草加事件とは?真犯人や真相|被害者の名前や場所|未解決事件

スポンサーリンク

今回は草加事件について取り上げます。

草加事件とは1985年7月19日に埼玉県草加市の残土置き場で同県八潮市中学3年女子生徒の絞殺体が発見され、その容疑者として13〜15歳の少年5人が逮捕、1人が補導された事件の通称です。

少年らは少年審判では「有罪」とされましたが、後に被害者の遺族が少年たちの親を訴えた民事訴訟では、無罪判決が下されています。

民事裁判によって刑事裁判とは異なる事実上の無罪判断が出るという異例の展開になった事件です。

スポンサーリンク

草加事件とは?

1985年7月19日に中学3年生の女子生徒が草加市の残土置き場で首を絞められた状態で発見。

警察の捜査により、容疑者として5人の少年が逮捕され、少年1人が補導となります。

 

 

少年審判で有罪になったため、少年院・児童相談所へと送致の処分が下ります。

 

この事件は現場に物証が多く残っており、犯人のものと思われる体液などが見つかっています。

犯人のものと思われる体液の血液型はAB型でしたが、

容疑者とされた少年6人にAB型の血液型はいませんでした。

逮捕された少年らは取り調べでも少年審判で犯行をに否認しますが、

浦和家庭裁判所は同年9月、5人を初等・中等少年院へ送致し、1人を児童相談所に送るという保護処分とします。

少年らは抗告したが東京高等裁判所は抗告を棄却、最高裁判所も1989年7月に再抗告を棄却し、同処分が確定しました。

犯行現場に残された物証と少年たちを結びつけるものは何もありませんでしたが、有罪となってしまいます。

 

どうやら裁判では少年らの自白が重要視されたようです。

ただ、後の民事裁判で自白は捜査官によって作られた虚偽の自白だったと判断されます。

 

少年らが有罪となった後、被害者の女子中学生の両親は、犯人であるとされた少年たちの親に損害賠償請求の民事裁判を起こします。

一審の浦和地裁が「無罪」、二審の東京高裁が「有罪」の判決を下します。

最高裁が二審の「有罪」判決を破棄して東京高裁へ差し戻します。

差し戻し審では自白に秘密の暴露がないこと、現場に残された血液型はAB型であったと認めるほかはないなどの理由から、「少年らの犯罪を裏付けるに足りる証拠が無い」として、事実上の無罪判決が下されました。

 

 

民事裁判で無罪と判断されたものの、

刑事裁判の再審請求は保護処分が終了していたという理由から、

却下されました。

 

以上が草加事件の簡単な概要です。

真犯人や真相

草加事件の真相は現在も判明しておらず、真犯人も不明となっています。

2000年7月19日に公訴時効を迎えています。

少年らが民事裁判で無罪になった後、被害者の親は、『埼玉県警は何をしていたのか、直ちに再捜査し真犯人を一刻も早く捕まえて欲しい』と訴えましたが、今後真相が明らかになる可能性は低いでしょうね。

被害者の名前や場所

草加事件で被害者の女性が発見されたのは埼玉県草加市内の残土置場です。

詳しい場所は不明でしたが、田圃の一角が残土で高さ0・75メートル程度に埋め立てられており、残土置場の大きさは約24メートル四方。

付近は昼間でも人通りが少なく、街灯等の設備も全くなかったそうです。

被害者や現場については↓のサイトに記載されている裁判記録から確認できます。

草加事件 民事訴訟上告審
タイトルとURLをコピーしました