高橋礼華の引退理由は燃え尽き症候群?松友美佐紀の今後は?【タカマツペア】

スポーツ
スポンサーリンク

バドミントン女子ダブルスで2016年リオデジャネイロ五輪金メダリストの高橋礼華選手が引退することが分かりました。

高橋礼華選手は松友美佐紀選手とダブルスを組んで「タカマツペア」の愛称で親しまれ、リオ五輪バトミントンで金メダルを獲得して多くの日本人を沸かせてくれました。

 

高橋礼華選手の引退理由と相方の松友美佐紀の今後を調べていきます。

スポンサーリンク

高橋礼華選手の引退

バドミントン女子ダブルスで2016年リオデジャネイロ五輪金メダリストの高橋礼華(30)=日本ユニシス=が現役引退の意向を固めたことが17日、複数の関係者の話で分かった。近日中に記者会見を行う予定。パートナーの松友美佐紀(日本ユニシス)と「タカマツ」ペアの愛称で親しまれてきた。

「タカマツ」は2連覇が懸かる東京五輪出場を目指していたが、同種目の日本勢で最大2枚の五輪切符を巡る争いで3番手にとどまっており、厳しい状況だった。昨年4月下旬からの五輪出場を懸けた1年間のレースは終盤戦の今年3月に新型コロナウイルスの影響で中断し、来年再開予定となっている。

Yahooニュース

タカマツペア」が現在の日本バトミントン界では3番手なんですね。

リオ五輪であれだけの強さを発揮していたので、東京五輪も出場すると思っていました。

厳しい世界ですね。しかし、それだけ日本バドミントン界のレベルが上がり、若い世代が頭角を現してきたということですね。

日本女子ダブルスのランク1は永原和可那(24)、松本麻佑(25)ペア、ランク2は福島由紀(27)、廣田彩花(26)ペアです。

ランク3が「タカマツペア」です。

東京五輪出場危機

報道ではタカマツペアが東京五輪に出場するのが厳しいとありますが、それを決定づけたのが、今年3月に行われた全英バトミントンです。

高橋、松友組は2ゲームとも12―21で福島、広田組に完敗。高橋の目元には涙が浮かんでいた。「きのう勝って一つの山を越えて、ほっとした気持ちと、体がうまく動かなかったところと。なかなかかみ合わなかった」。東京五輪代表争いをリードする後輩ペアに、競り合うこともできなかった悔しさがにじんだ。

前日に世界ランキング1位の中国ペアに会心の勝利を収め、迎えた準決勝。脚を痛めている高橋は前に落ちるショットについていけず、序盤に8連続失点。第2ゲームもミスが続き、流れを変えられないまま敗れた。

2016年以来の優勝の夢が断たれた松友は「たくさん成長させてもらった思い出深い大会。久しぶりにセンターコートで試合ができたのはよかった」と伝統大会への別れを惜しむようだった。
五輪代表争いでは圏外の日本勢3番手。新型コロナウイルスの余波で国際大会の中断が決まり、今大会が五輪代表選考レースで最後の試合になる可能性がある。「五輪で金メダルを取り、いい思いはできた。今後どうなるか分からないけど、ゆっくり休んで考えたい」。来月で30歳になる高橋が静かに言った。

時事通信

全英バドミントンで日本のフクシマ、ヒロタペアに負けてしまいました。

これで「タカマツペア」が日本で3番手だということが決定的となってしまいます。

コロナの影響で東京五輪選考レースの試合がもう開かれる可能が低いので、東京五輪出場が難しいです。

リオ五輪後に燃え尽き症候群で引退しようとしていた

リオ五輪後に燃え尽き症候群で高橋礼華選手は引退しようとしていました。

「リオ五輪が終わってから、自分の中で気持ちを切り替えるのがすごく難しかったです。代表では年間で15大会ほど出場するのですが、気持ちを整理するうえでも本当は休みたかった。でも、休んで試合勘がなくなるんじゃないかとか、世界ランキングが落ちると、また上げていくのは大変だなという心配もありました。(リオ五輪で金を取ったあと)休んでから少し考える時間が欲しいと言えないまま、ただズルズルと試合をこなしていく感じになっていました。五輪で金メダルという一つの目標を叶えて、『また次に向かおう!』と切り替えるのは本当に難しかったです」

