柴山成一郎wiki経歴(年齢・階級)妻の顔画像や名前は?A・B子は誰?

スポンサーリンク

京都護衛署長の柴山成一郎警視正(59)が2人の女性と不適切な交際したことが文春で報じられました。

そして交際女性を赤坂御用地に必要な手続きを取らず出入りさせていたことが判明。

皇宮警察は柴山成一郎警視正(59)を減給6か月の懲戒処分としました。

そして柴山警視正は同日付で依願退職となりました。

今回は『柴山成一郎wiki経歴(年齢・階級)妻の顔画像や名前は?』についてまとめていきます。

スポンサーリンク

柴山成一郎wiki経歴(年齢・階級)


名前:柴山成一郎
年齢:59歳
階級:京都護衛署長 警視正

1985年に皇宮警察(こうぐうけいさつ)に入り、警備二課長、赤坂護衛署副署長、監察課長、京都護衛署長を歴任。

皇宮警察とは天皇および皇后その他の皇族の護衛などにあたる特別な警察です。

監察課長時代は厳しい姿勢から「カミソリ」と言われていたそうです。

皇宮警察に入る前の学歴や出身は残念ながら不明でした。しかし、経歴からしてかなり優秀な大学を卒業したと思われます。

私生活では結婚していましたが、2015年に離婚。そして2020年頃に現在の妻と再婚します。

妻の顔画像や名前は?A・B子は誰?

柴山成一郎氏は結婚していましたが2015年に離婚。

2020年4月の京都護衛署長に就任する直前に熟年再婚します。

現在の奥様は一般人なため、顔画像や名前などは不明でした。

しかし、柴山成一郎氏は結婚したにも関わらず、A子さんとB子さんの2人の女性と交際関係にあったようです。

A子さん(50代)と柴山氏は2014年に交際が始まったそうです。当時は柴山氏は前の奥さんと結婚していました。これが離婚の理由かもしれませんね。

離婚後の2016年から柴山氏の母親とA子の娘と共に4人で暮らし始めます。A子も離婚経験があり、籍は入れなかったそうです。

A子さんとは現在は別れたと文春の取材に答えています。

ある一定の時期まで、一緒に暮らしていたことがあります。ただ、生活自体もあまり合わないということで、数年前に別れた

ただ今回の週刊文春の報道で

 何と本妻、A子さん、B子さんとの「三重生活」を送っていたのだ。それを証明するのは、例えば昨年10月15日に柴山氏がA子さんに送ったLINEである。

〈来週ですが、まだ会議があるか最終決定が出てません(苦笑)。あった場合は、金曜の夜に先輩らと飲む予定ですので、土曜日の午後に来て(東京の自宅に)泊まれますか?〉

とあるので一緒に生活しなくなった後も2020年10月もA子さんと関係は続いていたようですね。

問題なのは、柴山氏はA子さんを赤坂護衛署副署長時代の2017年2月に赤坂御用地(東京都港区元赤坂)に招き入れてしまいます。

理由は、「(女性に)職場を見せたかった。申し訳ない」という呆れたものでした。

菅義偉、長男による官僚違法接待の背景に“天領”総務省利権の旨味
今週の注目記事・第1位「<決定的スクープ撮>菅長男高級官僚を違法接待」(『週刊文春』2/11日号)同・第2位「小川彩佳アナ180億円夫の『産後不倫』写真」...…

A子さんについてはこちらのサイトの記事に詳しく書かれていました。

 

 

さらに柴山氏はB子さんという女性とも交際していました。

B子さんは外資系企業で働いており、夫と死別していました。再婚を考え2018年に婚活アプリを通じて柴山氏と知り合います。

19年春頃から恋人同士になったそうです。週刊文春にモザイクありですが、顔画像がありました。皇宮警察の白バイに跨っている様子です。

 

文春の報道だとA子さんB子さんの交際時期は重なっているので、奥さんを含め3股だったようです。

このB子さんも、柴山氏に皇居の中を案内してもらったと話しています。

デート気分で自分の職場を案内していたみたいですね。

その場では、A子さんは昔の彼女で、今は何の関係もないと説明した柴山氏。だが2日後にB子さんが「週刊文春」を読むと、実際は三股だったと分かった。

「柴山氏は『皇宮警察は品位を汚すようなことをしてはいけない』と言っていたような人なので二重にショックを受けています」(同前)

柴山氏に事実関係を確認しようと連絡したが返事なし。一方、B子さんの携帯にかけると、「柴山さんから慰謝料を渡されそうになりましたが、お断りしました」と憔悴した様子で言葉少なに語るのみだった。

皇宮警察本部に聞くと、「現在調査中であり、お答えは差し控えます」

かつてはパンチパーマで、何事にも動じない様子から秋篠宮から「大仏」と呼ばれていた柴山氏。今回ばかりは動揺を隠せなかった。

文春オンライン

3股がバレて現在柴山氏は大変な状況みたいですね。

ただ文春だと重婚トラブルとしていますが、厳密には重婚ではないようです。A子さんもB子さんも籍を入れていない内縁の妻ですね。

皇宮警察官の立場としては不適切かもしれませんが、不倫は当人同士の問題なのでどれだけ柴山氏が女性にだらしなくても構いません。

しかし、交際相手の女性を赤坂御用地に招き入れるのは許せません。

世間の反応

仕事も真面にやっていないから疲れない。故に精力が有り余ってしまい奥さんだけでは満足出来なくなり、2nd女性、3rd女性に走ったのだろう。きっとまだ関係している女性が居るんだろな。

 

A子B子さんに結婚を示唆していたら結婚詐欺になるよね。しかし、御用地内に女性と同伴していたら、必ず同僚にみられていて、噂になるはずなのに、身内に甘いのかな。

 

単なる不祥事で済まそうとしている。柴山さん切っておしまい。この直属の上司の監督としての責任はないのでしょうか?

 

重婚問題にもあきれますが、警備上の問題のほうが重大です。
明らかに内規に違反した行動ですし、解雇が妥当かと思います。
退職金も税金ですよ。
警備の担当者も同様です。

『柴山成一郎wiki経歴(年齢・階級)妻の顔画像や名前は?A・B子は誰?』についてまとめました。

かなりややこしい4角関係ですね。現在はもう柴山氏はA子さんとB子さんと別れているのか気になりますね。B子さんはもう愛想を尽かしているように思えます。柴山氏が結婚していたのを知らなかったみたいなので当然ですね。

A子さんもB子さんと一緒で柴山氏が結婚していたのは知らなとしたら、2人とも可哀想ですね。2人とも結婚したかったでしょうし。

タイトルとURLをコピーしました