東武練馬駅:ながらスマホ31歳女性の名前や顔画像は?事故現場の画像

スポンサーリンク

7月8日の午後7時半頃、東武東上線「東武練馬駅」の脇の踏切で人身事故が発生。

31歳の女性が亡くなりましたが、事故の原因が女性の“ながらスマホ”とみられることが判明しました。

そこで今回は『東武練馬駅:ながらスマホ31歳女性の名前や顔画像は?事故現場の画像』についてまとめていきます。

スポンサーリンク

東武練馬駅で31歳の女性がはねられ死亡

亡くなった女性は事故の直前までスマートフォンを操作していたことが判明。

警報器が鳴り始めた直後、女性はスマートフォンを操作しながら踏切内に入り、女性が踏切の出口にさしかかった時、目の前の遮断機が下ります。

女性はそのままスマートフォンの操作を続け、30秒ほど後に電車にはねられたとみられています。

警報器の音に気づかなかったのはスマホの操作に夢中になり過ぎていたみたいです。

耳にイヤホンをしていた可能性もありますが、事故再現のVTRではイヤホンはしていなかったみたいですね。

踏切の出口の遮断機が下りても、女性は踏切の手前に来ている(踏切の外にいる)と思い込んでしまったみたいです。

スマホに集中しながら歩く

警報器から音が鳴るが気づかない

遮断機が降りる前に女性は踏切内に侵入

女性は2本目の遮断機の前で止まり、スマホを操作

女性は1本目の遮断機の前で待っていると思い込む

ながらスマホ31歳女性の名前や顔画像は?

亡くなられた31歳の女性の名前や顔画像が気になりますが、現時点で報道はされていないようです。

名前:不明
年齢:31歳
職業;不明
住所:東武練馬駅の脇の踏切近くに住んでいる。

現地の画像

7月8日の事故当時の画像がツイッター上で拡散されていました。

当時は自殺と思われていましたが、まさかのながらスマホによる事故の可能性が浮上。

ながらスマホ、歩きスマホによる事故が度々問題になっているので、注意しなければいけませんね。

亡くなった女性のご冥福をお祈り申し上げます。

世間の反応

車もバイクも自転車も、もちろん歩行者も取締りを強化して欲しいです。
相手が避けてくれると思っている人は、かなりの人に迷惑を掛けています。

 

イヤホンもしていたのでしょうか。
徒歩もそうですが自転車に乗りながらイヤホンをしている人を見る度にとても危険だと感じます。

 

歩きスマホしててもぶつからないよ、って言う人がいるけど、それは周りの人が避けてくれているからです。

 

警笛がなっているのに、ここまでとんでもない集中?をする歩きスマホがあったとは…

タイトルとURLをコピーしました