笹生優花のwiki経歴|父親の職業は?高校はどこ?飛距離がスゴイ!

スポーツ
スポンサーリンク

日本女子ゴルフ界の期待の若手笹生優花(サソウ ユウカ)選手。

まだ19歳と若ですが、多くの大会で好成績を収めており、今後の活躍が注目されています。

今回は笹生優花選手のwiki経歴、父親の職業、家族構成、出身高校について調べていきます。

スポンサーリンク

笹生優花wiki経歴

名前:笹生優花(サソウ ユウカ)
生年月日 :2001年6月20日 19歳
身長:166cm
体重:63㎏
血液型:B型
出身地:フィリピン共和国
学校:代々木高等学校
得意クラブ:ドライバー
ゴルフを始めた時の年齢:8歳
ゴルフを始めた動機: 父の影響
憧れの人物:ロリー・マキロイ

 

父の影響で8歳からゴルフを始め、14歳で出場したフィリピン女子ツアーではプロ選手が多くいるなか、優勝します。

2018年「アジア大会」の女子個人戦で金メダルを獲得。

19年に初めて開催された「オーガスタ女子アマ」では3位に入る。

同年、日本女子プロゴルフ協会のプロテストに合格。

プロテスト合格後はジャンボこと尾崎将司の「ジャンボ尾崎ゴルフアカデミー」に参加。

ジャンボ尾崎さんの元でゴルフの腕を磨いています。

 

 

笹生優花選手は19歳と若いですが、すでにプロの試合で優勝争いを経験しています。

昨年フィリピンでもプロの試合でパク・ソンヒョンと優勝争いしており、2018年「アジア大会」の女子個人戦で金メダルの後にアメリカのアマチュア試合も2度優勝しています。

同年代の中でこれほど優勝争いを経験しているのは笹生優花選手だけです。

飛距離が武器でドライバーの平均飛距離は260ヤード。将来は「世界一になりたい」とし、「日本で経験を積んでから、米国でトライしたい」と見据えています。

今後の活躍が期待されますね。

父親の職業・家族構成

両親が日本人の父とフィリピン人の母なので笹生優花選手はハーフです。

両親の詳しい職業は分かりませんでしたが、8歳の夏に父に連れられ、きょうだい3人でゴルフを始めたそうです。

弟と妹がいて、笹生優花選手が一番ゴルフが下手だったそうです。

 

父親の名前は正和さん。日本刀が好きで、正和さんが時代劇を見ていた影響から笹生優花選手も興味を持ち、抜刀や納刀をやってみたかったと語っています。

小さいころから日本刀専門店「銀座長州屋」にも通っており、その縁からスポンサーになってもらったそうです。

 

笹生優花選手は6歳でフィリピンから日本に移住、小学校3年から再びフィリピンに戻っています。

理由は小学3年生の時に、笹生優花選手がゴルフのプロ選手になることを決めて、それならゴルフ環境が良く経済的にも負担の少ないフィリピンでということになり、父親に連れられ故郷に戻ります。

娘さんのゴルフの為にまた海外に戻るとはすごいですね。

笹生選手がここまでやってこれたのも、親御さんのバックアップがあったからですね。

高校は代々木高等学校

笹生優花は代々木高等学校出身です。

代々木高校アスリートゴルフコース所属していました。

 

ゴルフ大会の出場を優先させながら、スケジュールを調整して学習を進め、高校卒業に必要な単位を取得するコースで、笹生優花選手にピッタリのコースですね。

 

学習面においては、個別英会話、スペシャルセミナーにおいて有名トレーナーの講義や、メンタル、栄養学、マスコミ学など幅広い講義も用意されています。

 

国内の高校生大会の他にも、ジュニアトーナメントへの参加・プロトーナメントへの推薦や、アジアを中心に海外での試合出場を行っています。

 

高校卒業後は米国の大学への進学も考えたそうですが、日本でのプロ生活を選びました。

日本でたくさん経験を積んで、大丈夫と思えたら米ツアーに行って、世界一になりたいです」と語っています。

日本人としては日本でプレーしてくれて嬉しいですが、ファンの間では早くアメリカでのプレーを見たいという声もあります。

ファンにとっては日本でのプレーも見たいですし、アメリカでのプレーも見たいと悩ましいですね。

まとめ

笹生優花選手のwiki経歴、父親の職業・家族構成、高校についてまとめました。

まだ19歳と若いですが多くの大会で優勝争いを経験しており、今年からプロ転向。

今後の活躍が注目されています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました