岡林優空くん:犯人や加害者(片岡)の真相は?高知県小学生水難事故【コレコレ】

スポンサーリンク

2019年の8月22日に高知県の『下田川』で、小学2年生の岡林優空(ひなた)君が水死体となって発見されました

事件性はないとされていますが、不審な点が多く、現在岡林優空君の父親が再捜査を訴えるオンライン署名を募っています。

そこで今回は『岡林優空の犯人や加害者(片岡)の真相は?高知県小学生水難事故【コレコレ】』についてまとめていきます。

スポンサーリンク

高知県小学生水難事故の経緯【コレコレ】

この水難事故は今年6月にコレコレ氏の配信でも取り上げられています。

水難事故の流れをまとめると、

8月22日午後1時に岡林優空君は自転車に乗り、遊びにでかける

午後5時36分に優空君が帰ってこないと心配した家族が探しに出かける

午後7時26分父親が友人宅に尋ね回るが、手掛かりがつかめない。

午後7時30分に警察に通報。

午後8時2分に優空君の父親が訪ねた友人家の近くで自転車がみつる

午後8時28分警察が、ひなたくんのサンダルと図艦を下田川の堤防下で発見

8月23日午後4時20分に優空君の遺体が下田川で発見。

8月23日の午後9時30分頃、優空くんの家族に、当時『4人の児童が一緒にいた』ことが知らされます。

警察の調べから、優空君は小学1年生~5年生までの児童と一緒にいたことが判明。

更に、その中の小学4年生の児童は『ひなた君が一人でラッコ泳ぎをして川に沈んだ。怖くなって帰った』
と発言しています。

しかし、小学生の証言が二転三転して、ただの事故なのか真相不明となっています。

そもそも優空君は泳ぐことが出来ず、下田川も人が泳ぐような川ではありません。

当時、一緒にいた小学生4人の証言にも矛盾が発生しています。

さらに優空君の遺体には傷も残っていました。

そのため、事件性も考えられますが、警察は『これ以上捜査はしない』と家族に告げたそうです。

岡林優空の犯人や加害者(片岡)の真相は?

ネット上では優空君と一緒にいた小学生が何か知っているのではと噂になっています。

事件当日、優空くんと一緒にいた児童は4人です。

4人の内3人は兄弟だったようです。

この4人の名前は明らかになっていませんが、ネット上では片岡や永野といった名前があげられています。

しかし、あくまでネット上の噂で確証はありません。

この4人が加害者(犯人)ではないかと言われていますが、真相は不明です。

現在、岡林優空くんの家族が再捜査のためのオンライン署名を募っています。

オンライン署名
【要望趣旨】 2019年8月22日に下田川で亡くなった岡林優空 (ひなた) は、 本人が泳げないのにも関わらず8月23日の遺体発見当日に「自ら川に入り泳いで溺死した水難事故」として処理されてしまいました。 本件発生時、現場には優空以外に児童4人が居たことが判明していますが証言が二転三転しています。前述したとおり、 ...

詳しい水難事故内容も↓のサイト・動画から確認できます。

【公式】高知県小学生水難事故
現在第2回目のオンライン署名受付中です。2019年8月22日高知県南国市の下田川で起きた水難事故。数々の不審点がありながら真相は明らかになっていません。真実を明らかにする為、皆様のお力をお貸しください。

世間の反応

これイジメで無理やり川に入らされた可能性があった事件だよね。

 

警察にはやるべきことをやってほしい。
偏見かもしれませんが、高知警察はそんなに忙しそうに思えません。

 

この事件、ずっと続報待っていたんですけど、もう事故死で処理されて、捜査すらされてないって事ですか?

 

本当に無理矢理 泳がされたとか、イジメはなかったのでしょうか?
泳げない子が、しかもドブ川だったんでしょ。

タイトルとURLをコピーしました