田口翔(阿武町)のfacebookや顔画像や勤務先|母親や家族構成

スポンサーリンク

2022年4月8日山口県阿武町で、臨時特別給付金463世帯相当分の計4630万円を誤って1世帯に振り込んでしまうミスが発生。

誤送金されたお金を回収できなくなっている問題で、5月12日にその世帯主の名前や自宅住所が明らかになりました。

 

 

阿武町はその世帯の24歳の男性を相手取り、全額の返還を求めて山口地裁萩支部に提訴し、弁護士費用などを含む約5116万円の支払いを請求。

提訴したことにより、被告の名前が田口翔さん(24)であると判明(公開)しました。

 

花田憲彦町長は「当初は振り込みミスをして申し訳なかったが、現在は返還に応じない男性を犯罪者だと思っている」と提訴に踏み切った理由を明かしています。

田口翔とはどのような人物なのでしょうか?

スポンサーリンク

田口翔のfacebookや顔画像

誤送金された4630万円の返還を拒否している男性は田口翔さん24歳です。

名前:田口翔(たぐち しょう)
年齢:24歳
職業:現在は無職?
住所:山口県阿武町大字福田下

 

顔画像は公表されていませんが、近隣住民によると、『若くて、男前』とのこと。かなりのイケメンだったみたいですね~

 

facebookやインスタを確認したところ、同姓同名のアカウントが複数ヒットしましたが、山口県阿武町在住のアカウントは見つかりませんでした。

現在、田口翔は行方が分からなくっており、連絡が取れないということなので、自身のSNSアカウントは削除済みかもしれませんね。

スポンサーリンク

田口翔の勤務先の店はどこ?【山口県萩市】※追記あり

田口翔は山口県萩市で働いていたことが日刊スポーツの記事で明らかになっています。

しかし、現在は勤務先を退職しており、行方が分からなくなっています。

 

どのような仕事をしていたかは明らかになっていませんが、『』で働きながら一人暮らしをしていたということです。

 

報道では「」としか報じられていないため、どのような店で働いていたのかは不明です。

飲食店やスーパーなどが想像できますが・・・

 

※追記

爆サイの書き込みでホームセンターに勤務していたという情報がありました。

いろいろと情報が出始めているので、いずれ勤務先が特定されると思います。

田口翔の母親や家族構成と自宅

田口翔は当初、町からの返還要請に同意し、4月8日に返還手続きのために職員とともに金融機関まで移動しましたが、入口で突然「今日は手続きしない」と拒否。

 

 

その日からほぼ毎日、カードで金を引き出し、約2週間で振り込まれた口座からはほとんど金がなくります。

 

町は他市在住の母親にも説得を依頼しますが、田口翔は返還に応じません。現在は所在が分からなくなっています。

 

4月21日に、田口翔は返還を求めて会いに来た町の職員に対して、

「もうすでに入金されたお金は動かしている」「もう元には戻せない」「どうにもできない」「逃げることはしません」「罪は償います」

などと話し、お金の使途などについても説明を拒みます。

 

田口翔は逃げないと話していましたが、4月21日以降、連絡が取れなくなっているようです。

 

以上のことから、どうやら田口翔は1人暮らしで、母親や父親とは一緒に暮らしていなかったみたいです。

 

公開された自宅住所をグーグルマップで調べたところ、一軒家に住んでいたみたいです。※ストビューでは関係のない民家も写っているため、掲載は控えます。

 

現時点では母親以外の家族については報道されていないので、結婚はしていなかったみたいですね。

 

田口翔は弁護士まで雇っているようですが、逃げたということはお金を返還する気はないのでしょうか?

まだ24歳と若いのに4630万円で人生を棒に振るのもね・・・

もしお金が残っているなら、すぐに返還した方が賢いと思いますが・・・

追記:田口翔は空き家バンクを利用して阿武町に移住

田口翔について調査したところ、移住者だったことが判明しました。

5月7日の週刊女性PRIMEの記事によると、

阿武町は過疎化が激しいので、以前から町外の人に空き家を提供。

農業や漁業などをやれば、町から月15万円を支払うなどさまざまな優遇措置を施しているそうです。

田口翔はその移住者のひとりだったようです。

 

女性PRIMEの記事の通り、阿武町は『UJIターンの移住・定住促進施策』を実施しているようです。

 

田口翔は『空き家バンク』を利用して2020年に阿武町に移住。

農業や漁業などをやれば、町から月15万円を支払うなどさまざまな優遇措置があったそうですが、田口翔が農林水産業関連の仕事に就いていたのかは不明。

田口翔は萩市の店で働いていたと報じられており、農林水産業関連の”お店”というのは想像がつかないですね。

 

移住する前は県内の別の地域にいたというこですが、大金を得た今となっては県外に移動したかもしれません。

田口翔の逮捕の可能性は?

田口翔を逮捕できるのかどうか疑問に思う声も多く出ています。

結論としては逮捕される可能性はかなり低いです。

また、阿武町はお金の返還を求めて提訴していますが、返還される可能性もかなり低いです。

 

まず、逮捕についてですが、専門家によると、誤入金と認識し、金を動かしていたとしても詐欺や窃盗、電子計算機使用詐欺などの罪に問うことは難しいとのこと。

仮に犯罪になったとしても執行猶予が付く可能性が高いそうです。

 

民事で不当利得返還請求を行うのが妥当のようですが、過去の事例を見る限りお金が返還されるのは難しいようです。

■罪に問えない?

他の自治体でも同様の問題は起きている。大阪府摂津市では平成30年、市内に住む男性に住民税の還付金を約1500万円を過大に払うミスが発生。市は返還を求めたが、男性側は「市側の誤り。使ってしまったので、返す義務はない」などと拒否した。

事態は法廷闘争に発展し、大阪地裁は昨年10月、男性に全額の返還を命じた。地裁は男性が株取引で生計を立てていたとし、還付金制度などについて「相当深い理解があった」と指摘。受領に「悪意」があったと認定した。摂津市によると判決は確定したが、男性側からの返還はないという。

Yahooニュース

 

過去に同様の事例が大阪で起きましたが、裁判で返還が命じられたとしても、田口翔に返還する意志がなければ難しいです。

返還を強制するには訴訟→財産差し押さえといったプロセスを踏む必要がありますが、その間にもしお金を全て使われてしまうと、実質回収不能になります。

 

そもそも、給付金を貰っているということは住民税非課税世帯なので、返済能力はないでしょう。

4630万円使い切っていたとしたら、どうしようもないですね。

 

阿武町側は誤送金だと気づいた時点で「仮差押え」など手続きをするべきでしたね。

厳しい言い方になるかもしれませんが、町の対応が遅すぎました。

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました