小倉美咲ちゃんの父親の職業と離婚はデマ!犯人や霊視は?【顔画像】

スポンサーリンク

2019年9月に山梨県道志村にある「椿荘オートキャンプ場」で行方不明となった小倉美咲ちゃん(当時7歳)

行方不明になってから2年半経った、4月26日にキャンプ場から約600メートル離れた林道近くの沢で子供の人骨が発見されます。

その後の捜索で小倉美咲ちゃんのものと思われる遺留品が見つかり、新たな人骨も発見されます。

 

そして、5月14日に発見された人骨が小倉美咲ちゃんのものと断定されました。

山梨県警捜査1課は事件と事故の両面で捜査していくとのことです。

そこで今回は『小倉美咲ちゃんの父親の職業と離婚はデマ!犯人や霊視は?』と題してまとめていきます。

 

スポンサーリンク

小倉美咲ちゃんの父親の顔画像と名前【小倉雅】

小倉美咲ちゃんの父親の名前は「小倉雅(まさし)」さんです。

 

小倉美咲ちゃんの母親・とも子さんは、小倉美咲ちゃんが行方不明になった当時からマスコミの前に出て、娘を見つけるために情報を発信していました。

 

逆に小倉美咲さんの父親はほとんどマスコミの前には素顔を晒していませんでした。

小倉美咲さんの父親はどのような人物なのか気になりますね。

 

雅さんは小倉美咲さんが行方不明になったときにマスコミの取材に答えていますが、顔出しはされていません。

このとき年齢は37歳と報じられていたので、2022年4月時点では39歳前後だと考えられます。

以降の取材でも素顔は明かしていません。

 

 


2019年11月・マスコミ取材に答える小倉夫妻

 

顔出しをされなかった理由は職業が理由だそうです。

仕事の都合上、顔出ししていなかったと週刊誌が報じています。

現に小倉美咲さんが行方不明になる前から父親の雅さんの素顔は隠されています。

 

父親の職業

小倉雅さんがどのような仕事に就いているのか気になりますが、

facebookなどのSNSを調査しても小倉雅さん本人と思われるアカウントは見つかりませんでした。

そのため、小倉雅さんの職業などの詳しいプロフィールも明らかになっていません。

ネット上では警察官ではないかと噂になっていますが、ソースはなく信憑性には疑問が残ります。

 

小倉美咲ちゃんが行方不明になった当日、父親の小倉雅さんは仕事が忙しく、山梨のキャンプ場へは後から合流する予定でした。

そのため、なかなか休みの取れない仕事に就いているかもしれません。

顔出しができない、休みが取れないという理由から警察官ではないかと噂になったみたいです。

 

ちなみに小倉美咲ちゃんの母の小倉とも子さんの職業は「トリマー」だといわれています。

 

離婚・別居説はデマ

小倉美咲ちゃんの父親・小倉雅さんがマスコミの前に現れないことなどから、ネット上では離婚・別居説が囁かれていました。

 

小倉美咲さんは両親と3歳上の姉の4人家族です。

母親と姉妹の家族写真は確認されていますが、先ほど触れた通り、父親の雅さんの写真が確認できないことや、

小倉とも子さんが結婚指輪をしていなかったという理由から、離婚説が浮上したようです。

しかし、小倉夫妻の離婚説はデマです。

5月10日にFLASHが小倉美咲ちゃんの父親について報じました。

小倉夫妻は離婚しておらず、

さらに小倉雅さんは仕事の都合で素顔を出せないことなどが報じられました。

 人骨の発見には、メディアに一切登場しない父・雅さんも衝撃を受けている。事件現場の近隣住民が語る。

「美咲ちゃんが行方不明になったあの日、目を真っ赤に泣き腫らしながら近所を訪ね歩いていました。雅さんは仕事の都合で、顔を出さないことにしているんです。今回、人骨が発見されてからも、とも子さんとは別に何度か長女を連れて来ていましたよ。憔悴しきった様子で、声をかけられませんでした。あまりに不憫です」

 

父親の小倉雅さんはしばらくマスコミの前には表れていませんでしたが、人骨が発見された後に現場に来ていたみたいです

とも子さんと別々で現場に向かったのは、マスコミに注目されないようにしたためだと考えられます。

 

靴・骨の発見場所や経緯

小倉美咲さんが行方不明になったのは山梨県にある『椿荘オートキャンプ場』です。

2022年4月23日に美咲さんの捜索を続けていたボランティアの男性が子供の頭の骨の一部を見つけ、25日に県警に通報。

 

