高久浩二の顔画像やfacebookは?波多野耀子さんが事故で亡くなる

スポンサーリンク

現在、亡くなった娘と撮った家族写真が話題になっています。

2020年3月に葛飾区四つ木五丁目の交差点で11歳の波多野耀子さんが直進車に轢かれ、亡くなった事故が起きました。

事故から1年経ちましたが、3月22日に遺族のその後についての記事が出ています。

今回は『高久浩二の顔画像やfacebookは?波多野耀子さんが事故で亡くなる』についてまとめていきます。

スポンサーリンク

波多野耀子さんが事故で亡くなる

亡くなった娘と撮った家族写真 赤信号無視の車に断ち切られた未来(柳原三佳) - Yahoo!ニュース
2020年3月14日、東京・葛飾区で11歳の女の子が父親と横断歩道を横断中、赤信号無視の車に轢かれて即死し、父親が重傷を負った。事故から1年、両親は「危険運転致死傷罪」での起訴を求めて訴える

こちらの亡くなった娘と撮った家族写真というタイトルの記事が話題になっています。

事故の詳細と運転手についてですが、

14日夜、東京・葛飾区で横断歩道を歩いて渡っていた小学5年生の女の子が車にはねられて死亡しました。

14日午後9時前、葛飾区四つ木の国道で横断歩道を歩いて渡っていた
近くに住む小学5年生の波多野耀子さん(11)と父親とみられる男性が車にはねられました。
2人とも病院に運ばれましたが、耀子さんは全身を強く打っていておよそ1時間後に死亡しました。
男性も重傷だということです。

警視庁は車を運転していた埼玉県三郷市の配送業、高久浩二容疑者(67)を
過失運転傷害の疑いでその場で逮捕しました。
横断歩道には信号機が設置されていて付近のカメラの映像などから
歩行者側の信号が青だったということで、警視庁が事故の原因や詳しい状況を調べています。

現在、事故についてのネット記事は削除されていますが、ツイッターやまとめサイトに事故の詳細が残っていました。

事故を起こしたのは配送業の高久浩二容疑者です。

事件現場は、葛飾区四つ木五丁目の交差点です。

波多野耀子さんと父親が青信号の横断歩道を渡っていたところ、信号無視の高久浩二容疑者の運転する車が2人をはねました。

本当に悲しくなる事故ですが、高久浩二容疑者は現在、起訴すらされていない状況だそうです。

高久浩二の顔画像やfacebookは?

名前:高久浩二(たかく こうじ)
年齢:68歳
職業:配送業(事故当時)
住所:埼玉県三郷市高洲1丁目

現在、顔画像は公表されていません。

そこで、高久浩二容疑者のfacebook・インスタ・ツイッターなどのSNSアカウントを調査しましたが、高久浩二容疑者のアカウントと特定できるものは見つかりませんでした。

ネット掲示板なども調査しましたが、顔画像は特定されていないようです。

現在も起訴されていない理由は、

加害者の男性(68)は、事故から1年近く経っても未だに起訴すらされていません。検察には「危険運転致死傷罪で起訴してほしい」と何度も意見を届けてきましたが、検察内でも「過失運転致死傷罪」との間で判断が割れているらしく、ここまできてしまいました。

ところが昨日、娘の命日になって突然、「3月末で担当検事が異動になるので今月中に起訴する予定のようだが、危険運転での起訴は難しいかもしれない……」という連絡が入ったのです。

(中略)

私たちは今、一般常識から考えて明らかに危険な運転によってもたらされた被害の大きさ、悲惨さを、娘の事故を通して多くのきちんと知っていただくべきなのではないか、そう思うようになったのです』

検察内で起訴内容が危険運転致死傷罪と過失運転致死傷罪で別れているからだそうです。

過失運転致死傷罪は全然適用されないですね。

先日も中川真理紗被告が覚醒剤使用で死亡ひき逃げを起こした判決がありましたが、過失運転致死傷罪の判決。

危険運転致死傷罪は見送られました。

過失運転致死傷罪だと懲役7年が最大、危険運転致死傷罪だと懲役30年まで求刑できます。

罰の重さに差がありすぎますね。中川真理紗被告の事故で過失運転致死傷罪なら波多野耀子さんのこの事故も危険運転致死傷罪で起訴は難しいのかもしれません。悔しいですが、これが現在の日本の法律です。

一人の少女の大切な未来を断ち切っておいて、起訴されていないとは・・・高久浩二容疑者は平穏に今も暮らしているかもしれないですね。

普通に自宅で生活しているみたいです。

加害者は運送業を自営で営む男性で、波多野さんの自宅からは車で30分程の場所に居住しています。

しかし、この1年間、両親への直接の謝罪は「新型コロナウイルス」を理由に一切行われていません。波多野さん側からの問いかけに対しては、弁護士を通して、事故から3カ月後にやっと一通の手紙が送られてきただけだと言います。

直接謝罪もしていないそうです。許せないですね。

スポンサーリンク

世間の反応

胸に突き刺さるような家族写真だ。刑が軽過ぎる

 

亡くなった娘さんの頭に、手を添える姿が耐えられなかった

 

私もいつ加害者になるかも知れません
家族が巻き込まれるかも知れない
最後の家族写真は衝撃的です
自分への戒めとして
安全に心がけます
無理せずにゆとりを持とうと思います

 

家族写真の記事辛すぎる…。話題になりニュースで取り上げられ少しでも進展しますように

亡くなられた波多野耀子さんのご冥福をお祈り申し上げます。

タイトルとURLをコピーしました