リアム・スカーレットwiki経歴|死因は何?セクハラ・パワハラ疑惑【顔画像】

スポンサーリンク

英王立バレエ団「ロイヤル・バレエ」の元アーティストのリアム・スカーレット氏が亡くなったことが報じられました。

英国の人気振付師として活躍中でしたが、35歳という早すぎる死ということで国内外で悲しもの声が広がっています。

今回は『リアム・スカーレットwiki経歴|死因は何?セクハラ・パワハラ疑惑』についてまとめていきます。

スポンサーリンク

リアム・スカーレットwiki経歴【顔画像】

イギリス・スカーレットはサフォーク州イプスウィッチ生まれの35歳

4歳でダンスを始め、8歳でロイヤル・バレエ学校に入学。

2005年に卒業と同時にバレエ団に入団。

2008年からはファースト・アーティストとして活動。

26歳の2012年にダンサーを引退してロイヤル・バレエ団のアーティスト・イン・レジデンスに就任して振り付けを手掛けてます。

しかし、2020年1月30日に英国の有力紙「ザ・タイムズ」がセクハラ疑惑で活動を禁止していると報じます。

セクハラ疑惑以外にもパワハラ疑惑も浮上していました。

2020年3月にリアム・スカーレット氏にセクハラ・パワハラ疑惑によりロイヤル・バレエ団を解雇されました。

死因は何?

リアム・スカーレット氏の死因は不明です。

外国のメディアでも現時点では亡くなった理由について触れられていません。

亡くなったのは2021年4月16日ではないかとうことしか分かっていません。

Det Kongelige Teater aflyser forestilling på grund af krænkende adfærd
Læs mere her.

4月16日に上演予定だったリアム・スカーレット氏の作品がキャンセルになったという報道が出ています。

 

ロイヤルを解雇されたのは昨年だが、今月になってフランケンシュタイン上演予定だったデンマーク王立バレエにもレッスン中の不適切な行為からキャンセルされたのが命を絶った原因か‥。
振付家にとって作品が上演されないことは羽根をもがれたも同じ。
しかも原因が自身の性癖ということでは周りのフォローも難しい。

 

SNSやメディアでも自殺ではないかと噂になっていますが、真偽は不明です。亡くなった理由が自殺と決めつけるのよくないです。

スポンサーリンク

セクハラ・パワハラ疑惑について

リアム・スカーレット氏のセクハラ疑惑の内容はロイヤル・バレエ学校の学生に対する性的不正行為です。

学生からの告発で発覚したようです。

他にもスタッフやダンサーに対するパワハラ疑惑も浮上していました。

Royal Ballet choreographer Liam Scarlett has been suspended
The Royal Ballet's choreographer Liam Scarlett, 33, has been suspended over sexual misconduct allegations and banned from Covent Garden.

しかし、リアム・スカーレット氏のセクハラ・パワハラ疑惑の真相は不明です。

セクハラ・パワハラの証拠が見つからず刑事事件になることはありませんでした。

ただ、2020年3月にリアム・スカーレット氏ロイヤル・バレエ団を解雇されたので、それなりによくない行為はしていたのかもしれません。

もう亡くなってしまったので真相は分からなくなりました。

世間の反応

生前、彼と個人的に親しかった人は多い(平野さんも含め)ので、
ロイヤルのダンサーたちもかなり辛いはず。
解雇の決断を下したケヴィン・オヘアも、辛いでしょう。
かく言う私も哀しい。。。
何とかやり直せなかったものか。。。

 

天才は周りを凌駕していくんだけど、、続ける長く続けるって周りとの共存も協力も必要なんだよね。
引退の理由はさておき
ご冥福をお祈り申し上げます。

 

才能ある人だったのに、、、多分、自死に近いのではないかなあ。
セクハラの疑惑があったとは聞いているが、これだけの才能と芸術の世界に恩恵をもたらした貢献と実績があるなら、再出発させてあげれられなかったものかと悔やまれます。

 

正欲を一気に半分くらい読んで、思考が止まらなくなってきたので今日はもうやめようとツイッターを開いたらリアム・スカーレットの訃報が飛び込んで来て、今はただ早く雨が止んでほしい

タイトルとURLをコピーしました