桜田淳子の夫(旦那)と娘|合同結婚式と現在・若い頃の写真

スポンサーリンク

今回は1973年からアイドルとして活動していた桜田淳子さんについて取り上げます。

安倍晋三氏が亡くなったことにより、統一教会に注目が集まり、桜田淳子さんが1992年に統一教会の信者として合同結婚式に参加していたことが再び話題になっています。

そこで今回は桜田淳さんの家族や現在と若い頃についてまとめていきます。

スポンサーリンク

桜田淳子の夫(旦那)

桜田淳子さんはかつて、森昌子さん、 山口百恵さんとともに「花の中三トリオ」 として大人気に。

 


「ジュンペイ」と言う愛称で人気だった桜田淳子さんは、女優としても活躍していた1992年に突然、「統一教会」の信者であることを告白します。

 

結婚とともに芸能界から離れる事になります。

 

桜田淳子さんが結婚した旦那さんの名前は東伸行さんです。

 

馴れ初めは統一教会の「合同結婚式」でした。

 

桜田淳子 旦那 結婚式 画像

東伸行さんは兵庫県西宮市出身。

桜田淳子さんの3歳年上で、会社経営者から投資家に転身しています。

 

東伸行さんは、もともと父親が創業していた会社を継いでいましたが、兵庫県の西宮市に移り、大阪にある会社で営業マンとして働きます。

 

その後、2004年には家族で東京に移り住み、投資家に転身しています。

 

東伸行さんは、2016年に統一教会を「脱会」したと噂になったことがありますが、真偽不明となっています。

桜田淳子の娘

1992年:結婚
1993年:長男出産
1996年:長女出産
1998年:次女出産
2000年:兵庫県西宮市(夫の実家)に転居
2004年:都内のマンションに転居

 

桜田淳子さんは結婚後、3人の子宝にめぐまれています。

ネット上では長女が女優の桜田ひよりさんではないかと話題になっていますが、生まれた年が違うので母娘関係ではありません。

 

桜田淳子さんは2006年に「アイスルジュンバン」というエッセイ集を出版しています。

そのエッセイによると、桜田淳子さんは自宅で3人の子供を出産されたようです。

桜田淳子の合同結婚式

桜田淳子さんは1992年8月25日に行われた統一教会の合同結婚式で結婚。

合同結婚式は韓国ソウルのオリンピックスタジアムで行われ、新体操のスター山崎浩子の姿も確認されています。

 

合同結婚式の写真は日本のテレビで何度も取り上げられ、話題になりました。

 

 

桜田淳子の現在・若い頃の写真

桜田淳子さんは14歳で歌手デビュー。

「わたしの青い鳥」をはじめ「夏にご用心」「気まぐれヴィーナス」「サンタモニカの風」などが次々とヒット。

70年代を代表するトップアイドルのひとりにのし上がりました。

この人気絶頂期の19歳頃には、すでに旧統一教会に入信していたといわれています。

もともと桜田淳子さんの姉が信者だったことがきっかけで入信したといわれています。

 

 

桜田淳子さんは結婚を機に表舞台から姿を消します。

 

桜田淳子の現在

 

2018年頃に桜田淳子さんがラジオに出演したり、ボランティア活動をしている姿が確認されています。

 

統一教会信者の桜田淳子の2018年現在の姿画像

 

 

2022年現在も表だった芸能活動はできていない状況のようです。

 

 

桜田淳子さんが統一教会を脱会したという噂があります。

 

昨年、ある地区教会の幹部信者が“夫のNさんは脱会した”と話した、という情報がもたらされたんです。もともと、Nさんは教団で役職に就くような幹部信者ではありませんし、

(引用:jprime.jp/2017年4月)

 

これが事実であれば、桜田淳子さんも一緒に脱会していてもおかしくないと言われています。

 

それに伴い、桜田淳子さんが離婚したという噂もありますが、

 

桜田淳子さんのHPを運営する代表者によると、

現在も(教会を)脱会してませんし、夫婦仲も変わっていないと聞いています

(引用:news-postseven 2022年7月20日)

脱会・離婚もされていないそうです。

スポンサーリンク

 

タイトルとURLをコピーしました