給食パンが詰まり小5男児死亡|小学校はどこで名前は?新潟県佐渡市

スポンサーリンク

7月7日、佐渡市の小学5年生の男子児童が給食のパンをのどに詰まらせ意識不明の重体になる事故が発生。

7月11日に意識不明となっていた男子児童が亡くなったことが判明しました。

そこで今回は『給食パンが詰まり小5男児死亡|小学校はどこで名前は?新潟県佐渡市』についてまとめていきます。

スポンサーリンク

事故概要

7月7日に市内の小学5年生の男児が給食の米粉パンをのどに詰まらせ意識不明の重体になる事故が発生。

男児の異変に気付いた担任教師が背中をたたくなどしますが、パンを取り出すことができず、男児は意識を失います。

心肺蘇生を試みますが意識は戻らず、ヘリコプターで新潟市内の病院に運ばれます。

7月11日に新潟県佐渡市は意識不明になっていた男児が同日未明に死亡したと明らかにしました。

小学校はどこ?

亡くなった児童が通っていた小学校ですが、現時点で学校名は公表されていませんでした。

新潟県佐渡市立小学校というのみしか分かっていません。

ニュース映像では学校の外観が報じられています。

しかし、外観からどこの学校なのかまでは特定には至っていないようです。

新潟県佐渡市にある市立小学校は全部で22校あるみたいです。

22校のうちのどれかの学校ということになります。

小5男児死亡:名前は?

亡くなった男子児童の名前は現時点で公表されていません。

亡くなった児童は米粉パンを一口で食べようとして、詰まらせてしまいます。

米粉パンは10㎝~12㎝ほどの大きさだったそうです。

今回の件について各関係者は次のようにコメントしています。

 

佐渡市教育委員会:新発田靖教育長
「再発防止に向けて、給食の食べ方について改めて各学校に指導を行い、安全な給食に努めて参りたい」
佐渡市教育委員会:森和人学校教育課長
「すぐ養護教師の心肺蘇生法を救急隊員が来るまでしっかり続けていたということで、私たちとしては不備はなかったというふうに捉えています」
佐渡市の渡辺竜五市長
「断腸の思いであり、申し訳ない。今回の事故を重く受け止め、このようなことが起きないよう、子どもたちの安心・安全確保に取り組んでいきたい」

世間の反応

痛ましい事故に
なりましたね。

 

重体との報道でしたが残念なことに亡くなられてしまったんですね…。この様なまさに不慮の事故でお子様を亡くされるご家族は本当にお辛いですね。まさかと言う事故が起こりうると改めて思い知らされますね。

 

なんとか助かって欲しかったけど。亡くなってしまったのか…親御さんはやりきれないだろう。ご冥福をお祈りします。

 

同じクラスの子達の精神的なダメージも心配ですね。
友達が亡くなるだけでも辛いのに
苦しむのを見てたかもしれないので。

タイトルとURLをコピーしました