スッキリ担当プロデューサーのO氏は誰で名前は?アイヌ差別問題で更迭

スポンサーリンク

日テレ朝の情報番組『スッキリ!』がアイヌ民族を侮辱するVTRを全国放送で流していしまい、現在も批判されています。

日テレの大久保好男民放連会長も謝罪する大きな問題に発展しています。

脳みそ夫が差別発言!不適切表現の内容は「あ、犬」【アイヌ民族】
3月12日放送の『スッキリ』のHuluのおすすめ番組を紹介する「週末ジョイHulu...

アイヌ民族への不適切表現の詳細は↑の記事にあります。

週刊女性がこのアイヌ問題でスッキリ担当のプロデューサーが更迭されたと報じました。

そこで、今回は『スッキリ担当プロデューサーのO氏は誰で名前は?アイヌ差別問題で更迭』についてまとめていきます。

スポンサーリンク

アイヌ差別問題で担当プロデューサーが更迭

日本テレビの情報番組『スッキリ!』が無知をさらけ出した、アイヌ民族を侮辱したなぞかけ問題。

「政府から正式に局に抗議が入ったことで、問題のフェーズが変わったという感じです」

と日本テレビ関係者が耳打ちしてくる。

「実は、担当プロデューサーのO氏が飛ばされましたよ。事実上の“更迭”です」

(中略)

放送されたコーナーは、事前収録されたもので、生放送の失態ではない。番組の責任者が目を通す時間は十分にあった。ところが目を通していなかったことは、“更迭”された担当プロデューサーが、社内調査に打ち明けているという。

前出・関係者の話。

「実はそのプロデューサーは、当然ですがオンエアに立ち会っていたのです。その際、これは問題になるかもしれない、と考えたそうです。ということは、事前に見ていなかったということです」

さらに担当プロデューサーは、最悪の一手を打ってしまったという。関係者が続ける。

「テレビ局には、オンエア前にオンエアをしていいかどうか、オンエア後に問題があるかどうか判断するチェック機能として考査部があります。そのプロデューサーも、オンエア後に『これは考査に確認してみよう』と周囲に漏らしていたのです。放送直後にそれをしていたら、日テレも対策が取れた。ところが局側が問題を把握したのは、SNSなどで問題視されてから。一般人と同じ時間帯で知ったのです。なぜならそのプロデューサーが、考査に確認することを忘れていたからなんです」

普段から現場のスタッフに報告を口うるさく指示しているプロデューサーが、なんともお粗末すぎる失態……。局としてもこれでふたをしたことにはならない。さらなる検証が求められる。
Yahooニュース

週刊女性の報道によると、

担当プロデューサーO氏は、事前にアイヌ民族を侮辱したなぞかけVTRを確認していなかったそうです。

そしてオンエアに立ち会い、初めて問題のVTRを確認。その時に、『これは問題になるかもしれない』と感じたそうです。

しかし、担当プロデューサーは放送後に考査部へのチェック確認を怠ってしまい、日テレの対応が遅れてしまったそうです。

問題のVTRがアイヌ民族への侮辱発言になることを、ちゃんとスッキリスタッフなか認識している人がいたみたいです。しかもプロデューサーという立場の人間が。

しかし、事前のVTRチェックミス、そして放送後の対応を誤ってしまい問題が大きくなってしまったようです。

 

全国放送の生番組は収録した部分は全て完璧にチェック入れての放送だと思ってた。
こんなお粗末な状態でも放送することがあったんだね。
プロデューサーは自業自得だけど、会社的にももっとチェックの徹底管理をするべきだと思う。

関係者によると、生放送の情報番組は映像が完成するのがいつもギリギリだそうです。

なかには生放送が始まってもVTRが完成していないこともあるそうです。事前のチェックによる徹底管理は難しいのかもしれないです。

そなると生放送番組ではVTRを減らすなどの対応が必要になってきますね。

スッキリ担当プロデューサーのO氏は誰で名前は?

気になるスッキリ担当プロデューサーですが、報道ではO氏と名前が伏せられています。

そこでスッキリのプロデューサーを調査したところ、wikiによると

斉山嘉伸
池内千香子
小林英丘
大東徹也
立野千恵子
松本真
伊達正晃
富永有一 他

8名の名前に他とありました。ここに挙げた人物以外にもプロデューサがいるようです。

そのため担当プロデューサーのO氏が誰なのか特定することは出来ませんでした。

世間の反応

このまま夏か秋には番組がスッキリしちゃうかもね。
加藤浩次さん自身的にはスッキリしない気分だろうけど吉本の後ろ盾もなくなったし地上波の仕事も今年中にスッキリしちゃうかも…。

 

飛ばされただけで済むなんて、日本テレビはお優しいね。
これだけ大問題になって会長に詫びを言わせてしまった。
番組のチェックといいうプロデューサーの根本的な業務を怠り、フォローもしない。
普通の会社で役職者がこの失態なら、諭旨免職を迫られるくらいの大事だよ。

 

今回はアイヌ差別に絡んだからここまで大騒ぎになってるけど、そういうことを離れても、一般にひとを犬呼ばわりしたら失礼、くらいのこと、わかってないのが不思議でたまらない(だからわざとやってる説に頷いてしまいそうになる)。

 

プロデューサーを更迭したからって、誰も痛くもないし誰にも謝罪はされていないし、世間が知らない人を更迭しても、更迭されたかも分からないし、意味があるとは思えない。
だったら担当プロデューサーとしてテレビで謝罪する方がまだマシだと思うな。
アナウンサーは加藤さんが謝罪するのも、立場があるのは分かるけど、腑に落ちない。

タイトルとURLをコピーしました