オクサナ・バウリナのfacebookや年齢と経歴【顔画像】

スポンサーリンク

ロシア人ジャーナリストが、ウクライナ首都キエフで砲撃に遭って死亡したことが明らかになりました。

死亡したオクサナ・バウリナ氏は、キエフ市内でロシア軍の砲撃による被害の様子を撮影していたところ、ロケット弾の砲撃に遭ったということです。

今回は亡くなったオクサナ・バウリナ氏についてまとめていきます。

スポンサーリンク

オクサナ・バウリナのfacebook・インスタ

オクサナ・バウリナ(Оксана Баулина)氏のfacebookを調査したところ,

このページを見るには、ログインまたは登録してください
Facebookで投稿や写真などをチェックできます。

 

↑のアカウントが見つかりました。

オクサナ・バウリナ氏のツイッターアカウントは、

こちらのようです。

オクサナ・バウリナの年齢と経歴【顔画像】

オクサナ・バウリナ氏の生年月日は不明でした。

見た目や経歴から40歳以上の年齢ではあると思います。

オクサナ氏は、13年間ロシア様々な雑誌でプロデューサー、ジャーナリスト、編集者として働き、オープンロシアサイトのコントリビューティング・エディターを務めます。

2017年1月、ロシアの政治家アレクセイ・ナヴァルニー氏の選挙対策本部に参加し、反汚職財団での活動を開始。

この組織が過激派リストに載ったため、ロシアを離れて生活します。

現在はロシアの調査報道サイト「インサイダー」のジャーナリストとして勤務。

特派員としてウクライナに入り、キエフや西部リビウからニュースを伝えていました。

3月23日にウクライナ首都キエフの地区を取材中にロケット弾の攻撃を受け、死亡しました。

同業者からは悲しみの声が多数出ています。

関係者の話だとオクサナ氏の家族は姉、母、祖母がいたということで、結婚はされていなかったみたいです。

世間の反応

世界のジャーナリストや報道に関わる事業者や関係者、メディアは、もう一段深くこの度の戦争の意味と平和の重要性を考えるべきだと思う。

 

 

偶然なのか。
ピンポイントで狙われた可能性があるかどうか。

 

 

いかに戦争というものが理不尽で悲惨なものか、その記録が反戦のエネルギーになっているということもあるので、戦場で真実を伝えようとするジャーナリストは必要だとは思う。

タイトルとURLをコピーしました