骨が見つかった場所はキャンプ場から600メートル離れた場所で、小さな子供が迷い込むような場所ではないそうです。

骨が見つかったのは山道から離れた斜面の枯れた沢。

骨は子供の後頭部の骨で、死後数年経過しているとのこと。

骨の場合、DNA鑑定が難しく、5月3日時点では小倉美咲さんのものと確定はしていません。

 

28日の捜索では美咲ちゃんが履いていたものと類似する「右足の運動靴」が見つかり、29日は、さらに上流で「左足の運動靴」と「靴下」が見つかっています。

発見された靴の特徴はサイズが20㎝。

色はエメラルドグリーンです。

 

靴や骨が見つかったのは山の急斜面で、キャンプ場から大人の足でも30分はかかる場所です。

 

足場も悪く大人でも歩くのが困難な場所ということです。

 

 

5月4日には新たに肩甲骨とみられる骨や衣類が見つかります。

山梨県警は4日、山梨・道志村の山中で行われた捜索で新たに人骨らしきものと衣類が発見されたと発表。

見つかった衣類は、黒色ぽいの長袖ハイネックで、3年前に行方不明になった小倉美咲さんが着用していたものと特徴が一致するとのことです。

犯人や霊視は?

肩甲骨と黒の長袖は腐葉土の中で見つかったそうです。

腐葉土は数年かけ堆積した状態だったらしく、肩甲骨や黒ハイネックの服は長い間、発見されたその場所近くに残留していた可能性が高いことになります。

遺体や遺品を発見されるように配置したという殺人説が否定されたといってもいいかもしれません。

事件性は低く、犯人はいないと考えられます。

小倉美咲ちゃんについて検索すると『霊視』というワードが出てきます。

これは5ちゃんねるで、「小倉美咲ちゃんを霊視したスレ」というスレッドが立ったことが原因のようです。

そのスレでは、自称霊能者を名乗るユーザー2人が霊視した結果、

・事件から2日後にキャンプ場からオーラが完全になくなっている

・キャンプ場から南東の方角にある私有地が怪しい

と霊視したようです。

この霊視スレッドが立った後も、小倉美咲さんの行方は不明のままでした。

なぜ今頃になって発見された?

なぜ今頃になって小倉美咲ちゃんの遺留品が発見されたのでしょうか?

どうやら靴や服が見つかった『枯れた沢付近』は捜索が難しいそうです。

沢状の地形は大きな岩が転がるなど、物が堆積しやすく、見つけづらい場所だそうです。

 

さらに靴や骨が見つかったのは山の急斜面で、キャンプ場から大人の足でも30分はかかる場所です。

 

足場も悪く大人でも歩くのが困難な場所ということで、美咲ちゃんが最後に目撃された場所とは反対方向でした。

 

当時の捜索場所とは違うところに小倉美咲ちゃんがいた可能性が高いということになります。

当時はキャンプ場を中心に捜索が行われていました。

仕方ないことですが、警察や捜索ボランティアの捜索ルートが外れていたということになるかもしれません。

今頃になって服や靴が見つかったことにより、小倉美咲ちゃんはただの失踪ではなく、犯罪(誘拐など)に巻き込まれたと主張するネットユーザーもいます。

 

犯人が衣類や骨を現場に戻したのではいかと、

最初に人骨を見つけたボランティアさんが疑われていますが、やはり事件性は低いと考えられます。

 

なぜなら、服や骨が同じエリアで見つかっているからです。

水の流れる線以外から遺留品が見つかれば、事件の可能性が出てきますが、現時点では遺留品は同じエリアで見つかっています。

 

また、靴などの発見場所についても「崖みたいなところ」で、子供が単独で踏み入れるとは考えにくいという意見もでていますが、

子供の行動力は大人の想像を超えることがありますからね。

 

まだ、発見された人骨や衣類が美咲ちゃんのものと確定したわけではありませんが、事件性はないと考えられます。

 

大人と子どもでは考えることが全然違うのでは。
そもそも映像に出てくる、キャンプ場からお友達のところへ行くまでの道で最初に左に行くところを右に曲がってしまってたらもう上へ上がるんだろうし、それは目的地とは反対側だから何の不思議も無いと思うんだけど…

 

 

スポンサーリンク

 

タイトルとURLをコピーしました