関根拓の顔画像・wiki経歴|結婚相手(妻)や子供はいる?誹謗中傷で自殺【なぜ?】

トレンド
スポンサーリンク

料理人の関根拓さんが亡くなられたみたいです。

現在はパリで人気のレストラン「Dersou」のシェフを務めています。

パリでも超がつく有名シェフでした。フランスでフレンチではない料理を提供。目新しい料理のスタイルが有名で多くのメディアで取り上げられていました。

スポンサーリンク

関根拓の顔画像・wiki経歴


関根拓(せきね たく)さんは1980年生まれの39歳です。学歴:早稲田高等学院→早稲田大学政治経済学部

 

大学卒業後にカナダに留学します。その後「ベージュ アラン・デュカス 東京」に勤務。

フランスに渡り、パリ「アラン・デュカス・オ・プラザ・アテネ」で腕を磨き、二ツ星「エレーヌ・ダローズ」ではスーシェフを務めます。

2014年にはパリ12区に「デルス」をオープンし、「Omnivore 2015」で最優秀賞、またグルメガイド『Fooding』では、2016年のベストレストランに選ばれました。

幼少期から何事ものめり込む性格で、面白いと思ったら勉強もスポーツも趣味もとことんやらなきゃ気が済まない性格でした。

語学が好きで、高校時代にドイツ語を、大学時代にはイタリア語を習得します。ちゃんと現地で語学の勉強をしなきゃ駄目だと思い、シエナに2ヵ月の短期留学をします。留学先がたまたま語学料理学校だったために、今度は料理に興味を持つようになり、日本に帰国後シェフを目指すことになります。

料理で生きていくなら、英語とフランス語ができたほうがいいと考え、今度はモントリオールへフランス語の勉強をします。そして日本のレストランで勤務しますが、勤務先のシェフに料理人になるならちゃんと調理学校に通ったほうがいいとアドバイスを貰い、調理師学校で1年弱過ごします。

その後「ベージュ アラン・デュカス 東京」で3年半勤務後渡仏します。

フランスパリ12区でデルスを開業してオーナーシェフになるほどの凄腕シェフとなります。

フランス・パリでデルスのオーナーシェフ

◎ Dersou
21 rue Saint Nicolas 75012 Paris
☎ +33.(0)9.81.01.12.73
夜 火曜~土曜19:30~23:00
昼 土曜、日曜12:00~15:30
月曜、日曜夜休
メニュー 95ユーロ(5皿5カクテル)、115ユーロ(6皿6カクテル)、135ユーロ(7皿7カクテル)
最寄駅Ledru-Rollin

高級店というわけではなく、料理ジャンルの枠を超えた料理を提供しています。

料理のベースはフレンチでもそこにアジア料理の要素を取り入れたり、とにかく独創的な料理が特徴でした。

インスタでは料理の画像を公開しています。なかにはレシピ付きで紹介しているものもあります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Taku Sekine(@taksekin)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Taku Sekine(@taksekin)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Taku Sekine(@taksekin)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Taku Sekine(@taksekin)がシェアした投稿

結婚相手(妻)や子供がいる?

関根さんはインスタに息子さんの画像を投稿しています。

結婚について詳しく分かりませんでしたが、お子さんがいることから結婚はされていたみたいです。


奥さんらしき人物も確認できます。どうやら現地の人と結婚していたみたいです。

なぜ亡くらなれた?


どうやら誹謗中傷による自殺みたいです。しかも誹謗中傷の原因はデマ情報だったみたいです。許せませんね。デマを情報を書き込んだ人や誹謗中傷した人にしかるべき対処をしてほしいです。

関根拓さんはコロナ禍のなか自分のお店をいち早く休業して、医療従事者たちに向けた食事の提供をしていました。

素晴らしい人格者の関根拓さんがこんな形で亡くなられるとは悔しいです。

SNSでの噂、誹謗中傷、確証がないままのメディアによる告発は人の命を奪ってしまう危険性があります。むやみに情報を拡散させたり、誹謗中傷は絶対にやめましょう。

関根拓さんのご冥福をお祈り申し上げます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました