19歳女子学生の顔画像や名前の特定は?大阪外語専門学校で職員が刺される【画像・動画】

スポンサーリンク

2月16日午後2時50分頃、大阪市中央区の大阪外語専門学校で女子学生(19)が女性職員を刃物で刺す事件が発生。

大阪府警は殺人未遂容疑で女子学生(19)を現行犯逮捕しました。

今回は『19歳女子学生の顔画像や名前の特定は?大阪外語専門学校で職員が刺される【画像・動画】』についてまとめていきます。

スポンサーリンク

大阪外語専門学校で職員が刺される【画像・動画】


19歳の女子学生に刺されたのは、大阪外語専門学校の女性職員(49)です。校内の4階から5階の踊り場で背中を複数カ所刺され、病院に搬送され治療を受けています。

19歳の女子学生も大阪外国語専門学校の生徒です。

【速報】専門学校で女性職員がナイフで刺される 背中を複数回 19歳の女子学生を逮捕 大阪市・中央区(関西テレビ) - Yahoo!ニュース
16日午後、大阪市の外国語専門学校で女性職員が刃物で背中を刺され、病院に運ばれました。 この学校に通う19歳の女子学生が現行犯逮捕されました。 16日午後3時前、大阪市中央区の大阪外語専門学校から

搬送されるとき意識があったそうなので、命に別状はないと思いますが心配ですね。

女子学生は刺したことを認めており、ニュースだと『女子学生は好意を抱き痴情のもつれで刺したという趣旨の話をしている』とあります。

19歳女子学生の顔画像や名前の特定は?

19歳の女子学生の名前や顔画像は特定されていません。19歳なので実名は報道されないかもしれません。

18歳と19歳は「特定少年」 起訴後は実名報道の可能性
事件を起こした、18歳・19歳は「特定少年」と呼ばれることになるとみられる。民法上の成人年齢が、2022年4月から18歳に引き下げられることから、これまで少年法の対象年齢についても議論が重ねられてきた。法務省は、今国会に提出する予定の少年法改正案で、20歳未満について、これまで通り「少年」と位置づけたうえで、民法上「成...

法務省は、今国会に提出する予定の少年法改正案で、20歳未満について、これまで通り「少年」と位置づけたうえで、民法上「成人」となる、18歳・19歳の呼称を「特定少年」とする方針。

「特定少年」は、成人と同じように刑事責任を問う犯罪の対象が拡大されるなど、厳罰化されるほか、起訴後の実名報道が可能となる見通し。

少年法改正で厳罰化が進んでいますが、まだ適用はされていません。今でも重大事件は社会派週刊誌が実名報道することはありますが、今回の事件は難しい気がします。

事件現場は大阪外語専門学校

学校名の通り外国語を実践的に学ぶ専修学校です。1年制の課程と2年制の課程があり、主に英語を学びます。他には韓国語や中国語を学べる学科も設置されています。

卒業生は語学力が求められる職種へ就職しています。
例)翻訳家 通訳 ホテル 観光業 旅行業界

スポンサーリンク

世間の反応

何やら複雑な事情がありそうだな。それにしても4か所も刺すなんて…これで「殺意がない」とか「未成年だから」なんて理由で軽い罪になるのなら納得行かない。

 

もしかしたら一方的な好意を拗らせた犯行かもしれない。それだったら私情のもつれなんかじゃないし。感情の一方通行な押し付けで全然もつれていない。ただの悪質なストーカー。それがただ同姓で、職員と生徒だったというだけ。
被害者の方の回復をお祈りします。

 

好意抱くのは仕方ないですが、こういうのは相手あっての事。
相手が受け入れなければ片思い、諦めるしかないんです。
自分の思いが受け入れられないと刺す。これは自分勝手過ぎる。
二十歳前だからといって少年法で許される事では無い。

 

一瞬記事を疑いましたが
色々な形があるんですね
ただ、本当に未成年者なので少年法を適用とかで
刑務所を出てくるのは勘弁して欲しい。

 

タイトルとURLをコピーしました