳しいことは分かりませんでした。

竹内結子さんはあまりプライベートを語ることがなく、実際どのような理由で「複雑な家庭環境」と語ったのか分かりませんが、現在は実家との関係は良好だったみたいです。

しかし、幼少期の家出エピソードから誰かに悩みを明かすことができない人だったと思われます。

1人で何か悩んでいたんでしょうか?

家出の時と同じで、悩みが突然心からあふれ出して、自殺を実行したのかもしれませんね。

日本を代表数する素晴らしい女優さんでしたが、残念な結果となってしまいました。

竹内結子さんのご冥福をお祈り申し上げます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました