岡山第二さくら保育園の事故の原因は何?遊具の画像|2歳児の名前

スポンサーリンク

14日午前、岡山県岡山市北区の第二さくら保育園で園庭の大型複合遊具に2歳園児の首がはさまる事故が起きました。

男の子は、意識不明の重体です。

そこで今回は『岡山第二さくら保育園の事故の原因は何?遊具の画像|2歳児の名前』

スポンサーリンク

事故概要

14日午前10時10分ごろ、岡山市北区富原の「第二さくら保育園」で、同園に通う男児(2)が遊具の柵に首がひっかかっているのを保育士が見つけて119番通報。

男の子は、市内の病院に搬送され、意識不明の重体となっています。

岡山第二さくら保育園の事故の原因は何?遊具の画像

こちらが事故の起きた遊具です。

男児は同日午前9時50分ごろから、同じクラスの園児らと画像の遊具で遊んでいましたが、

男児だけが教室に戻らず、確認をしに行った保育士が、遊具の隙間に首が挟まった状態の男児を見つけました。

事故の約20分前から、2歳児のクラスの17人の園児が園庭で遊んでいたそうです。

 

男の子が見つかった場所はボルダリングボードの死角になっているということで、

 

こちらが、そのボルダリングボードみたいです。

ただ当時の状況が詳しく報道されておらず、どのように男児の首が挟まったのかは不明です。

事故が起きたのは岡山第二さくら保育園

事故が起きた岡山第二さくら保育園は岡山県岡山市北区にあります。

公式サイトを確認したところ、職員構成は

園長:1名
副園長:1名
保育士:20名
看護師:2名
管理栄養士:1名
調理員:3名

このようになっていました。

園によりますと、事故当時、保育士3人で園児たちを見守っていたということです。

警察が、事故当時の状況や、保育園の管理体制に問題が無かったかどうかなど詳しく調べています。

第二さくら保育園:平松早苗園長は、

「メールで保護者や皆さんに伝えています。申し訳ありませんでした。本当にこんな事故を起こして本当にすみませんでした」

と謝罪しています。

2歳児の名前

現在、意識不明の重体となっている2歳園児の名前は報じられていませんでした。

岡山市在住の園児ということしか報じられていません。

何とか回復してほしいですね。

詳細が判明次第、追記します。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました