大河内志保の現在と若い頃|新庄剛志の離婚理由や旦那と子供

スポンサーリンク

今回はモデル・タレントとして活動している大河内志保さん(50)について取り上げます。

大河内志保さんといえば、現在日本ハムの監督に就任しており、BIGBOSSと呼ばれている新庄剛志の元妻であるのが有名です。

そんな大河内さんについて、FLASHが川﨑麻世さんとの気になる関係を報じています。

そこで本記事では大河内志保について詳しく紹介していきます。

スポンサーリンク

大河内志保の現在


名前:大河内志保
生年月日:1971年10月31日
年齢:50歳
出身地:東京都
血液型:O型
身長:168センチ
職業:モデル、タレント、デトックス料理研究家

 

1990年、18歳でJALのキャンペーンガールに選ばれて芸能界デビューした大河内志保さん。

現在もモデルやタレントとして活動する傍ら、食治料理家としても活動しています。

食治料理とは、治すための食事で、新庄剛志監督と結婚していたときに夫を支えるために裏方に徹した経験が活きたそうです。

 

大河内さんは、イタリアソムリエ、調理師免許(日本 イタリア)、介護士2級、細胞環境デザイン学上級の資格を持っています。

 

 

すべて、体の健康に関するための資格で、食治料理家として食と美や健康の関係を探究し続けているとのこと。

 

彼女のインスタには美味しそうな料理が投稿されています。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

大河内 志保(@okouchi_shiho)がシェアした投稿

大河内志保の若い頃

大河内志保さんは1990年に芸能界デビューし、1992年には人気芸能人への登竜門と言われていたクラリオンガールに選出されます。

 

そして、1993年に新庄剛志監督と熱愛が発覚し、2000年に結婚。

 

結婚を機に芸能活動を休止し、夫の野球選手生活を支えることに専念。

夫をサポートするために食の勉強を始め、栄養学付属学校で調理師免許を取得。

有名な専門家と契約して、アスリートの食の管理法も勉強されました。

新庄監督がメジャーリーガーになった際は一緒に渡米しました。

2005年からは「新庄志保」名義でタレント活動を復帰。

新庄監督とも共演を果たしましたが、2007年に離婚しました。

15年間、新庄監督一人を支えてきたことから「これからは多くの人に喜んでもらえるような人になりたい」と思い、食治料理家の道に進まれました。

新庄剛志の離婚理由

大河内志保さんと新庄剛志監督は1992年11月に出会います。

新庄監督が合同自主トレーニングをしていたときに大河内志保さんがテレビ番組のインタビューで訪れたことから知り合ったとされています。

大河内さんんは新庄監督に対して恋愛感情はなかったそうですが、新庄監督の猛プッシュで交際が始まります。

そして、2000年に結婚して2007年に離婚ということになりました。

2人の間にお子さんはいませんでした。

 

 

2人の離婚理由ですが、距離感が離れていったことが原因だったみたいです。

大河内志保さんは夫のマネージメントも担当していましたが、アメリカから帰国した新庄さんはプロのマネージャーにマネージメントを頼むようになります。

この頃から志保さんは夫と少しづつ距離が離れて行ってしまっているように感じますが、離婚は全く考えていなかったそうです。

 

しかし、2006年に突如『バリ島に住みたいから離婚して欲しい』というメールが志保さんの元に送られてきます。

このメールがきっかけで2人は離婚することになります。

 

 

離婚については前向きなもので、離婚後も大河内志保さんは新庄監督にエールを送っています。

 

「離婚したからって、もう自分と関係ないからって応援しないなんていうのは、ちょっと私にはよくわからないですね。彼は現役時代から日本一や世界一のスーパースターになることが夢だったので、その助けが何かしらできたらいいなと、それだけでした。別れてもその思いは変わらないし、彼の夢が叶うといいなって」

 

 

大河内志保の旦那と子供

2007年に新庄監督と離婚した大河内志保さんですが、現在まで再婚したという情報はありません。

離婚後は特に目立った熱愛報道もありませんでした。

そのため、大河内志保さんがプライベートでどのような恋愛をしているのかは不明となっていましたが、川﨑麻世さんとの関係が噂になっています。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました