酒田元洋wiki経歴と学歴(出身高校・大学)妻や子供はいる?

スポンサーリンク

10月11日に高山市の北穂高岳の標高およそ2700メートル付近で、落石の下敷きになった男性の遺体が発見された事故で、

亡くなった男性の身元が内閣府大臣官房審議官:酒田元洋氏と24日に明かされました。

そこで今回は酒田元洋氏の経歴についてまとめていきます。

スポンサーリンク

酒田元洋が亡くなる

酒田元洋氏は登山が趣味で、18日から2泊3日の予定で長野県側から入山。

9月20日に酒田元洋氏の家族が長野県警に「連絡が取れない」と通報。

警察は9月20日から酒田元洋氏を捜索していましたが、見つからなかったため1週間で捜索を打ち切っており、

その後、酒田さんの家族が依頼した民間会社が捜索を続けます。

10月11日正午ごろ、酒田さんの遺体は山頂から西へ約300メートル離れた滝谷と呼ばれる場所で発見され、

死因は多発外傷で、滑落したか、落石に巻き込まれた可能性があるとのこと。

高山市では19日午後5時18分ごろ、震度4を観測する地震があったが、酒田元洋氏の事故死との因果関係は不明としています。

 

落石の下敷きになった男性の遺体見つかる…北穂高岳で9/19から行方不明の男性か 同日に震度4の地震(東海テレビ) - Yahoo!ニュース
 岐阜県高山市の北穂高岳で、落石の下敷きになった男性の遺体が見つかり、警察は登山に訪れて行方不明となっている50代の男性とみて、身元の確認を進めています。  10月11日正午ごろ、高山市の北穂高岳

酒田元洋wiki経歴と学歴(出身高校・大学)

酒田元洋さんの詳しい学歴は不明でしたが、

毎日新聞によると、西宮市出身で川西氏育ち。

出身大学は東京大学のようです。

東大卒業後の詳しい経歴は不明ですが、内閣府の人事異動記録によると、

 

官民人材交流センター総務課長、官房参事官 総務課および政策評価広報課担当(2012年~)

官房参事官 総務課および政策評価広報課担当(2013年7月~)

内閣広報室内閣参事官(2013年8月~)

官房参事官(2016年~)

官房総務課長(2018年~)

経済社会総合研究所総括政策研究官兼官房審議官兼子ども・子育て本部審議官(2020年~)

内閣審議官(2021年~)

このような経歴になっています。

2011年以前の詳しい経歴は不明でした。

酒田元洋氏といえば、桜を見る会の野党合同ヒアリングで答弁したことで、当時話題になりましたね。

当時は酒田氏は官房総務課長を務めていました。

スポンサーリンク

妻や子供はいる?

酒田元洋氏の結婚についてですが、詳しいことは不明でした。

53歳という年齢を考えると、結婚していてもおかしくないですね。

9月20日に酒田元洋氏の家族が長野県警に「連絡が取れない」と通報しているので、誰か家族と同居はしていたとは思います。

通報した家族が酒田元洋氏の父親、母親、妻なのかは不明です。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました