里田まいが選んだ幼稚園はどこで特定は?都内のプリスクールに通う

スポンサーリンク

里田まいさんの夫・田中将大投手が楽天に復帰することになり、一家そろって日本に戻ったのが話題になりましたね。

現在は田中夫妻の子供の幼稚園について話題になっているみたいです。2人の間には5歳の男の子と、1歳の女の子がいます。

そこで今回は、『里田まいが選んだ幼稚園はどこで特定は?都内のプリスクールに通う』についてまとめていきます。

スポンサーリンク

田中夫妻の日本での生活は?

アメリカから日本に戻ってきた田中将大投手と里田まいさんですが、東京都内に家族で住んでいるようです。

田中将大投手は仙台と東京を行き来する単身赴任に近い形をとるそうです。

理由はお子さんの教育環境を考えての事です。5歳と1歳の子で、海外で育っています。また将来アメリカに戻ることも考えると、東京の幼稚園に通わせた方が賢明でしょう。

単身赴任と言っても東京⇆仙台の距離なのでメジャーの移動と比べたら楽でしょう。

里田まいが選んだ幼稚園はどこで特定は?都内のプリスクールに通う

里田まいさんが選んだ幼稚園が気になりますね。

いったいどんな幼稚園なのでしょうか?

女性自身では、
・都内の幼稚園
・授業料は年間200万円
・プリスクール

と報道されています。プリスクールは日本では英語を使う環境のなかで未就学児の保育を行う施設という意味です。

5歳の長男もニューヨークで幼稚園のような、スクールに通っており、日本のプリスクールと環境が似ているので、子供も戸惑わなくてすみますね。

里田まいさんが選んだ幼稚園ですが、残念ながら特定はされていないようです。

というのも幼稚部のプリスクールの授業料は年間150万〜200万円ほどかかります。

つまり里田まいさんが選んだプリスクールの授業料年間200万円はプリスクールにとっては普通の値段です。別段高くはありません。もちろん授業料が100万円前後の安いプリスクールもあります。

そのため候補が多いので特定は難しいです。

スポンサーリンク

世間の反応

年間200万は高くないよね。それに仙台と東京なんてアメリカに住んでいたなら、なんて事ない距離だし。ちゃんと考えた堅実な選択ですね。

 

プリスクールは良いですよね。小さい時から何でもさせてくれるので早くから自立心やしっかりした子供になる。遅くまで預かってくれたり親の融通も聞くし良い先生が多い。

 

アメリカで出産されたら、お子さん達はUSパスポートを持っているし、子供達の将来を考えたら英語の環境に置かせたいと思う。
上のお子さんは、きっと普通にインターでやっていけるレベルだろうし。

 

逆に年間30万円の所にいってたらそれもそれでビックリだわ。
金持ってる人には金を使ってもらわないと。

タイトルとURLをコピーしました