幸田勇治の顔画像・facebookは?包丁を持ち暴れて警察官に撃たれる

スポンサーリンク

富山市内の路上で刃物を振りかざしてきた男性が警察官に撃たれて死亡したことが報じられました。

亡くなった男性は無職の幸田勇治容疑者(38)です。

幸田勇治容疑者は男性警察官に対し、「刺してやろうか」と言いながら刃物を向け迫ってきたため、やむなく警察官が発砲しました。

今回は『幸田勇治の顔画像・facebookは?包丁を持ち暴れて警察官に撃たれる』についてまとめていきます。

スポンサーリンク

包丁を持ち暴れた男性が警察官に撃たれる

22日午前3時40分頃、富山市飯野の路上で、富山県警富山中央署地域課の男性巡査部長が、包丁(刃渡り約20センチ)を突き出して向かってきた男に拳銃を1発発砲し、男の胸に命中した。男は病院に搬送されたが、約50分後に死亡が確認された。

同署の発表によると、男は、近くに住む無職幸田勇治容疑者(38)で、午前3時30分頃、母親が付近住民を通じて「息子が暴れている」と110番。警察官2人が駆けつけ、包丁を手にしていた幸田容疑者に巡査部長が「包丁捨てろ」などと拳銃を構えて警告したという。しかし、「刺してやろうか」などと言いながら約5メートルの距離まで近づいてきたため、巡査部長は拳銃1発を発砲した。

同署の奥村武志副署長は「今回の拳銃使用は適正な職務執行だったと考えている」と話している。Yahooニュース

事件があったのは富山市飯野の路上です。

3月22日午前3時半頃に幸田勇治の母親が近所の住民に『息子が暴れているので通報してほしい』と依頼。

自宅近くの路上に駆け付けた男性警察官に対し、幸田勇治容疑者が包丁を持ち「刺してやろうか」と言いながら迫ります。

警察官が「包丁捨てろ。撃つぞ」と警告しますが、約5メートルの距離まで近づいてきたため、やむなく発砲。

幸田勇治は胸に被弾し、病院に運ばれましたが、その後死亡が確認されました。

亡くなられた幸田勇治には悪いですが、警察官の発砲は致し方なし。発砲を躊躇し、刺されて拳銃奪われる可能性もありました。

また、他の住民に被害が及ぶ可能性もあったのでしょうがないと思います。

幸田勇治の顔画像・facebookは?

名前:幸田勇治
年齢:38歳
住所:富山県富山市
職業:無職

現在、顔画像は公表されていません。

そこで、幸田勇治容疑者のfacebook・インスタ・ツイッターなどのSNSアカウントを調査しましたが、幸田勇治容疑者のアカウントと特定できるものは見つかりませんでした。

幸田勇治の母親に依頼されて通報した近所の女性の話だと、

幸田勇治容疑者と最近はほとんど面識がなかったそうです。

事件現場はJR富山駅から北東へ約4キロの住宅地です。グーグルで事件現場付近を調べましたが、のどかな住宅街が広がっています。

地域の繋がりも強そうですが、幸田勇治容疑者と近所の女性と面識がなかったということは、幸田勇治容疑者引きこもっていたのかもしれないですね。

世間の反応

一般市民が被害者になる前に発砲したのでこれは正当な職務行為だね。
マスコミが印象操作しようとする傾向があるので事件の内容をきちんと見ないと
いけない。

 

正当な権利と業務の行使

 

発砲行為は適切だけど、お母さんのことを考えてしまうよね。

 

警察官も仕事とはいえ、撃ち殺したくはなかっただろうな。

奥村武志副署長は「今回の拳銃使用は適正な職務執行だったと考えている」と話しています。

個人的には警察官の発砲行為は適切だったと思いますが、母親の気持ちを考えると、息子さんが亡くなったわけですから、気の毒ですね。

誰も怪我無く事が収まって欲しかったですが、仕方ないですね。

亡くなった幸田勇治さんのご冥福をお祈り申し上げます。

タイトルとURLをコピーしました