【衝撃ファイル】シングルマザー・メリーの犯人と顔画像

スポンサーリンク

2022年6月14日放送の【本当にあった衝撃ファイル】ではシングルマザー・メリーが殺害された事件が取り上げられます。

シングルマザーのメリー・ドーン・クロケット(Mary dawn crockett)で、3歳の娘を持つシングルマザーでしたが、殺人事件に巻き込まれてしまいました。

いったいどのような事件で犯人は誰だったのでしょうか?

スポンサーリンク

事件概要

メリー・ドーン・クロケットは1984年11月25日生まれ。

 

アメリカ・ウエストヴァージニア州に住んでおり、

メリーさんは記録上では20以上の軽犯罪があったみたいです。

麻薬所持、飲酒運転、万引きなどの犯罪をしていたみたいです。

 

メリーさんはアメリカ・ウエストヴァージニア州の刑務所に服役することになりますが、

新人の刑務官のクリストファー・ポール・ハーレスさんと恋愛関係になります。

2人は周囲の目を盗んでは逢瀬を重ね、メリーが出所すると2人は婚約することになりました。

しかし、結婚を目前に控えた矢先にメリーさんは殺害されてしまいます。

シングルマザー・メリーの顔画像

こちらが、メリー・ドーン・クロケットさんの顔画像です。

メリーさんは刑務所を出所した後、2009年に遺体となって発見されました。

メリーさんの死亡が確認されたのは2009年9月3日、

トラックの助手席側の地面に遺体となって横たわっていたそうです。

そして、運転席側の地面には、交際相手であるクリストファーの遺体がありました。

 

 

 

メリーさんは助手席側の床で発見

亡くなったそうです。

事件の犯人は?

事件の犯人が誰なのかは明らかになっていませんが、メリーさんとクリストファーさんのどちらかが一方を殺害し、自殺したと警察は結論を出しました。

実はメリーさんとクリストファーさんは一緒に同棲生活をしていく中で

関係が崩壊していたみたいです。

当時のニュースを確認したところ、クリストファーさんがメリーさんに

暴力を振るっていたという記録が残っていました。

 

こちらがクリストファーさんの顔画像です。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました