小野勇の出身と家族|経歴・生い立ちと前科やfacebook【札幌】

スポンサーリンク

札幌市東区のアパートで瀬川結菜さん(22)が遺体となって発見された事件。

 

死体遺棄の疑いで小野勇(53)が逮捕されました。

小野勇は瀬川さんを殺害したことをほのめかしており、SNSには過去に別の犯行をうかがわせる投稿をしていました。

 

そこで今回は小野勇についてまとめていきます。

スポンサーリンク

小野勇の出身

死体遺棄の疑いで逮捕された小野勇のSNSはマスコミの報道により特定されています。

ツイッターは凍結されてしまいましたが、インスタとfacebookアカウントは残っています。

 

 

小野勇のインスタやfacebook、凍結される前のツイッターアカウントを確認しましたが、出身については不明でした。

出身については不明でしたが、

 

この投稿をInstagramで見る

 

いっさ(@issarally)がシェアした投稿

 

小学生の時の写真がインスタに投稿されていました。

 

生年月日は1968年12月15日です。

 

 

氏名:小野勇(おの いさむ)
年齡:53歳
住所:札幌市東区北45条東15丁目
職業:無職

小野勇の家族

小野勇は現在独身ですが、結婚歴があります。

 

 

2年で離婚されたみたいですが、娘さんがいることも確認されています。

 

娘さんの名前は愛菜といい、現在18歳になります。

 

元嫁の名前は不明でした。

 

小野勇の娘と元嫁以外の家族ですが、

兄と母親がいることがインスタで明らかになっています。

 

小野勇の母親は川崎にいる兄夫婦の元にいるみたいです。

 

小野勇の父親は2019年に亡くなっています。

 

 

小野勇の父親は過去にテレビの取材を受けていた経験があったみたいです。

 

テレビの取材を受けて記念品を貰っていたようなので、地元では有名だったかもしれませんね。

また、父親が北海道にいたということは、小野勇の出身は北海道だったかもしれませんね。

 

小野勇の経歴・生い立ち

小野勇の知人によると、小野勇は自衛隊に入って抜けた後に義勇兵として世界各国を回っていたそうです。

 

確かに小野勇のSNSには『元自衛官・元傭兵』と記載されています。

ただ、実際に小野勇が元自衛官で傭兵だったのかは不明となっています。

 

小野勇の現在は無職で生活保護を受けており、病気に苦しんでいたそうです。

2022年10月13日追記:小野勇の詳しい経歴が判明

続報で小野勇が北海道育ちであることが判明しました。

小中学生時代は野球部、高校時代は硬式テニスと剣道部に所属。

高校卒業後は介護の専門学校に進み、22歳で自衛官として活動。

その後ボスニアで傭兵となったそうです。

 

帰国してからは、住宅販売や、キャバクラの店長、タクシーの運転手の職に就きます。

 

しかし、タクシー運転手をしていた頃にうつ病を発症。

運転を禁止され無職になってしまいます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

いっさ(@issarally)がシェアした投稿

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

いっさ(@issarally)がシェアした投稿

小野勇の前科

小野勇は瀬川結菜さん以外の殺人を示唆するツイートをしていることから、前科や余罪があるのではないかと噂になっています。

 

 

小野勇と数年前にSNSで知り合った女性は「精神的に病んでいたときに、悩みを聞いてもらっていた。悪い印象は無かったが、お酒を飲むと『過去に人を殺したことがある』と言っていて、今思えばそういう人だったのかな」と話していたことが報じられています。

 

また、文春オンライン報道では『小野勇自身が自殺願望を持つ一方で、他人の自殺を“手助け”することによって生きる希望を見出してもいたのではないか』と報じています。

 

「『#死にたい人と繋がりたい』というハッシュタグで検索していたら、小野さん(小野勇容疑者)のツイートを偶然発見しました。リプを送ると、すぐにダイレクトメッセージで連絡がきました。小野さんは『睡眠薬で深く眠ってもらってから首の後ろの急所を刺して殺したことがあります。捕まりたくないから遺体は処理しましたよ』と言っていました。2019年にも本州から来た2人の女性の自殺をお手伝いしたことがあるとも話していましたね。遺体は解体した後に薬品で溶かし、残った骨は粉々にして埋めたそうです。男性は処理が大変だからか選ばないといっていましたが、わざわざ好みの女性を選んでいる印象でした」(小野容疑者の知人女性Aさん)

北海道札幌市で起きた女子大生死体遺棄事件。文春オンラインは小野勇容疑者(53)に“嘱託殺人”の依頼を現在進行形で検討していたという、札幌市在住の30代女性Aさんに接触した。その内容からは、この事件をきっかけに“大量殺人事件”が明らかになる可能性があることがわかった――。

 

小野勇と実際に会ったことがある30代女性が文春の取材に答えていました。

 

 

女性と小野勇とのDMのやり取りが掲載されており、犯行の手順が詳しく書かれていました。

 

「自分も自殺を手伝ってもらいたくて、小野さんに連絡をとり、“手順”について詳しくうかがいました。小野さんは元傭兵だからか、『人をわりと平気で殺せる人なんかなかなかいないですよ』『ただ役に立ちたいだけ』と話していましたね。『小柄でスリムな人なら楽ですね(笑)』とも言っていました。

荷物はなるべくもってこない状態で来るように伝えられました。合流してからは位置情報をオフ、ツイッターアカウントも消してもらうと言っていました。住居の解約や荷物の処理もしてもらったうえで、行方不明届が出ない状況を整えてから、移動費と薬品代分のわずか5万円で請け負うと話していました。時期としては、夏は死体が腐敗し冬は地面が凍って固くなるため、秋が良いと話していました。こうした方法で3年前にも精神疾患を持つ女性2人の自殺を手伝ったそうです」

 

さらに、遺体の痕跡を残さないための“処理”については、徹底したこだわりもあったのだという。

「遺体は血抜きをしてから自宅浴室で解体し、薬品で髪の毛や臓器は溶かして、3日ぐらいで処理するそうです。骨は細かく砕いて、バラバラにしてから土に分解されやすいように発酵促進剤と一緒に埋めると言っていました。本人も『警察に捕まりたくない』といっていたので、バレないように徹底していたようです。

志願者とシーシャ(水タバコ)を吸いに行ったり、“手助け”前に一緒にご飯を食べにいくこともあったようです。相手女性はどこに住んでいても請け負ってあげて、仮に気が変わった場合にも『仕方ないから』といって、強制はしないと言っていました。途中でキャンセルも多かったようです。本人も病気に苦しんでいて、生活保護を受けていたと話していました」

 

 

 

上記の内容が事実であれば、小野勇は瀬川さんを含め、女性を3人殺害していたことになります。

ただ、本当に小野勇が過去に殺人を犯していたのかは分かりません。

 

先ずね、何処の国で兵になったのか?
それとネットにも載っているような言葉を並べて自分を誇示。
私から見れば言葉巧みに相手を誘い出し自分を大きく見せ優越感に浸ってるオヤジにしか見えない。

 

虚言の可能性も高いと思います。

 

スポンサーリンク

 

タイトルとURLをコピーしました