引用元:Yahooニュース

リオ五輪金メダルを獲得した後、次の目標が決まらず宙ぶらりんな状態が続いていたようです。

しかし、相方の松友美佐紀選手と話し合い、もう一度タカマツペアで「東京五輪で連覇を目指す」という目標を胸に再起します。

しかし、2020年の3月の全英バドミントンで敗北して東京五輪出場が厳しくなり、コロナの影響で先行レースの試合が行うことも難しい。

また高橋礼華選手は脚を痛めており、満足にプレイすることも出来なくなっています。

来年に東京五輪の選考レースが再開されますが、もうそこまでモチベーションを保つことが出来なくってしまったと思われます。

 

高橋礼華選手の引退理由まとめ

・リオ五輪後に燃え尽き症候群で引退を考える。

 

・東京五輪連覇を目指して再起。

 

・コロナや自身の怪我のせいで五輪出場が難しくなる。

 

・身体も精神もキツくモチベーションを保つのが難しくなる。

コロナの影響で先行きが不透明で、スポーツ選手は厳しい状況ですよね。

今後も引退を決断する選手がもっと増えるかもしれませんね。

松友美佐紀の今後は?

高橋礼華選手は引退しますが、松友美佐紀選手は現役を続行する意向です。

しかし、今後誰かとダブルスを組むのか、シングルスの道に進まれるかはまだ報道されていません。

近日中に高橋礼華選手の引退会見が行われるので、そこで松友美佐紀選手の今後についての話がでるかもしれません。

 

松友選手は混合ダブルスも平行してやっていました。そのため混合ダブルスの道に進むのが一番可能性が高いと思います。

 

「タカマツペア」は高校の頃から一緒にプレイしていたので、今からペアを変えて新しい選手とダブルスを組むのは、難しいと思います。

コンビを組んだのは高校からですが、高橋礼華選手と松友美佐紀選手の出会いは小学生の時です。

高橋礼華選手と松友美佐紀選手も小学生の時に全国制覇をしていますが、学年が違うため公式戦での試合はありませんでした。

公式試合はありませんでしたが、練習試合をしたことがあり、そこから交流が始まりました。

高校も松本選手が高橋選手を追いかける形で同じ高校に入学します。

それほど2人の絆は強いです。

そのため松本選手が新しいペアと女子ダブルスをするのは想像できません。

もちろん新しいペアを組んだら応援しますけどね。

高橋礼華選手のプロフィール


名前:高橋礼華(たかはし あやか)
生年月日 1990年4月19日 30歳
出身地:奈良県橿原市
身長:165cm
利き腕:右
出身中学校:聖ウルスラ学院英智中学校
出身高校:聖ウルスラ学院英智高校
所属:日本ユニシスバドミントン部(2009年入社)

 

名前は「れいか」ではなく「あやか」です。

 

小学1年生の時にバドミントンを始めます。

小学校4、5、6年生のときには全国大会で優勝してインす。

中学校は宮城県にある聖ウルスラ学院英智中学校に入学。バドミントン強豪校で、強くなるにはここに入学するしかないと地元を離れます。

中高一貫校のため、そのまま聖ウルスラ学院英智高校に進学

 

高校2年生の時に1学年下に松友美佐紀選手が入学してコンビを組むことになります。

高校卒業後に日本ユニシスに入社。1年後には松友美佐紀選手も入社してコンビ継続します。

 

2014年12月にBWFスーパーシリーズファイナルズで、女子ダブルス優勝。

日本人で初めて世界ランキング1位になる。

2016年、全英オープン女子ダブルスで優勝。リオ五輪でも優勝して金メダルを獲得します。

世間の反応

まとめ

高橋礼華選手の引退理由と松友美佐紀の今後についてまとめました。

リオ五輪後高橋選手は苦労されてきましたが、引退されることになりました。

リオの決勝、最終セット5ポイント連取しての大逆転劇に日本は沸きました。

日本バドミントン界を盛り上げた素晴らしいペアでした。

 

コロナの影響で不本意な引退となったかもしれませんが、これからのセカンドキャリアを存分に楽しんでほしいです。

高橋礼華選手はまだ結婚されていないので、引退を機に結婚もあるかもしれませんね。

閲覧ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました