佐藤優作のインスタ顔画像や彼女(犯人)の名前|青森出身で江戸川区の自宅で同棲

スポンサーリンク

1月9日、東京・江戸川区のアパートで、佐藤優作さん(25)が同居する19歳の少女に刃物で刺され、死亡した事件について、週刊文春が詳細を報じました。

19歳の少女は、

「(佐藤さんから)逃げたい一心で刺したが、殺すつもりはなかった」

「彼(佐藤さん)が怖くなって…」

と供述していると報道されていましたが、文春の報道によると、別の事情があったみたいです。

スポンサーリンク

佐藤優作のインスタアカウントと顔画像

文春が佐藤優作さんのインスタアカウントから引用した顔画像を掲載。

この顔画像から、

インスタアカウントが特定されました。

佐藤さんの姉や友人の顔画像も掲載されていたので、アカウント名の公表は控えます。ご容赦ください。

 

佐藤さんおインスタ投稿からは交際していたとされる19歳少女についての投稿はありませんでした。

 

佐藤優作の彼女(犯人)の名前

佐藤優作さんのインスタアカウントは特定できましたが、19歳の少女についての投稿がなかったため、特定には至りませんでした。

文春の報道によると、佐藤さんと19歳少女は地元青森県で交際をはじめ、19歳少女が上京を希望したため、2021年4月に上京。

 

東京都江戸川区篠崎町1のアパートで同棲生活をスタート。

 

 

当初、職業不詳と報道されていた佐藤さんは建設会社で働いていたそうです。

「優作さんは昨年4月からうちの建設会社で働き始めました。職場の先輩と一緒に釣りに行ったり、奄美や沖縄への社員旅行でも楽しそうにしている明るい子でした。先輩社員の家に集まる飲み会でも、率先して人形で子供たちと遊ぶような面倒見のいいところがあり、青森から持ってきたりんごを『食べきれないのでお子さんにどうぞ』と配ってくれる気づかいもできるいい子でした」

しかし佐藤さんは、職場で交際相手の少女とうまくいっていないと相談することも多かったという。

Yahooニュース

 

東京での仕事は順調だったみたいですが、

どうやら19歳少女に佐藤さん以外に好きな人が出来たみたいです。

 

スポンサーリンク

19歳少女と佐藤優作さんの恋愛トラブルの経緯

19歳の少女は上京してからクラブに行って朝まで帰ってこなくなったり、未成年なのに家でたばこを吸うなど素行不良になります。

そして、同棲スタートから3カ月ほどが経った2021年夏に優作さんと少女の関係に決定的な亀裂が入ります。

少女が佐藤さんに「他に好きな人ができた」と突然別れ話を切り出してしまいます。

少女は東京で知り合ったアメリカ人男性のことを好きになり、それがきっかけで佐藤さんと少女は別れたそうです。

しかし少女はコールセンターで働いていたもののお金に余裕がなく、未成年なので物件を1人で契約するのも難しかったため、同居を余儀なくされていました。

佐藤さんは少女が『今から物件を探すから』というのを信じて同居を続け、『アメリカ人男性と2022年2月に渡米する』と少女が言い出した矢先に事件が起きてしまいました。

19歳少女と佐藤優作さんは地元の青森で知り合いに交際に発展

少女の希望から上京し、東京江戸川区のマンションで同棲生活を2021年4月から開始。

2021年夏頃に少女が東京で知り合った外国人を好きになり、佐藤さんに別れ話を切り出す。

2人は別れたが、19歳少女はお金に余裕がなく、未成年で物件の契約も難しかったため同居生活は続く

自宅マンションの名義は佐藤優作さんで、家賃も光熱費も全て佐藤さんが払っていたが、少女に『男と電話するから出て行って』『家に帰ってこないで』などの暴言を吐かれる

佐藤さんは少女との同居生活について職場の同僚に相談

少女が2022年2月に好きになったアメリカ人男性と渡米することになり、やっと同居生活が終わるかに思えた矢先に佐藤さんが少女に刺され死亡。

 

犯行動機は?

少女の犯行動機については依然として不明。

文春でも詳しく報じられていませんでした。

19歳の少女は、

「(佐藤さんから)逃げたい一心で刺したが、殺すつもりはなかった」

「彼(佐藤さん)が怖くなって…」

と供述していましたが、実際は佐藤さんが頻繁に家から追い出されていたそうです。

「仕事を終えて家に帰ってきた優作さんに、少女は『男と電話するから出て行って』『家に帰ってこないで』などと言ってよく追い出していたようです。1日働いて疲れているのに、近所の公園で何時間も待たされることもしばしばでした。可哀そうになって何度か家に呼んで夕飯を一緒に食べたこともあるのですが、その時も『家に帰りたくない』と漏らしていましたね。そもそも家の名義は優作ですし、家賃も光熱費も全て優作が払っている。それなのに『出ていけ』と言われるのはつらかったでしょうね」

 

 

これが事実であれば、19歳の少女が身勝手にも程があります。別れた後も散々元カレを振り回して、なぜ刺すという行動に出たのか理解不能。

佐藤勇作さんは優しい人だったのに・・・こんな結果になって残念です。

 

 

佐藤さんは19歳の少女の親とも連絡を取る関係だったみたいですが、

少女の親は娘が佐藤さんと別れた事や、アメリカに渡米することを知っていたのでしょうか?佐藤さんは職場の同僚には少女との関係を相談していたそうですが・・・

 

親はどうして娘を引き取らなかったんだろう。交際関係にあっただけの青年、それも娘の身勝手から別れて何の義理も無い男の子に娘を養わせて、何故放置出来たのかなぁ。

 

知っていたとしたら、少女の親もヤバいですね

 

 

 

優作さん、優しいにもほどがある
こんな相手に優しくするなんて

 

19歳の加害者の実名報道を願う!
最初の報道から憶測で被害者が悪者扱いされてたけど、真相がわかるにつれ加害者の19歳の自己中な犯行動機が見えてきた。

 

 

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました