坂口直顕(帽子デザイナー)の年収・顔画像・wiki経歴|石田ゆり子は熱愛否定

トレンド
スポンサーリンク

石田ゆり子さんがサラヴァ帽子職人の坂口直顕さんと『お見合い』したと報じられました。

相手は帽子デザイナーの坂口直顕さん。

帽子ブランド『サラヴァ』のデザイナーです。

帽子のデザイナーで食べていけるのはすごいですね。天才なんでしょうね。

今回は坂口直顕(帽子デザイナー)の年収・顔画像・wiki経歴、制作された帽子の画像をまとめます。

スポンサーリンク

石田ゆり子が坂口直顕とお見合い

「石田さんは窓際のテーブル席に、4人で座っていました。雰囲気的に、年配の女性2人に年下の男性を紹介してもらっている感じでしたよ。仲介者の女性が男性に向かって“あなた、石田さんを前に緊張してるんじゃないの?”なんてからかうと、石田さんは“もう、そんなこと言わないでくださいよ~”と、男性をかばいながら恥じらう笑顔が、とってもかわいらしかった。まるでお見合いのような雰囲気でしたよ」(居合わせた客)

この時期は、新型コロナウイルスの影響で中断していた仕事も再開。忙しい合間を縫って石田がわざわざ会いに行ったこの男性は、いったい誰なのか。

「彼は、新進気鋭の帽子ブランド『サラヴァ』のデザイナー・坂口直顕(なおあき)さん(41才)です。この日、石田さんとは初対面だったそうですよ」(芸能関係者)

NEWSポストセブン

坂口直顕の経歴

 

この投稿をInstagramで見る

 

WORK NOT WORK(@worknotwork_style)がシェアした投稿

名前:坂口直顕(さかぐち なおあき)
生年月日:1979年6月7日 41歳
職業:帽子デザイナー 帽子ブランド『サラヴァ(Saravah)』デザイナー

 

帽子職人になったのは、身近に靴を作っている友人がいて、モノづくりに興味を持ったそうです。

自分で作るなら帽子だろう、と思った。帽子っていわゆる画竜点睛というか、仕上げにかぶって初めて完成する世界観がある。何か、不思議な力のようなものを感じていたんです。

自分でモノづくりをするなら帽子だろうと感覚でで決めたみたいです。

デザイナーらしい感覚ですね。

 

帽子デザイナーを志すと決めてから、国内帽子アトリエにて職人に師事し、帽子製作を学ぶます。

制帽やオーダーメイド帽子、舞台衣装の帽子製作に携わった後、2013年にオリジナルブランド〈サラヴァ〉をスタートします。

34歳と若いのに帽子ブランドを立ち上げるとはすごいですね。

お客さんや同業者からも評判は好評のようです。

帽子づくりにはこだわりがあり、自分の仕事着から

 

坂口直顕さんはFacebookのアカウントを持っていますが、は公開範囲が「友達」のみに限定されているため大学、高校など詳細な経歴は不明でした。

坂口直顕の年収は?

帽子デザイナーの平均年収は350万円とあまり多くありません。

しかし、人気デザイナーとなれば年収が1000万円を超えるそうです。

デザイナーの腕前、人気による実力の世界です。

坂口さんは自分のブランド『サラヴァ』を立ち上げているので年収1000万円は余裕で超えていると思います。

坂口直顕さんが作る帽子

 

この投稿をInstagramで見る

 

Saravah_Hat(@saravah_hat)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kanda Ami(@kanda.ami)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

KOKORO(@kokorostore.jp)がシェアした投稿

オシャレな帽子ですね。

石田ゆり子さんも坂口さんが制作した帽子をかぶっています。似合っていますね。

他にもオーダーされたみたいなので、もしかしたらインスタに投稿されるかもしれませんね。

 

Saravah(サラヴァ)は、職人ならではの1点1点繊細な手仕事で形作られたプロダクトが特徴で、従来の帽子ブランドとは一線を画しています。

帽子の素材は基本的に昔から変わっていないようで、冬はウールやアンゴラ、夏だったらストローや綿を使用しているみたいです。

従来の素材に坂口さん独自のテイストを加えて作っているみたいです。

しかし、今後はもっと素材から開発したり、新しいアプローチができたらと考えているそうです。

新しいものに挑戦するという、アーティストらしい考えですね。

 

 

石田ゆり子さんと坂口直顕さんは初対面だったようですが、2人の雰囲気はよかったみたいです。

もしかしたら交際に発展して結婚もあるかもしれませんね。

世間の反応

年齢的にも結婚に拘ってないでしょ。

独身なんだし、自由に恋愛する権利がある。

そもそもご飯行っただけで大袈裟です。
10代のアイドルでもないんですから。

ただの食事に思えますが、、、これだけの事実から、お見合いまで発展させる記事に仕上げる記者が怖い。記事を売るために必死なのかもですが、これじゃ芸能人は外で打ち合わせもできない、やり過ぎです。

石田さんには楽しく過ごして欲しいけど、
結婚はして欲しくないです。

自分は既婚者なので、言えた義理ではないですが。

まとめ

坂口直顕(帽子デザイナー)の顔画像・wiki経歴についてまとめました。

お見合いというよりは仕事の打ち合わせではという意見も多いですね。

しかし、最近石田ゆり子さんも「20代で結婚するつもりだった」「こうなりたくてなったわけではない」と発言しています。

もし気が合う相手がいらしたら、結婚されるのもいいと思います。

「話は飛びますが」と書き出したのが、自身の記事に関する苦言だった。「とある食事の席が お見合い、と言われてるらしいと聞きました。」と人づてに記事のことを知った石田。「あの… ほんとにそういう、根拠のない記事を書くのを やめてください。」と訴えて、「もう、呆れるしかないです。なんというか もう、言葉もありません」と絶句して最後に涙を流す顔の絵文字で結んでいる。

Yahooニュース 

 

石田ゆり子さんがお見合いを否定されました。仕事関係の打ち合わせか、知人同士での食事みたいですね。

閲覧ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました