【小倉美咲】なぜ今頃になって発見?犯人説や衣類の発見場所と画像

スポンサーリンク

山梨県道志村のキャンプ場で2019年9月21日から行方不明になっている千葉県成田市の小学1年、小倉美咲ちゃん(当時7歳)

小倉美咲さんが行方不明になってから2年半経った2022年4月26日に同村の山中で子どものものと思われる頭部の骨が見つかます。

さらに現場周辺からは、

美咲ちゃんが履いていたものと類似する運動靴や服、肩甲骨らしき人骨も新たに発見されました。

見つかった子供の頭部の骨や靴が小倉美咲さんのものと確定したわけではありませんが、事態は急展開を迎えることになりました。

なぜ、当時捜索しても見つからなかった人骨や美咲ちゃんの物と思われる服や靴が見つかったのでしょうか?

スポンサーリンク

小倉美咲ちゃん失踪の経緯

小倉美咲さん家族は2019年9月21日に山梨県道志村のキャンプ場で、子育てサークルで知り合った家族ぐるみの友達とキャンプをしていました。

 

キャンプに参加していた家族
A家 4人(父、母、子2)
B家 5人(父、母、子3)
C家 5人(父、母、子3)
D家 4人(父、母、子2)
E家 3人(母、子2)
F家 3人(父、母、子1)
小倉家 3人(母、子2)

 

キャンプに参加していたのは上記の8家族27名。

小倉家は小倉美咲ちゃん、母親の小倉とも子さん、美咲ちゃんの姉の3人で参加。

父親の小倉雅さんは仕事のため、翌日に合流する予定でした。

 

 

小倉美咲ちゃんが行方不明になる経緯
・21日午前9時に上記の家族の一部メンバーが先に到着・午後0時15分に小倉家(母のとも子さん、長女、次女の美咲さん)が到着。※父親の雅さんは当日仕事が遅くまであり、翌日から合流予定・午後1時にグループで昼食に天ぷらそばを食べ、その後、子供たち12人で、テントを張ったキャンプ場横の南の森で遊ぶ。

 

・午後3時35分に先におやつのチョコバナナを食べ終えた子供9人が遊びに行く

 

・午後3時40分に美咲さんが後を追いかけるように遊びに行くの母親が確認。※小倉美咲さんの最後に目撃された姿。

 

・3時50分に大人が子供たちを迎えに行く。

 

・4時に大人たちが美咲さんがいないことに気づき、父母たちが周辺を探し始め、山にも登り始める

 

・5時頃 小倉美咲さんを見つけることが出来ず、日没が近づいてくるので警察に連絡を入れる。

 

このキャンプ仲間は初対面だったとネット上では噂になっていますが、実際は年に2,3日家族ぐるみで一緒にキャンプをする知り合い同士でした。

衣類の発見場所と画像

小倉美咲さんが行方不明になったのは山梨県にある『椿荘オートキャンプ場』です。

小倉美咲ちゃんが行方不明になってから約2年半経った、

2022年4月23日に美咲さんの捜索を続けていたボランティアの男性が子供の頭の骨の一部を見つけ、25日に県警に通報します。

 

骨が見つかった場所はキャンプ場から600メートル離れた場所で、小さな子供が迷い込むような場所ではないそうです。

骨が見つかったのは山道から離れた斜面の枯れた沢。

骨は子供の後頭部の骨で、死後数年経過しているとのこと。

骨の場合、DNA鑑定が難しく、5月4日時点では小倉美咲さんのものと確定はしていません。

 

4月28日の捜索では美咲ちゃんが履いていたものと類似する「右足の運動靴」が見つかり、29日は、さらに上流で「左足の運動靴」と「靴下」が見つかっています。

発見された靴の特徴はサイズが20㎝。

色はエメラルドグリーンです。

 

5月4日には、肩甲骨とみられる人骨らしき骨と服が見つかります。

新たに見つかった服は、当時小倉美咲ちゃんが着ていたものと特徴が似ている『黒のタートルネック』と報道されています。

 

新たに見つかった服と骨のようなものは、靴が見つかった場所の近くで見つかっています。

 

肩甲骨と黒の長袖は腐葉土の中で見つかったそうです。

腐葉土は数年かけ堆積した状態だったらしく、肩甲骨や黒ハイネックの服は長い間、発見されたその場所近くに残留していた可能性が高いことになります。

 

小倉美咲ちゃんの母親・小倉とも子さんは、見つかった靴や靴下は美咲ちゃんのものだと思うと話しています。


なぜ今頃になって美咲ちゃんのものと思われる遺留品が見つかっているのでしょうか?

なぜ今頃になって発見された?

なぜ今頃になって小倉美咲ちゃんのものと思われる遺留品が発見されたのでしょうか?

どうやら靴や服が見つかった『枯れた沢付近』は捜索が難しいそうです。

沢状の地形は大きな岩が転がるなど、物が堆積しやすく、見つけづらい場所だそうです。

 

さらに靴や骨が見つかったのは山の急斜面で、キャンプ場から大人の足でも30分はかかる場所です。

 

足場も悪く大人でも歩くのが困難な場所ということで、美咲ちゃんが最後に目撃された場所とは反対方向でした。

 

仮に見つかった人骨や衣類が小倉美咲ちゃんのものだとしたら、

当時の捜索場所とは違うところに小倉美咲ちゃんがいた可能性が高いということになります。

当時はキャンプ場を中心に捜索が行われていました。

仕方ないことですが、警察や捜索ボランティアの捜索ルートが外れていたということになるかもしれません。

犯人説について

今頃になって服や靴が見つかったことにより、小倉美咲ちゃんはただの失踪ではなく、犯罪(誘拐など)に巻き込まれたと主張するネットユーザーもいます。

 

犯人が衣類や骨を現場に戻したのではいかと話題になっていますね。

 

最初に人骨を見つけたボランティアさんが疑われていますが、事件性は低いと考えられます。

 

なぜなら、服や骨が同じエリアで見つかっているからです。

水の流れる線以外から遺留品が見つかれば、事件の可能性が出てきますが、現時点では遺留品は同じエリアで見つかっています。

 

また、靴などの発見場所についても「崖みたいなところ」で、子供が単独で踏み入れるとは考えにくいという意見もでていますが、

子供の行動力は大人の想像を超えることがありますからね。

 

まだ、発見された人骨や衣類が美咲ちゃんのものと確定したわけではありませんが、事件性はないと考えられます。

 

大人と子どもでは考えることが全然違うのでは。
そもそも映像に出てくる、キャンプ場からお友達のところへ行くまでの道で最初に左に行くところを右に曲がってしまってたらもう上へ上がるんだろうし、それは目的地とは反対側だから何の不思議も無いと思うんだけど…

 

 

 

小倉美咲ちゃんの父親(小倉雅)の職業や離婚・別居説|なぜ出てこない?
2019年9月に山梨県道志村にある「椿荘オートキャンプ場」で行方不明となった小倉美...

 

人骨のDNA鑑定結果が判明

山梨県・道志村で見つかった人骨について、山梨県警はミトコンドリアDNAによる鑑定を進めた結果、

小倉美咲ちゃんの母親・とも子さんの血縁関係があると発表しました。

美咲さんのものと断定はできないとしていますが、残念ながら”そうこいうこと”だと思います

ミトコンドリアのDNA型鑑定では個人を識別することはできないそうなので、県警は今後、付近で見つかった人の肩甲骨のDNA型鑑定、靴やシャツなど遺留品の鑑定などで個人の特定を進めるとのことです。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました